あなたの「彼氏ができない」その原因と解決方法について「見た目」「性格」「行動」「環境」など徹底診断でわかる本当の原因

「そろそろ本気で彼氏が欲しい」と決意し頑張っているときに限って、上手くいかないものですよね。

周りがどんどんカップルになっていくと、「彼氏ができないままずっと一人なのかな」と焦ってしまうものです。

 

彼氏いない歴が長くなるほどに気になるのが、「もしかして自分に問題があるのでは…」という不安ではないでしょうか。

 

実は、「彼氏できない」女性もいくつかのタイプがあります。

 

  1. 彼氏いない歴が長い人(彼氏ができたことがない人)
  2. 顔もスタイルも普通なのになぜか彼氏ができない人
  3. 出会いはあるけどなかなか恋愛に発展しない人

 

今回はあなたが彼氏ができない原因を徹底分析するために、恋愛成就を難しくする原因をピックアップしました。

「彼氏できない」から脱却するためにこの記事を参考にして自分の非モテ習慣を見直してみましょう。

 

目次

あなたに彼氏ができない本当の理由を診断

 

まず考えておきたいのは、「彼氏が欲しい」と真剣に悩んでいるのはあなただけではないということです。

「明治安田生活福祉研究所」のアンケート調査によると、2016年の時点で「恋人がいる」と答えた20代女性は全体の33.7%、30代女性は全体の26.7%でした。

 

つまり20・30代女性の6~7割近くは彼氏がいないということです。

さらに「異性との交際経験がない」と答えた人は、20代女性の34%、30代女性の25.7%だったそうです。「彼氏ができない」「付き合った経験がない」と悩んでいる女性は世の中にたくさんいるのです。

 

ではそこから卒業し、交際・結婚に至る人はどんな人なのでしょうか。

それは自分の彼氏ができない原因を突き止め、それを払拭するために行動する人です。

ここからは「彼氏ができない…でも絶対あきらめたくない!」という人のために、彼氏ができない理由となる主な原因を見ていきましょう。

 

「見た目」「行動」「性格」「環境」あなたの原因はどれ?

「なんで彼氏ができないんだろう」と悩む女性が多い一方で、なぜか彼氏が途切れない人というのも存在します。前述のアンケートの男性の回答結果を見ると、20・30代の独身男性の約8割は恋人がいないことがわかります。

 

男女ともに恋人がいない人が多いため、彼氏をゲットするためには何か秀でている必要があるわけでなく、平均点を取っている「普通女子」であれば十分と言えるでしょう。

 

もしあなたが彼氏ができずに悩んでいるならば、「見た目」「行動」「性格」「環境」のどれかに原因があるかも。

それでは、あなたを恋愛成就から遠ざけてしまう原因をこれからひとつずつ見ていきましょう。

 

 

あなたの「見た目」から彼氏ができない原因を診断

 

「太っているから彼氏ができない」

「かわいくないから付き合えない」

と思っている女性は多いでしょう。

 

残念ながら男性が顔やスタイルで女性に魅力を感じるのは事実です。

 

しかしあなたの周りにも「顔もスタイルも普通だけど、なぜか彼氏が途切れない人」がいるのではないでしょうか。

そのような人に共通するのは、身だしなみに気を配り、女性らしさを感じさせる見た目をしていることです。

 

生まれ持った顔やスタイルも大切ですが、それ以上に自分を魅力的に見せることができる女性は男性から愛されます。

ここで、彼氏がいない女性にありがちなマイナスポイントを取り上げましょう。

 

髪のケア・セットができていない

資生堂が行った調査によると、男性の87%が「髪の状態は、女性としての魅力に影響する」と回答しており、中でも「魅力を感じる点」の1位は「髪のツヤ」で60%でした。

 

ツヤのない髪の女性に対しては「疲れている」「不衛生」というイメージを抱く男性が多く、マイナスイメージを持たれてしまうことがわかりました。髪の毛は男性が女性らしさや若々しさを感じるポイントですので、ダメージヘア・セットができていない髪は「恋愛圏外」と見なされる原因となってしまいます。

