婚活マニュアルZ(ぜっと!)

婚活を成功へと導く婚活情報メディア

【結婚相談所比較】全国3,000以上を徹底調査し上位10社の結婚相談所を紹介!

結婚相談所比較
  • 結婚相談所ってたくさんあるけど一体どこがいいの?
  • 結婚相談所によって料金やプランがたくさんあってどれがいいの?
  • 大手結婚相談所と個人事務所の結婚相談所を比較してその違いって?
  • 結婚相談所選びは会員数の多さ?充実したサポート?

 

などなど結婚相談所を探している多くの方が悩んでいることです。

 

柴太郎(婚活コンサルタント)
僕もはじめて結婚相談所を探した時に同じような悩みをもっていました。

 

結婚相談所比較するサイトってたくさんありますが、実際に運営者が結婚相談所を利用した経験があり、結婚相談所の担当者に直接インタビューをして本当の情報を載せている結婚相談所比較サイトって、どのくらいあるんでしょうか。

 

残念ながら僕が見る限りそういったサイトってありません。

 

婚活マニュアルZでは結婚相談所比較するにあたって、全国3,000以上の結婚相談所について調べその中から上位の結婚相談所へは実際に編集部が訪問しインタビュー取材を行いました。

また実際の利用者の声も合わせて結婚相談所比較情報をご紹介しています。

 

これからご紹介する結婚相談所比較情報をご覧になって頂ければ、自分にぴったり合った結婚相談所みつけられるはずです。

 

柴太郎(婚活コンサルタント)
僕は実際に結婚相談所に登録して1年間活動してたんですよ。

 

私は実際に何社も訪問して取材・体験入会もしているんですよ。
紅子(婚活苦戦中)

 

ただ表向きでわかり会員数の多さや料金比較だけではなく、実際にどんなサポートしているの?出会いの方法は?会員の属性は?などなど踏み込んだ情報ももりだくさん。

 

  • 実際に結婚相談所に登録していてた編集長が
  • 全国3,000の大小結婚相談所を調査し
  • ユーザー・読者の口コミ・評判
  • 実際の上位の結婚相談所へ取材訪問

 

あらゆる角度から結婚相談所を比較・調査しています。

 

ぜひ自分に合った結婚相談所が見つかるはずです。

 

今すぐ結婚相談所比較を見る

 

スポンサーリンク

 

結婚相談所の仕組み・種類

結婚相談所って日本中にたくさんありますが…みなさんどういう仕組で運営しているんですか?
紅子(婚活苦戦中)

 

柴太郎(婚活コンサルタント)
結婚相談所の会員紹介は2種類あって「自社で集めた会員」と「他社と紹介し合う会員」があるんです。

 

全国には3,000以上の結婚相談所がありますが、その多くは個人・中小規模の結婚相談所がほとんどです。

実は結婚相談所の会員は自社集めている場合と、結婚相談所同士がネットワークでつながり相互で紹介している結婚相談所の2種類があるんです。

 

たとえば地方で開業間もない結婚相談所だと自社で十分な会員を集めるのが難しいですよね。その場合、大手結婚相談所の会員紹介ネットワークに入り大手から会員を紹介してもらいないがら運営しているのです。

 

そのため全国に結婚相談所は3,000以上あるのものの、独自会員で運営してる結婚相談所は少ないのです。

また小規模の結婚相談所は代表者個人の影響が強いため今回のテーマである「結婚相談所を比較する」のが難しくなっています。

 

そのため今回は婚活マニュアルZが調べた独自に会員を集めている・大手結婚相談所を中心し調べた10社を中心にご紹介していきます。

 

柴太郎(婚活コンサルタント)
地元の地域密着型結婚相談所を探す方はこちらをご覧ください。
参考全国結婚相談所おすすめランキング!

 

横にスクロールします

結婚相談所タイプワンポイント会員数料金サポート公式サイト
ツヴァイデータ型安心のイオングループ結婚相談所。
大企業・官公庁といった法人会員も多数。
公式
楽天オーネットデータ型48,000人以上の圧倒的な自社会員数ながら
料金抑えめの最大手結婚相談所。
公式
パートナーエージェントコンサル型コーチングを用いた独自のコンサル手法と
成婚メソッドで高い成婚実績を誇る
公式
IBJメンバーズコンサル型婚活業界最大手のIBJが運営。手厚いサポートで
トップクラスの成婚率を誇る。
公式
エン婚活エージェントローコスト型初期費用が10分の1以下の格安結婚相談所。
パートナーエージェントと提携し紹介会員も増。
公式
ゼクシィ縁結びエージェントローコスト型ゼクシィブランドで人気上昇中。
料金も格安。
公式
サンマリエデータ型IBJグループの結婚相談所 公式
誠心ハイクラス型男性会員は医者・歯科医師が49%と
ハイクラスな結婚相談所。
公式
クラブオーツーハイクラス型有名大学OBがつくった高年収会員が多い
ハイクラス結婚相談所。
公式
スマリッジローコスト型オンライン専門の結婚相手紹介サービス。
登録料6,000円からはじめられます。
不明 公式