男性は意外と「毛先のダメージ」「根本のプリン状態」などにも注目しているものですので、細部にも気を抜かずに、清潔感と女性らしさを感じさせる髪を目指しましょう。

 

 

服に清潔感がなく、乱れがある

男性に好印象を与える女性は、特定のコーディネートをする女性ではなく「清潔感のある服装」ができる女性です。

清潔感のある女性からは、健康的な生活を送っていること・家事や衛生管理がしっかりできていることが感じ取れますよね。

反対に服にシミやシワ、型崩れなどがあると、生活も乱れているのではないだろうかと感じてしまいます。

男性が「一緒にいたい」と思う清潔感のある女性になるためには、まずは自分の服に乱れがないか見直してみましょう。

 

自己主張が強すぎるコーデ

男性は自分の恋人に「安心感」を抱かせるファッションの女性を好む傾向があります。

その点、個性が強い服装をしている女性は男性から敬遠されるものです。

人目をひくファッションをしていると、

 

  • 「自己主張が強そう(気が強そう)」
  • 「世界観が強そう(彼氏に合わせることができなそう)」

 

と、ファッションから「我が強い人」というレッテルを貼られてしまい、恋愛対象から外されてしまうのです。

ファッション好きなあなたも、少しコーデを変えてみて「近づきやすい女」を演出してみてはいかがでしょうか。

 

頑張りすぎ、若作りしすぎコーデ

「男ウケする服装」というのは存在しますが、その服装をすれば誰でもモテるというわけではありません。大切なのは似合っているかどうか、着こなせているかどうかです。

さらに男性が注目しているのは、「年齢にあった服装をしているか」という点です。男性の目は意外とシビアなもので、30代でリボンやフリルのついた服を着ていたりすると、モテるどころか

「必死に頑張ってる感じがしてこわい」

となってしまうようです。

彼氏が欲しいあまりモテコーデに走っているあなた、今一度自分の体形や年齢にあった服を選べているかチェックしてみましょう。

 

あなたの「行動」から彼氏ができない原因を診断

今まで彼氏がいない状態が長く続いているのであれば、同じ状況でいきなり彼氏ができるのは考えにくいでしょう。

いまの現状を見つめなおし、何が彼氏ゲットを難しくしているのかを考えてみましょう。

誰でも現状を変えるのは怖い・面倒だと思うものですが、それを乗り越えて初めて男性から選ばれる女性になれるものです。

まずは彼氏ができない人によくある「行動」面での問題を見てみましょう。

 

「出会い」の場に足を踏み入れていない

彼氏ができない人の中には、自分自身に問題がないものの、単純に出会いの数が足りないゆえに恋人ができない人がいます。

この場合、出会いの数を増やせばすぐに彼氏候補を見つけることができるでしょう。

社会人になってから「出会いがない」と感じている場合、仕事場や現在の交友関係の中には彼氏候補がいないということですので、待っていても状況が変わるとは考えにくいです。

出会いを求めるためには自分から行動する必要があるでしょう。

最近は婚活パーティーなど一度に複数の男性と会える場や、気軽に出会えるマッチングアプリなど、出会いの場がどんどん多様化しています。

さまざまな出会いの方法の中から、自分に合った出会い方を選ぶことで、緊張しすぎずに新たな出会いの場に足を踏み入れることができるでしょう。

 

自分から行動するのは恥ずかしい

「彼氏欲しいなぁ」

と口癖のように言うのに、自分からアプローチはしない…という女性もいます。

受け身タイプの女性の場合、

 

  • 男性からアプローチするのが常識
  • 自分からアタックして嫌われるのが怖い
  • 「必死」「焦っている」と思われるのが嫌

 

などの理由で、自分から行動することを嫌います。

しかしそのように受け身姿勢でいると、チャンスを逃し続けてしまうでしょう。

受け身の女性は相手に好意を持っていることを示すこともないため、男性からすると「脈なしなのかな」と見られてアタック対象から外されてしまいます。

最近は慎重派の男性も多いので、男性がアタックしやすい状態を作れる女性こそがモテる女性と言えるでしょう。

連絡を取る・話しかけるなど、好意を行動で伝えることができると恋のチャンスが広がるものです。

 

予定ぎっちりで入るスキなし

スケジュール帳が真っ黒で、毎週末予定が入っていないと落ち着かない…なんて女性もいますね。

仕事で予定が埋まっている場合も、たくさんの遊びの予定でスケジュールがいっぱいの場合も、男性からすると「誘いづらい女性」と見なされてしまう可能性があります。

男性から「週末は空いてる?」と聞かれたときに

「今週末は〇〇で、来週末は□□で…」

と答えてしまうと、「忙しそうだし、誘っても断られるだろうな」と思われてしまい、お誘いの機会が減るでしょう。

仕事に遊びに忙しい女性は活動的で素敵ですが、「恋愛は二の次」という印象を与えてしまう可能性もあります。

少し隙があり、誘ったら来てくれそうな女性になってみましょう。

 

女性らしい服装・しぐさ・言葉遣いができていない

男性が嫌いな女性の言動として常に上位に挙げられるのが、

 

  • 女性らしくない言動
  • 汚い言葉遣い
  • 下品なしぐさ

 

などの「女を捨てた言動」です。

どんなに着飾っていても、ご飯を食べて

「まじうめぇ」

と言ってしまったり、スカートなのに足を広げて座っていたりすると、相手の好意は一気に冷めてしまいます。

自分の言動が、女性としての自分の価値を下げてしまっていないかどうか、改めて見つめなおしてみましょう。

 

あなたの「性格」から彼氏ができない原因を診断

男性は一緒にいる女性に「安心感」「癒し」を求めるものです。

そのため男性を不安にさせる性格の女性は、例え外見が綺麗であっても彼女としては選ばれないでしょう。

自分の考え方が知らないうちに男性を遠ざけるものとなっていないか、改めて考えてみましょう。

 

会話がネガティブ

ネガティブ思考の人と一緒にいると、自分も暗い気持ちになりますよね。

男性は一緒にいて明るく楽しい気分になれる女性を求めるものなので、マイナス思考の女性は彼氏ができない傾向があります。

特に、

  • 会話がいつもグチばかり
  • すべてにケチをつける
  • いつも「どうせ私なんか…」と言う

 

といったネガティブな内容ばかり会話にする女性からは、男性は離れていくでしょう。

ネガティブな思考回路を変えるために、まずはありのままの自分を好きになり自信を持ちましょう。

自分自身が満足することで、周りの人やものもポジティブにとらえることができるようになり、出会った人をハッピーにすることができるようになります。

 

相手に対して上から目線

草食系男子が増えてきたとはいえ、男性は基本的に

「女性に頼られたい」「守ってあげたい」

と思う生き物です。

そんな男性に向かって上から目線で批判・指示をする女性がいれば、男性からは恋愛対象と見られないのもおわかりでしょう。

上から目線の言動を取ってしまう女性は、多くの場合

 

  • 自分を良く見せたい
  • 周りを否定することで優越感を感じたい

 

などの理由で上から目線になってしまうようです。

自分が上から目線になっており、男性から引かれているように感じたなら、

  • 上から目線の言動をしてしまったら、最後に少し褒めてみる
  • たまには弱音を吐いてみる

 

などを試してみましょう。

いつも強気なあなたがふと見せる優しさ・弱さにキュンとする男性がいるかもしれませんよ。

 

隙がない・壁がある

男性は「いけそう」「付き合えるかも」と感じた女性にはアタックしますが、可能性がゼロに近い女性にはかなりの自信がない限り積極的にアタックしないものです。

特に、

  • 緊張するので異性と話せない
  • 飲み会は面倒なのでいつも断る
  • 初対面の人には話しかけないでオーラを出してしまう

といった人は、男性も話しかけづらく誘いづらいので、自然と声がかからなくなるでしょう。

また仕事に生きている人、趣味に没頭している人も、「恋愛より大事なことがあるんだな」と思われてしまいます。

自分よりも仕事や趣味を優先させそうな女性を、わざわざ彼女に選ぶ人は少ないでしょう。

おおらかで余裕があり、話しかけやすい人・壁をつくらない人は自然と男性から声をかけられるものです。

 