 

結婚相談所のタイプについて

  • データマッチング型・・・自分のプロフィールと希望する相手の条件を設定し、それに合う相手を結婚相談所に登録されているデータから検索して婚活を進めるタイプの結婚相談所です。データマッチング型は会員数が多く料金も安くなります。
  • コンサルティング型・・・自分専属のコンサルタント(アドバイザー)が付き一緒にいろんな相談したりアドバイスを受けながら婚活を進めていく結婚相談所です。コンサルティング型は手厚いサポートが受けられる反面費用が高くなる傾向があります。
  • ローコスト型・・・オンラインでの活動をメインとして初期費用などの料金を大幅に抑えたタイプの結婚相談所です。

 

大手結婚相談所をオススメする理由

当サイトでは上場企業(もしくはグループ企業)の大手結婚相談所をオススメしております。結婚相談所ではツッコんだ個人情報をたくさん扱います。
またそれなりの費用も掛かってきます。「結婚」という人生に大きく関わってくることなので、いい加減にサービスを提供しないコンプライアンスがしっかりした上場企業クラスで安心して婚活をして欲しいのです。もちろん小規模結婚相談所でもしっかりしているところもたくさんあります。
(小規模結婚相談所は代表者のチカラと相性で大きく変わってくるので、小規模結婚相談所をご希望の方は実際に訪問して代表者と話をしてみてください。)

 

それでは次は結婚相談所を選ぶポイントをご説明します。会員数や料金はもちろんのこと、会員の質、成婚率、アドバイザーのサポート体制まで徹底的に調査しています。

 

今すぐ結婚相談所比較を見る

 

結婚相談所おすすめ比較3選

結婚相談所大手10社比較をこれからご紹介しますが、「先におすすめを知りたい!」という方はこの3社をご案内します。

 

柴太郎(婚活コンサルタント)
この3社は自信をもっておすすめできる結婚相談所です。

 

パートナーエージェント

パートナーエージェント

当サイトでも人気・申込数No.1で編集長の私も登録活動していた結婚相談所がパートナーエージェントです。

パートナーエージェントおすすめのポイントは「コーチングメソッドを学んだコンサルタント」「過去の会員デートを元にした活動計画」「PDCAサイクルでの婚活」になります。
調査会社による「成婚率」でもNo.1の実績を獲得しております。

 

ツヴァイ

ツヴァイはあのイオングループの結婚相談所ということで企業としての安心感があります。大手企業ならではの「厳しい入会審査」「独自の双方向紹介システム」そして大手にも関わらず「リーズナブルな料金体型」というが好評です。

料金に関しても、成婚料は無し、初期費用が105,000円(税別)、月額も9,500円(税別)〜と利用しやすい価格です。各種キャンペーンも実施しておりますのでぜひ公式サイトでチェックしてみて下さい。

 

ゼクシィ縁結びエージェント

ゼクシィ縁結びエージェント

就職・転職・飲食店情報・結婚情報といったライフスタイルの総合支援サービス企業リクルートグループが手がける結婚相談所サービスがこの「ゼクシィ縁結びエージェント」です。

サービス名にもなっている「ゼクシィ」はもうみなさんご存知ですよね。テレビCMなども流しており、のゼクシィブランドの効果もあり最近登録者数が大幅に増えているんです。

 

▲目次にもどる

 

結婚相談所を比較するポイント7選

これから結婚相談所を選ぶ人が比較するポイントを7つご紹介します。どれが一つがよかったとしてもその他の項目も合わせて検討する必要があります。

それぞれで「自分が重要だ!」と思うポイントが強い結婚相談所を選ぶようにしましょう。

 

比較したポイント

※タップするとそれぞれの項目にジャンプします。

 

今すぐ結婚相談所比較を見る

 

 

登録会員数

結婚相談所を比較する際に会員数は重要なポイントです。

会員数1万人の結婚相談所より会員数5万人の結婚相談所の方が出会いの可能性は高くなりますよね。

 

結婚相談所会員数

 

ただ会員数は多ければいい、ということではありません。

店舗数(対応エリア)と会員ネットワークという2つのポイントがあります。

 

店舗数

全国で展開している結婚相談所だと当然会員数は多くなりますが、主要都市数ヶ所だけ支店がある結婚相談所だとその分会員数少なくなります。

そのため「A社の会員数がB社の2倍だから、A社はB社の2倍紹介される」ということではありません。

自分の住んでいるエリアでの会員数が重要です。

 

会員ネットワーク

結婚相談所の会員には2種類あります。「自社会員」と「ネットワーク会員」です。

  • 「自社会員」・・・その結婚相談所が自社で集めた会員で、同じ結婚相談所内の会員になるので調整や相談がしやすくなります。
  • 「ネットワーク会員」・・・異なる結婚相談所同士が提携して相互紹介をしている状態です。比較的新しい結婚相談所は自社で会員を集めるのに時間がかかるため、他の結婚相談所と提携して相互紹介をしていることがあります。ネットワーク会員の場合、表向きの会員数は多くなりますが他の結婚相談所を1社間に挟むので調整・相談がスムーズに行かないこともあります。

 

「ネットワーク会員」で有名なのはIBJが運営している「日本結婚相談所連盟」とパートナーエージェントが運営している「コネクトシップ」があります。

 

各社の会員数は以下のとおりです。

 

チェックポイント

  • 自社会員数が一番多いのは楽天オーネット。ただし支店数も多い。
  • パートナーエージェントは全体の会員数が少ないですが主要都市の店舗のみの会員数のため1店舗あたりは少なくありません。
  • IBJメンバーズは自社のネットワーク「日本結婚相談所連盟」の会員も含まれます。(自社会員非公開)
  • エン婚活エージェント、ゼクシィ縁結びエージェントはパートナーエージェントと同じネットワーク
  • スマリッジは日本結婚相談協会に加盟し最大45,000人から紹介可能
  • 非公開の結婚相談所は会員数少ない(ただしハイスペック会員が多いことも)

 

 

登録会員の属性

会員について重要なポイントは数だけではありません。

登録会員の属性も重要になってきます。

女性からすると年収高い男性が多数登録している結婚相談所だとうれしいですよね。逆に年齢が若い人からすると、いくら会員数が多いといっても結婚適齢期過ぎた人が多い結婚相談所だとちょっと理想の人とは出会えなそうですよね。

歴史が長い結婚相談所の方が在籍会員の平均年齢が高くなる傾向はあります。また属性は地域によってもバラツキがでてきます。

会員数が少なくても自分が希望する属性が多い結婚相談所を選ぶことが重要です。

IBJメンバーズと誠心、クラブオーツーの3社は登録会員にハイスペックな男性が多くなっています。

 

IBJメンバーズ登録会員

 

 

誠心登録会員

 

クラブオーツー登録会員

クラブオーツーの男性会員属性

 

 

 

料金(初期費用・月額費用・成婚料)

結婚相談所を比較する際にわかりにくいのがこの料金体系です。

初期登録費用や入会金などの入会時に掛かるのを「初期費用」、毎月支払うのが「月額費用」、結婚相談所内の会員同士で成婚退会した場合の「成婚料」と大きく3つがあります。

また料金は各社のプラン(紹介人数や面談回数、サポートの範囲)によって月額費用が変わってきたり、成婚料が無い結婚相談所もあります。

 

最近では「初期費用」が1万円以下の結婚相談所もでてきました。

「月額費用」は固定で支払い、月の紹介人数によって異なってくるところがあります。

「成婚料」は同じ結婚相談所同士で成婚退会(2人だけの婚約合意)した時に発生します。

成婚料をとる結婚相談所と、成婚料をとらない結婚相談所がありますのでこちらも要チェックです。

 

※各社主要プランの料金体系(税別)

結婚相談所初期費用月額費用お見合い費用(1回あたり)成婚料公式サイト
ツヴァイ95,000円〜10,500円〜無し無し 公式
楽天オーネット106,000円13,900円無し無し 公式
パートナーエージェント125,000円13,000円〜無し50,000円 公式
IBJメンバーズ165,000円〜15,000円無し200,000円 公式
エン婚活エージェント9,800円12,000円無し無し 公式
ゼクシィ縁結びエージェント30,000円9,000円〜無し無し 公式
サンマリエ180,000円〜15,000円〜4,000円〜(エリアによる)200,000円 公式
誠心92,500円22,500円〜5,000円〜無し 公式
クラブオーツー145,000円12,000円〜10,000円〜100,000円 公式
スマリッジ6,000円9,000円無し無し 公式

 

 

チェックポイント

  • 料金面はエン婚活エージェントが圧倒的に安くなってます。
  • データマッチング型の3社は成婚料がかかりません。
  • 各社キャンペーンを行ってます。公式サイトでご確認ください。

 

 

 

アドバイザーのサポート体制

結婚相談所でいちばん大事なのが結婚相談所のアドバイザーのサポート体制とアドバイザーとの相性です。

せっかく高い料金を支払って婚活をするのですから、婚活のプロである結婚相談所のアドバイザーからいろんなアドバイスがほしいですよね。

写真の撮り方から自己PRの書き方、異性へのメールの送り方、デートでの会話術・交際中のフォローの仕方まで教えてくれる結婚相談所もあります。反対に相談された時に対応するだけで普段の活動は会員個人に任せている、という方針の結婚相談所もあります。交際相手とのステータスを逐一報告して婚約にむけてプッシュする結婚相談所もあれば、どなたと交際して、婚約(成婚退会)もどうぞご自由にというところもあるのです。