理想が高くストライクゾーンが狭い

「年収は〇〇万円程度、身長は〇〇cm以上、芸能人の〇〇似の人がタイプ」

など理想が高い発言をする女性を見るときに、それに当てはまらない男性は無意識に「自尊心を傷つけられた」と感じるようです。

男性から「自分を傷つける・見下げる相手」と認識されてしまうと、ほぼ恋愛対象と見なされなくなるでしょう。

もうひとつ覚えておきたいのが、理想通りの相手と付き合うのは難しいという事実です。

「マッチアラーム」が行ったアンケートでは、独身女性の6割が「自分は理想が高い」と感じています。

さらに「マイナビウーマン」が女性を対象に行ったアンケートでは、6割の人が「理想とは異なるタイプの人を好きになったことがない」と答えています。

 

2つのアンケートは異なるものですが、女性の半数以上は「理想が高い」「異なるタイプの人は好きになれない」と考えているようです。

しかし「しらべぇ」が行った調査によると、「理想通りの人と結婚した」と答えた人は全体の2割程度でした。

 

つまり「理想が高いから彼氏ができない」と感じている女性は多いですが、その中で本当に理想通りの人が現れて付き合える可能性は極めて低いのです。

 

まずは理想の男性像を口にして「理想が高い女」とレッテルを貼られる言動を控えてみましょう。

そして一見タイプと違う男性に対しても、まずは仲良くなって良い面を探してみるのはいかがでしょうか。

そうすることであなたを恋愛対象として見る男性、彼氏候補となる男性が増えるでしょう。

 

あなたの「環境」から彼氏ができない原因を診断

 

見た目にも性格にも問題がないのになぜか彼氏ができない場合、「環境」が障害となっているかもしれません。

環境ゆえに彼氏ができない方は、生活パターンを変えるだけで彼氏候補に出会える可能性があります。

あなたの周りに彼氏ができるのを阻むものがないか、考えてみましょう。

 

出会い・刺激のない毎日を送っている

そもそも異性と出会う機会がない、という人は多いでしょう。実は社会人の約7割が「出会いがない」と感じているというデータもあります。

周りが女性だらけの職場、恋愛対象のいない生活範囲でのみ生活していると、だんだんと服やファッションも「男性ウケ」を意識したものではなくなってしまいます。

人を惹きつける輝く女性は多くの場合、生活でやりがいやトキメキを感じていて、それが笑顔や行動に表れています。

刺激がなく変わり映えのない毎日を送っていると表情にも輝きがなくなり、いざ恋愛対象となる男性が現れたときに相手の印象に残ることができないでしょう。

出会いの数を増やすために新たなコミュニティに飛び込んでみたり、出会いのためのサービスを活用してみてはいかがでしょうか。

新たな趣味を始めたり、行ってみたかったお店に行くことも、生活に刺激やトキメキを与えるものとなりますし、そこから新たな出会いがある可能性もあります。

まずは自分の殻をやぶって、出会いのチャンスを掴むために行動しましょう。

 

まわりも彼氏なし女性が多い

人は付き合う人に影響されるものなので、彼氏がいない友達とばかり遊んでいると、次第にそれが普通のように思えてきます。

彼氏がいる女性と接すると「いいなぁ。私も彼氏欲しいから努力しよう!」と思ったり、モテるための秘訣を学べるものです。

反対に彼氏がいない女性は、男性に愛されるための努力よりも、趣味や時間に時間を使う傾向があります。

服装や髪形もいつの間にか男性ウケよりも女性ウケの良いものを選ぶようになり、「モテる女性」からどんどん離れてしまう可能性があるのです。

たまには「彼氏に愛されて幸せそうな女性」と一緒に時を過ごして感化されるのもおすすめですよ。

 