これはどちらのサポート体制が良くて悪いのか、ということではなく自分の性格に合った結婚相談所を選ぶのがよいのです。結婚相手をゆっくり選びたい人もいれば誰かに背中をおされないと前に踏み出せない人もいますので。

それぞれの結婚相談所がどんなサポートをしてくれるのかしっかり確認をしましょう。

 

 

結婚相談所タイプサポート体制
楽天オーネット楽天オーネットデータマッチング型データマッチング型なので相談員からの積極的なサポートは期待できません。自ら動ける人向けです。サポートは電話やオンラインがメイン。
パートナーエージェントパートナーエージェントコンサルティング型コーチング研修を受けたコンシェルジュが独自の成功メソッドを用いてサポート。婚活KPIを設定してPDCAサイクルを回すというユニークなコンサル手法
ツヴァイツヴァイデータマッチング型元々データマッチング型の結婚相談所ですが、最近はサポート体制を充実させていっている。
IBJメンバーズIBJメンバーズ コンサルティング型結婚相談所ならではの手厚いサポートが期待できる。プランよっては定期面談あり。

エン婚活エン婚活エージェント

データマッチング型オンライン中心のため積極的なサポートは期待できない。もちろん会員からの連絡にはしっかり対応。紹介人数は月6人以上と業界トップクラス。

 

チェックポイント

  • コンサルティング型の結婚相談所2社はサポートが手厚い。
  • データマッチング型の結婚相談所3社は会員自ら動くことが多くなります。

 

 

システム(紹介・お見合い・交際・婚約まで)

結婚相談所によっては出会いから婚約(成婚退会)までの流れが異なります。

相手探しは結婚相談所から紹介される場合と、自分で選んでアプローチすることあります。紹介される場合は自分に希望条件に合った人を紹介してくれるのですが、一方的に紹介される方式と、両者の条件が一致した人だけが紹介される方式をとっている結婚相談所もあります。

自分で選んでアプローチするのも結婚相談所や各社のプランによって人数制限があります。

お見合いまでの流れに関しても、紹介書を元にお見合いを申し込んで両者が合意して実際に会ってお見合いをするところもあれば、まずはオンラインでやり取りしてから、というところもあります。

お見合いも後はその人と「交際」をするのかどうかを都度結婚相談所へ報告する必要があるところもあれば、継続して自由にいろんな人と会うことが可能なところもあります。

交際から婚約(成婚退会)までの動きを逐一報告して、無事に成婚退会となれば成婚料をお支払するところもあれば、交際後は自由に進めてもらい退会するときに連絡をください、という結婚相談所もあります。

このように紹介・お見合い・交際・成婚退会までの流れは結婚相談所によって異なるのです。

 

結婚相談所システム
楽天オーネット楽天オーネットオンライン主体。紹介+検索して気になる相手がいたらメッセージを送る。相手が合意してから写真公開。その後メッセージのやり取りをしてお見合い・交際へと進める。
パートナーエージェントパートナーエージェント紹介+検索して気になる相手へアプローチ。詳細なプロフィールや写真は店舗のPCで確認。お互いが合意するとお見合いへ。お見合い後「交際(この段階では複数人同時進行OK)」→「真剣交際(一人に絞る)」→「成婚退会(婚約)」となる。アドバイザーからは交際相手との進捗確認や希望すれば定期的な面談もあり。
ツヴァイツヴァイ「条件マッチング」「価値観マッチング」による紹介と自分で検索してアプローチ。「条件マッチング」は双方の条件がマッチングした相手にのみ紹介書が届く。お互い合意するとお見合い・交際へと進める。
IBJメンバーズIBJメンバーズ 紹介+自分で探して気になる相手へアプローチ。詳細なプロフィールを自宅・スマホで確認可能。お互いが合意するとお見合いへ。お見合い後「交際(この段階では複数人同時進行OK)」→「真剣交際(一人に絞る)」→「成婚退会(婚約)」となる。交際スタートから成婚退会までは期限がある。アドバイザーからのサポートや希望すれば定期的な面談もあり。
エン婚活エン婚活エージェントオンライン主体。紹介+条件で検索して気になる相手がいたらメッセージを送る。相手が合意したらお見合い・交際へと進める。

 

チェックポイント

  • コンサルティング型の結婚相談所はアドバイザーと定期的な連絡を行います。
  • コンサルティング型は「成婚」サポートが手厚くなってます。
  • データマッチング型の結婚相談所は会員自ら動くことになります。

 

 

成婚率について

結婚相談所を比較する際に着目するのがこの「成婚率」です。

何割の会員が成婚することができたのかを表す数字です。これが厄介で各社によってカウントの方法が異なるのです。

パートナーエージェントでは「成婚退会者数÷その期間の在籍者数」という計算をしています。それ以外では「その月の成婚退会者数÷その月の総退会者数」という計算方法のところもあります。

表に出ている「成婚率」は統一基準がないため判断が難しいのです。

 

成婚率の違い

たとえばパートナーエージェントの場合、平均的に年間20,000人の会員が在籍していた結婚相談所でその年に6,000人が成婚退会したとすると成婚率30%(6,000÷20,000)となります。

異なる計算方法だと、毎月1,000人入会している結婚相談所で毎月500人が成婚退会、500人が中途退会したいるから「成婚率50%」と計算しているところもあります。パートナーエージェントの計算方法だと在籍会員が20,000人いたら成婚率30%になるのですが、計算方法が変わるだけで「成婚率50%」となるのです。

このように「成婚率」は結婚相談所によって異なります。また5、10年在籍している会員がいる歴史が長い結婚相談所の方が不利になることもありますよね。更に母数となる会員数も自社会員とネットワーク会員がありますので、これによっても計算が変わってきます。

またそもそも成婚料をとってない結婚相談所の場合、退会する際に詳細の報告をしないで退会する人もいますのでそもそも成婚率の集計が正確にできてません。成婚退会の定義も「正式婚約」の場合と「結婚に向けて交際スタート」レベルで「成婚退会」としている結婚相談所もあるのです。

 

 

結婚相談所成婚率年間成婚者数
楽天オーネット 楽天オーネット非公開5,524人(2016年)
パートナーエージェント パートナーエージェント28.6%
(成婚退会者数÷1年間の平均在籍者数)
3,476人(2016年)
ツヴァイ ツヴァイ非公開5,613人(2016年)

IBJメンバーズ
IBJメンバーズ 

 55.4%
(計算方法がパートナーエージェントと異なります
※2016年4月〜9月)
非公開
エン婚活 エン婚活エージェント 非公開非公開(設立間もないため)

 

 

チェックポイント

  • 成婚率は非公開の相談所が多くなってます。その場合、新規入会員+総会員数に対する成婚退会人数を見ると傾向がわかります。
  • 成婚率を公開しているパートナーエージェントとIBJメンバーズですが、それぞれ計算方法が異なるのでそのまま比較はできません。

 

 

独自の特徴

最後に結婚相談所によって独自の特徴を抑えましょう。他社と差別化している部分です。

カウンセラーがコーチング技術を習得してる結婚相談所もあれば、紹介は「希望条件をお互いがクリアした場合のみの双方向同時に紹介」する結婚相談所もあります。法人企業に強く大企業や官公庁の会員が多い結婚相談所や、オンラインで完結するようにして費用をとにかく安くしている結婚相談所、など各社いろんな特性があります。

 

結婚相談所特徴
楽天オーネット楽天オーネット自社会員数が圧倒的に多い。低価格。
パートナーエージェントパートナーエージェント200時間以上のコーチング研修を受けたアドバイザー。『成婚KPI』の設定。PDCAサイクルに沿った婚活。
ツヴァイツヴァイお互いの希望条件がマッチングしている双方向同時紹介。大手企業・官公庁が法人企業として提携している。
IBJメンバーズIBJメンバーズ アドバイザーからの手厚いサポート。正式婚約までサポートを行っている。交際スタートから成婚までが早い。
エン婚活エン婚活エージェント初期費用を大幅に抑えて結婚相談所のサービスが利用可能。

 

チェックポイント

  • 各社いろんな特徴がありますのでそれぞれ自分にあうサービスなのかチェックしましょう。

 

柴太郎(婚活コンサルタント)
それではここからは結婚相談所個別にまとめてみました。

 

▲目次にもどる

 

結婚相談所比較10社

ツヴァイ(ZWEI)

ツヴァイTOPページ

【おすすめ度】
【公式サイト】 https://www.zwei.com

 

ツヴァイはあのイオングループの結婚相談所ということで企業としての安心感があります。

大手企業ならではの「厳しい入会審査」「独自の双方向紹介システム」そして大手にも関わらず「リーズナブルな料金体型」というが好評です。

料金に関しても、成婚料は無し、初期費用が105,000円(税別)、月額も9,500円(税別)〜と利用しやすい価格です。各種キャンペーンも実施しておりますのでぜひ公式サイトでチェックしてみて下さい。

 

おすすめポイント

  • 安心の大手企業
  • 厳しい入会審査・独自の紹介システム
  • 料金がリーズナブル(成婚料なし、月額9,500円〜)
柴太郎(婚活コンサルタント)
ツヴァイは結婚相談所で大事な大手企業が運営、そして料金体系も抑えめ、ということで人気の結婚相談所です。

 

 