女子会ばかり開いている

女性同士で楽しく過ごすのは良いことですが、あまりに頻繁だと恋愛が入り込む隙がなくなってしまいます。

男性から誘われたときに女子会の予定が詰まっていると、

「彼氏がいなくても楽しく過ごしてるんだな」

と見なされ、男性を必要としていないような印象を与えてしまいます。

さらに女子会には少なからず「仕事場のグチ」「来ていない友達の悪口」などがあるもので、気づかないうちにそのノリで他の人とも話すようになってしまうかもしれません。

女子会に慣れすぎていつもネガティブな会話をする女性になってしまうと、男性からマイナスイメージを持たれてしまうでしょう。

 

寂しさを紛らわすために男友達と遊んでいる

あなたが男友達が多いタイプなら、それが彼氏ができない理由となっているかもしれません。

女性の中には、

「彼氏がいないけど、男友達といつも遊んでいるから寂しくない」

という人もいます。

「男友達といると気を遣わないで済むし楽だ」

と感じる人もいるでしょう。

しかし男性から見ると、男友達の多い女性は

「気が多い」「遊び人」「思わせぶり」

という印象を抱かれる可能性があります。

また、

「付き合ったら浮気が心配で疲れそう」

というマイナスイメージを持つ男性もいます。

さらに男友達が多い女性は、男友達からは同性のように見なされて恋愛対象から外されてしまうことが多く、友達の中から彼氏を探すのも困難でしょう。

思い切って男友達と遊ぶ時間を減らして、彼氏のいる女性と時を過ごしてみてはいかがでしょうか。

ここまでで、彼氏ができない4つの理由「見た目」「行動」「性格」「環境」を考えてみました。

あなたの彼氏ができない理由は特定できたでしょうか。

実は世の中には、4つの理由のどれにも当てはまらないのに、彼氏ができない人も存在します。

男性からアタックや告白をされるのに、その相手のことを好きになれない女性たちです。

もしあなたが長期間「好きな人ができない」と感じているなら、何か特有の原因があるのかもしれません。

 

 

彼氏できない理由が「好きな人ができない」女性の本当の原因とは

「告白してくれる男性はいるけど、好きになれずに終わってしまう」

「男性を好きになる感覚を忘れてしまった」

なんて悩んでいるのは、あなただけではありません。

実は「マイナビ」調べによると、389人の女性を対象にした「あなたは本気で人を好きになったことがありますか」というアンケートでは4割の女性が「いいえ」と答えています。

世の中に「好きな人ができない」と悩む女性は意外と多いのです。

そんな女性が幸せな恋愛・結婚をするためには、好きな人ができない理由を突き止める必要があります。

考えられる理由をひとつずつ見てみましょう。

 

理想が高すぎる・減点評価して選り好みしている

上記では、理想が高い女性が男性から嫌われてしまうこと、本当に理想通りの人を見つけるのは難しいことをお話しました。

それに加えて考えたいのが、理想にこだわりすぎると本当に自分に合う人と付き合えなくなってしまうということです。

男性に求めるものが多い女性は、男性を減点法で見て評価する傾向があります。

出会った男性をすべて減点法で見ていると、相手の持つ魅力に気づくことができず、本当に自分に合っている人を逃してしまうかもしれません。

一般的に理想のタイプには、

「自分がありたい姿」「それを一緒に叶えてくれる相手」

という願いが現れます。

思い描く理想の相手と一緒にいる自分は、一番なりたいと願っている理想形の自分でしょう。

しかし、理想の自分と等身大の自分の間にはズレがあるものです。

もし理想の相手が現れたとしても、その相手に合わせて完璧でいるために疲れてしまったり、心地よさを感じない可能性もあります。

どちらかが無理した状態では、恋愛は長続きしないでしょう。

さらに、理想の男性のスペックが自分の現状とかけ離れていると、いざ理想の男性と出会ったとしても相手が自分を好きになるかどうかが疑問です。

例えば、

「身長が高くて、年収はそこそこで、レディファーストができる人」

という理想をすべて叶える男性は、ハイスペックで多くの女性が寄ってくるため、ある程度恋愛慣れしているでしょう。

女性を見る目が肥えているはずなので、好きになってもらうのにかなりの努力が必要かもしれません。

・自分の理想は、「一緒に幸せになれる人」と言えるか?

・自分の理想の人と付き合える可能性はどれくらいか?

なんてことを考え直してみましょう。

 

あなたの「理想像」が現実的か判断する方法

自分の理想は現実的なのかどうか、客観的に判断するのは難しいかもしれません。

他人の意見を聞きたい場合には、包み隠さずに本音を語ってくれる友人に意見を聞いてみると良いでしょう。

簡単に「自分の理想は高すぎるのか」をチェックしたい方は、以下の診断テストを参考にしてみてくださいね。

参考 https://trilltrill.jp/personality-quizzes/29

 

自分の理想が高いとわかった場合、彼氏をゲットするためにできる2種類の解決策があります。

 

  1. 理想のレベルを自分に合ったものにする
  2. 自分が努力し、理想像のレベルに近づく

 

今のあなたにとって、どちらの解決策が彼氏ゲットへの近道と言えるでしょうか。

自分を客観的に判断することで、時間を無駄にせず彼氏をつくるために前進することができます。

過去のトラウマ、ネガティブ感情から恋人をつくるのが怖い

過去に恋愛で悲しい経験をした方は、また傷つくことを恐れるあまり人を好きになることを避ける傾向があります。

また恋愛に限らず、過去に自尊心を傷つけられる体験をしたり、本当の自分を否定される経験をしていると、防衛本能から本当の自分を隠すこともあるでしょう。

それらの経験から、

「自分は女性として魅力がない」

「誰かに愛されるはずがない」

と感じていると、好意を寄せてくれる男性がいてもその人のことを信じることができず、本当の自分をさらけ出せずに関係が終わってしまうかもしれません。

この場合には、まずは自分の自信を取り戻す作業が必要です。

女磨きのために時間やお金を使ってみたり、趣味などを極めて自信をつけるのも良いでしょう。

自分のことをちゃんと愛せる人こそが、「自分を大切にしてくれる人」を選ぶことができます。

焦らずにゆっくり、自分と向き合ってみましょう。

 

自分のペースを乱されたくない・人に興味がない

恋愛は時間・エネルギー・お金のかかることです。

そのため、「他人に自分のペースを乱されたくない」という考えの人にとってはマイナス要素が多いように感じるかもしれません。

人と過ごすことよりも趣味や仕事に没頭したいタイプで、「恋人に充てる時間や関心は無駄だ」と感じる人は恋人を作らないほうが賢明かもしれませんね。

さらに二次元やアイドルにはまっている人は、架空の相手にトキメキを覚えるあまり現実世界の異性に魅力を感じなくなってしまうようです。

こうなると彼氏ができる可能性はかなり低くなるので、早めに「仮想世界と現実世界の男性は違う」と理解しましょう。

恋愛にはエネルギーが必要ですが、それを補って余りある満足感・幸福・人としての成長が得られます。

今一度、自分はどんな人生を歩みたいのか、そのために今何が必要かを考えてみるのはいかがでしょうか。

 

「彼氏いない歴=年齢」と「〇年間彼氏ができない」人の原因は違う

「彼氏ができない」と一口に言っても、「男性と付き合ったことがない」という人と「前の彼氏と別れて以来彼氏ができない」という人とでは状況が異なります。

それぞれに理由があり、男性が受ける印象も異なるものです。

「彼氏ができたことない」人の理由

今まで一度も男性と付き合ったことがない人の場合、

  • 男性と接するのが苦手、男性恐怖症
  • 知らない人と接するのが怖い、コミュ症
  • 人との間に壁を作る

 

といったコミュニケーションが苦手な人が多いです。

またコミュニケーションができるとしても、

  • 外見に無頓着
  • 自己中でワガママ

 