ツヴァイ公式サイトはコチラ

ツヴァイの口コミ・評判!担当者に聞いたココだけの話

 

 

楽天オーネット

楽天オーネットTOP

【おすすめ度】
【公式サイト】 https://onet.rakuten.co.jp

 

婚活している人なら一度は聞いたことがある「楽天オーネット」。やはりその利用者数・評判は圧倒的です。

楽天オーネットの強みは何と言っても自社会員数の多さです。データベースマッチング型の結婚相談所として業界最大級の会員数48,688人(2019年)を誇ります。そして最大手企業にも関わらず料金もリーズナブルに設定されているので利用者数が毎年順調に増えています。料金は初期費用が106,000円(税別)、月額も13,900円(税別)〜です。

 

おすすめポイント

  • 業界最大級の会員数48,688人(2019年)
  • 成婚退会者数も5,880人(2018年)と業界トップクラス
  • 料金がリーズナブル(成婚料なし、月額13,900円〜)

 

柴太郎(婚活コンサルタント)
楽天オーネットの強みは会員の多さ、ですね。

 

楽天オーネット公式サイトはコチラ

楽天オーネットありのままの口コミ・評判はコチラ

 

 

パートナーエージェント

パートナーエージェントTOP

【おすすめ度】
【公式サイト】 https://www.p-a.jp

 

当サイトでも人気・申込数No.1で編集長の私も登録活動していた結婚相談所がパートナーエージェントです。

パートナーエージェントおすすめのポイントは「コーチングメソッドを学んだコンサルタント」「過去の会員デートを元にした活動計画」「PDCAサイクルでの婚活」になります。
調査会社による「成婚率」でもNo.1の実績を獲得しております。

 

コーチングを学んだコンサルタントが自分自身の長所や改善すべき短所、またお見合い・デートの方法まで詳細にアドバイスをしてくれます。定期的な面談も実施し、これまでの活動状況を元に今後の婚活について一緒の計画を立ててくれます。これらのサービスがついても初期費用125,000円(税別)、月額費用16,000円(税別)、成婚料50,000円(税別)とリーズナブルです。

登録時の年齢によっては初期費用50,000円代に抑えるプランや、活動しても結果が出なければ月会費減額制度といったサポートもあります。

更にパートナーエージェントは大手上場企業なので個人情報の取扱も安心です。

「顧客満足度」「成婚率」を獲得している、パートナーエージェントは一番におすすめです。結婚相談所選ぶ際は一度はここの話を聞いてみましょう。

 

おすすめポイント

  • コーチングを学んだコンサルタント、独自の婚活計画によるサポート
  • 外部の調査会社調べ「成婚率」No.1
  • コンサル型結婚相談所ですが料金が抑えめ

 

柴太郎(婚活コンサルタント)
いろんな結婚相談所を見て回った結果、僕が登録して活動がしたことがあるのがパートナーエージェントです。自信をもっておすすめできます。

 

パートナーエージェント公式サイトはコチラ

パートナーエージェント体験談!口コミ・評判は本当なのか

 

 

IBJメンバーズ

IBJメンバーズTOP

【おすすめ度】
【公式サイト】 https://www.loungemembers.com

婚活業界で最も大規模で有名な企業であるIBJ(東証一部上場企業)が運営している結婚相談所がIBJメンバーズです。

IBJは婚活している人なら多くの人がご存知の婚活パーティー「PARTY☆PARTY」や婚活サイト「ブライダルネット」を運営している婚活業界では売上・規模No.1の企業です。

IBJメンバーズのおすすめポイントは「登録者60,000人と圧倒的な会員数」「カウンセラーが受け持つ会員は少数」「成婚退会の2人に1人が半年以内」です。

 

IBJは日本結婚相談所連盟という日本中の結婚相談所1,800社とネットワークを構築しており、日本結婚相談所連盟登録会員へアプローチすることが可能です。そのため会員数60,000人と圧倒的です。(データベース型の楽天オーネットで40,000人規模)

またIBJのサービスを利用したことがある人はわかると思いますが、IBJは婚活に関して優秀なスタッフがしっかりとサポートしてくれます。

その優秀なスタッフがIBJの婚活サービスを駆使して成婚までサポーしてくれるので、成婚退会者の2人に1人が半年以内といった高い実績があります。

しっかりとしたサポートがある分、費用は初期費用165,000円(税別)〜、月額費用15,000円(税別)〜、成婚料200,000円(税別)(※プランによって異なる)と料金は他社と比べ高めになっています。

こちらも登録時の年齢によっては割引制度や返金保証もあります。

 

おすすめポイント

  • 業界最大級の会員数約60,000人(2019年)
  • カウンセラー1人が受け持つ会員を少数にし親身なサポート
  • 成婚会員の2人1人は半年以内と高い成婚率

 

柴太郎(婚活コンサルタント)
IBJメンバーズは会員数も多くサポートも充実してますが…ちょっと料金が高めなんですよ。

 

IBJメンバーズ公式サイトはコチラ

IBJメンバーズありのままの口コミ・評判

 

 

エン婚活エージェント

エン婚活エージェント公式HP

【おすすめ度】
【公式サイト】 https://en-konkatsu.com

結婚相談所業界に価格破壊を起こしたのが大手人材サービス会社のエン・ジャパンが手がけている「エン婚活エージェント」です。

入会費用は通常の結婚相談所の10分の1という格安料金にも関わらず紹介人数は月6名以上と破格の料金体系にも関わらずサポート体制も充実しています。

 

エン婚活エージェント料金表

 

高額と言われる結婚相談所の10分の1以下で、初期登録費用が9,800円(税別)、月会費も12,000円(税別)となっており、それ以外に成婚料やお見合い調整費用といった料金が追加で掛かりません。

もちろん結婚相談所なので公的身分証明書を提出した結婚に意欲が有る方が登録しています。低価格にも関わらず「ひと月の紹介人数は6名以上」「コンシェルジュによるサポート」「パートナーエージェントの会員相互紹介」により会員数も充分にいます。

とにかくまずは料金を抑えて結婚相談所で活動してみたいという方には最低契約期間もないのでおすすめです。

 

おすすめポイント

  • 初期費用が他社の10分の1以下と超低価格
  • パートナーエージェントとの提携により紹介人数やサポート体制は充実

 

柴太郎(婚活コンサルタント)
初期費用が10分の1以下なんでお試し感覚で結婚相談所を利用できます。

 

エン婚活エージェント公式サイトはコチラ

エン婚活エージェントの口コミ・評判・サービスを徹底調査

 

 

ゼクシィ縁結びエージェント 

ゼクシィ縁結びエージェント

【おすすめ度】
【公式サイト】 https://zexy-en-soudan.net

就職・転職・飲食店情報・結婚情報といったライフスタイルの総合支援サービス企業リクルートグループが手がける結婚相談所サービスがこの「ゼクシィ縁結びエージェント」です。

サービス名にもなっている「ゼクシィ」はもうみなさんご存知ですよね。テレビCMなども流しており、のゼクシィブランドの効果もあり最近登録者数が大幅に増えているんです。

 

ゼクシィ縁結びカウンター2018年オリコン1位

 

大手リクルートグループが行っている結婚相談所なのでもちろんサポートも充実。2018年度オリコン顧客満足度結婚相談所部門でランキングで1位を獲得しています。

それでいて料金も低価格で、初期関連費用で30,000円(税別)、月額費用9,000円〜、お見合い料・成婚料は0円になっています。

 

ゼクシィ縁結びカウンター料金

 

おすすめポイント

  • 安心の「ゼクシィ」ブランドで女性から大人気
  • パートナーエージェントとの提携による紹介可能人数も5.5万人
  • 初期費用などの料金もリーズナブル、成婚料も0円

 

柴太郎(婚活コンサルタント)
今大人気でゼクシィ縁結びエージェントの無料面談の時間が結構埋まっているんですよ。

 

ゼクシィ縁結びエージェントは全国主要都市に店舗を構えて活動していますので、ぜひお近くの方は無料相談にいってみましょう。

無料相談の空き状況はこちらから確認できます。

 

ゼクシィ縁結びエージェント公式サイトはコチラ

ゼクシィ縁結びエージェント(カウンター)の口コミ・評判を徹底調査!低価格人気No.1は本当なのか

 

 

サンマリエ 

サンマリエってどんな結婚相談所なの【おすすめ度】
【公式サイト】 https://www.sunmarie.com

 

 サンマリエには大きく3つの特徴があります。

 

サンマリエの特徴

  1. 業界最大級の会員数
  2. それぞれの価値観に合わせた紹介制度
  3. 楽しく選べる多種多様のサービス

 

サンマリエ公式サイトはコチラ

サンマリエの口コミ・評判・詳細はコチラ

 

誠心 

誠心TOP

【おすすめ度】
【公式サイト】 http://www.seishin.net/

 

誠心の特徴

  1. 登録会員はハイクラスな方が多い
  2. 多彩な出会いのシステム
  3. 専任の担当アドバイザー

 

誠心公式サイトはコチラ

エグゼクティブな結婚相談所「誠心」へインタビュー取材へ行ってきました!