というのも、男性から恋愛対象として見られず、彼氏いない歴=年齢となってしまう原因となります。

彼氏がいたけど、最近は男っ気がない人の理由

反対に、以前彼氏がいた人はある程度異性との接し方にも慣れており、男ウケする服装や言動をわきまえているものです。

しかし前の彼と別れてから数か月、数年と彼氏いない歴を更新している場合、

  • もう傷つきたくない
  • 次付き合う相手とは結婚したいから慎重に選びたい

という気持ちが働き、彼氏選びが慎重になりすぎているかもしれません。

また、

「当分は彼氏いらない!」

と女性らしさを捨ててしまい、見た目や言動から「恋愛対象外」とされてしまっている可能性もあります。

相手選びに慎重になるのは良いのですが、

「前の彼氏以上の人じゃないと」

というように以前の彼と比べたり、無意識にハードルを上げてしまう人と、なかなか好きになれる人に出会えないでしょう。

もし気になる人ができたら、余計なことは考えずにその人の良さを探してみましょう。

 

男性にはどっちが好感度◎?引かれないための上手な伝え方

マイナビ」のアンケートによると、「彼氏いない歴=年齢の女性は恋愛対象になる」と答えた男性は全体の7割でした。

さらに「famico」が男性100人に行ったアンケートでは、5割の男性が「彼氏がいない期間が長くても気にならない」と答えています。

つまり、「彼氏いない歴=年齢の女性」も「彼氏いない歴が長い女性」もどちらも恋愛対象とする男性が多いのです。

男性と遊んでいるイメージがないため、好印象を抱く男性も多いようですね。

しかし少数ながら

「何か理由があって彼氏ができなかったんじゃ…」

と疑う男性もいるので、彼氏いない歴について話すときには

「職場も女性ばかりで、出会いがなかったので…」

「今まで良い人に巡り合えなくて、付き合った経験がないんです」

「男性と話すのがちょっと苦手で…」

など、一言理由を添えると良いでしょう。

正直に伝えれば、男性はあなたの真面目さや清純さに惹かれることでしょう。

 

「彼氏ができない」を卒業のために今すぐするべき4つのステップ

「彼氏ができない」と悩む女性が多いものの、周りの女性は次々と彼氏をゲットしているように見えるのはなぜでしょうか。

それは、「彼氏ができない」と悩む女性のほとんどがその状況を変えるために行動しているからです。

彼氏ができない状況を変えることができるのは、自分だけです。

ここからは、彼氏ゲットのために具体的に何ができるかを考えましょう。

周りに「彼氏募集中」と伝える

「周りに必死と思われたくない」

という気持ちは捨てて、まずは友達に彼氏募集中であることを伝えてみましょう。

友達に協力してもらうことには、

  • 自分の性格に合った人を紹介してもらえる
  • ある程度信頼できる人を紹介してもらえる
  • グループデートなど自然な形で知り合うことができ、初対面の緊張が少ない

 

といったメリットがあります。

同性だけでなく異性の友達にも紹介を頼んでみると、今までにないタイプの男性に出会えるかもしれませんよ。

とりあえず出会いの場に足を運んでみる

見た目や性格が良い女性であっても、異性と出会う機会がなければ彼氏ができる可能性は低いでしょう。

男性と出会わない毎日を送っていると、いつの間にか服装や髪形で「モテ」を意識することもなくなり、女性としての魅力も低くなってしまいます。

すぐに彼氏が見つからないとしても、新たな出会いの場に足を踏み入れる習慣を付けてみましょう。

男性と出会う機会が多くなる度に、男性と会話したり、本当に自分に合う人を見極めたりするスキルも上がります。

「そんなこと言っても出会いのチャンスがない!」

と感じているならば、マッチングアプリを活用してみるのもひとつの手です。

マッチングアプリで男性と連絡したりデートをしたりと努力を重ねていると、恋愛のトキメキを感じることで女性としての魅力もアップするでしょう。

 

 

自分磨きで女性としての自信を持つ

恋愛に臆病になっている人の多くは、自分に女性としての魅力がないと感じ、積極的なアプローチができないでいます。

その場合必要なのは、自分で女性としての自信を取り戻すことです。

目標は芸能人やモデルのようなパーフェクトな女性ではなく、自分の魅力を上手にアピールできる女性です。

ひとつでも自分で自信が持てるものがあれば、その自信が表情や態度で表われ、その人の魅力となります。

まずは、ネイルや髪形、服を新しくしてみてはいかがでしょうか。

女性としての自信を持つためにおすすめなのは、「ちょっと良い下着を買うこと」です。

素敵な下着をつけている人は、その自信が外見にも表れると言います。

女子としてトキメキを感じるものを見つけて、自分の魅力を上手に引き出してみましょう。

 

出会った人にはこまめに連絡する

以上の3つのステップを踏むと、周りに今までいなかった男性が集まっているかもしれません。

しかし、それで満足していては彼氏ゲットには至らないでしょう。

出会った男性には自然な仕方で連絡先を聞き、こまめに連絡する必要があります。

特に気遣いやお礼の連絡ができる女性は、彼女候補になる可能性が高いです。

このように、

周りに協力してもらう・出会いを作り出す・女磨きをする・出会った人に連絡をする

という4つのステップを繰り返すことで、自然に彼氏候補の男性が現れるはずです。

 

「彼氏探しに疲れた」ときにできること

彼氏探しの期間が長くなればなるほど、自信がなくなることもあるでしょう。

「彼氏探しが長引いて病む」

「そもそもなんで彼氏が必要なのかわからない」

なんて気持ちになる方もいます。

彼氏探しに疲れしまった人は、一旦足を止めて気持ちを落ち着けてみましょう。

「彼氏ができない」という悩みから抜け出した人の口コミの中には、

「必死になるほど空回りしていて、しばらく独身を楽しもう!と力を抜いたときに今の夫に出会った」

「焦ると力が入りすぎるけど、気を抜いて普通に参加した街コンで今の夫と出会いました」

「相手に好かれる自分を演じていると疲れるので、ナチュラルでいるようにしているとそれを気に入ってくれる人がいるはず」

と、リラックスすることが大事と語る意見がありました。

少し肩の力を抜いて、上記の方法を一度に全部行うのではなく、少しずつ実践してみてはいかがでしょうか。

素のままのあなたの魅力に気づいてくれる人がきっといるはずです。

 

「彼氏できない」その原因と彼氏ができるようになるためには まとめ

「彼氏ができない」という悩みには、人それぞれ理由があります。

しかし理由のほとんどは自分で変えることができるものですので、大切なのは自分が彼氏ができない理由を認識することです。

長期間彼氏ができない場合、大きく分けて4つの理由があります。

  1. 見た目
  2. 行動
  3. 性格
  4. 環境

 

さらにモテるけど彼氏ができない人の場合には、

  • 理想が高すぎる
  • トラウマ、ネガティブな経験が邪魔している
  • 自分のペースを乱されたくない

という理由が関係しているかもしれません。

 

彼氏いない歴=年齢の人・彼氏いない歴が長い人にもそれぞれの理由がありますが、正直に打ち明けることで男性から好印象を抱いてもらえる可能性が高いでしょう。

彼氏ができない理由がわかったら、そのための対策を取りながら

  • 周りに彼氏募集中と伝える
  • 出会いの場に出向く
  • 女磨きをする
  • 出会った人にこまめに連絡を入れる

といった4つのステップを踏むことで、彼氏候補となる男性に出会うチャンスが増えるでしょう。

「彼氏できない」は解決できる悩みであり、そのために行動できるのはあなただけです。

ぜひ効果的な方法を実践し、彼氏ができない負のループから抜け出しましょう。

【必見】「私って結婚できるの?」自分の本当の【婚活力】を調べましょう

>>自分の本当の【婚活力】知ってますか?無料婚活力診断テスト<<

最新情報をチェックしよう!
>【無料】婚活力・恋愛傾向診断

【無料】婚活力・恋愛傾向診断

「結婚できない」と悩んでいる人は婚活の進め方に問題があるのかも。無料の婚活力診断を受けて自分の恋愛力を調べてみましょう。

CTR IMG
婚活・恋愛に悩んでいる人は今すぐ無料チェック ⇒
恋愛傾向EQ診断