 

 

クラブオーツー 

クラブオーツー

 

【おすすめ度】
【公式サイト】 http://www.clubotwo.jp/

 

クラブオーツーには大きく3つの特徴があります。

クラブオーツーの特徴

  1. 厳正な入会基準で少人数でも質の良い会員
  2. 専任のコーディネーターがフルサポート
  3. 出会いをハンドメイドでご提供

 

クラブオーツー公式サイトはコチラ

クラブオーツーの口コミ・評判・詳細はコチラ

 

スマリッジ 

スマリッジ

【おすすめ度】
【公式サイト】 https://s-marriage.jp/

 

スマリッジには大きく5つの特徴があります。

スマリッジの特徴

  1. オンラインで登録可能
  2. 登録料6,000円、月額料9,000円の結婚相手紹介サービスの中では圧倒的な安さ
  3. 日本結婚相談協会に加盟し最大45,000人から紹介可能
  4. 独身証明書100%提出済みの会員
  5. 担当アドバイザーのサポートあり

 

スマリッジ公式サイトはコチラ

スマリッジを徹底調査した記事はコチラ

 

▲目次にもどる

 

結婚相談所比較のポイント「自分に合った結婚相談所を」

結婚相談所を比較する際に重要なポイントにしぼって本当におすすめできる10社を紹介してきました。

ここまで見ていただければお分かりになったかと思いますが、結婚相談所と一言にいってもいろんな特性があるのです。

そしてどの結婚相談所が一番なのかというと利用するみなさんの活動内容・希望によってオススメできる結婚相談所は異なってくるのです。

 

たとえば、「自分で積極的に動けるタイプ・予算は抑えたい」という人と「恋愛の”いろは”から教えて欲しい・予算はある」という人にオススメできる結婚相談所は異なりますよね。

 

「まずは結婚相談所がどんなところか数ヶ月だけ利用したい」という人と「1社利用したけどサポートが無かったので次はしっかりサポートしてくれる結婚相談所がよい」という人ではオススメできる結婚相談所異なるのです。

いくつか例を挙げてみますで自分に置き換えて見てみてください。

 

30代後半の多忙なビジネスマンにおすすめ結婚相談所

30代後半の多忙でそこそこ収入があるビジネスマンはどこがオススメですか?
紅子(婚活苦戦中)

 

柴太郎(婚活コンサルタント)
まずはパートナーエージェントでしょうね。多忙な人向けにサポートがしっかりしてますし、ビジネスマン的にコーチングによるアドバイスや”婚活KPIの設定”といった理論に基づいた婚活行動設計はけっこう楽しいですよ。あと多忙なビジネスマンだとスペック的に人気でしょうから予算的にいけるならIBJメンバーズもよいでしょうね。

 

恋愛に奥手なアラサー女性向け結婚相談所

わたしみたいな恋愛に奥手なアラサー女性は??控えめですけど結構理想が高くなってますよ。
紅子(婚活苦戦中)

 

柴太郎(婚活コンサルタント)
紅子さんが恋愛に奥手かどうかはおいといて…ツヴァイが一番でオススメです。イオングループの落ち着いた感じで婚活進められますし、法人会員として大手企業や官公庁とも提携しているのでハイスペックな会員と出会えるチャンスがあります。あと予算的にいけるならIBJメンバーズもオススメです。アドバイザーが良き恋愛相談相手になってくれますし、こちらも会員スペック高いですよ。

 

自分で積極的に動くから予算を抑えた人向け結婚相談所

本気の出会いを探してはいるものの、できれば予算を抑えたい人はどの結婚相談所がおすすめですか?
紅子(婚活苦戦中)

 

柴太郎(婚活コンサルタント)
真剣に結婚相手を探してはいるものの「予算的に初期費用10万円なんてムリ!だけど結婚相談所でも婚活してみたい!」っていう人には初期費用9,800円のエン婚活エージェントがオススメです。楽天オーネットは会員数が多く費用が抑えめなので広くいろんな人にオススメできる結婚相談所です。

 

 

最後に…結婚相談所選びを間違わないために

ここまで読んでいただいた読者のみなさんは結婚相談所についてちょっと語れるレベルの知識になったと思います。

本当は結婚相談所を比較するということについてもっとお伝えしたいことがたくさんあるんですが…最後に間違わないための結婚相談所の比較・選び方についてご紹介します。

 

結婚相談所って1社1社雰囲気や考え方が全然違うのです。

もっというと担当者やアドバイザーによっても合う合わないがあります。「幸せな成婚」という難しい目標に向けて一緒に進むのでどうしても合う・合わない担当者・アドバイザーがでてくるのです。

 

「アナタにはA社がオススメです!」といっても「A社の担当者aさんとは相性が合っても、bさんとは合わない」ということが起きるのです。

 

もちろん大手の結婚相談所であれば途中で担当者を変えてもらうことは可能です(個人の結婚相談所だとこれができません)。しかしながら最初から相性がよい担当者と一緒の婚活をはじめたいですよね。

 

で、どうしたら相性がよい担当者と巡り会えるかというと、結局1社1社訪問するしかありません。

これは各結婚相談所の担当者も言っていたことですが「1社だけみて決めないで、何社か結婚相談所を見てから自分に合ったところに申し込みましょう」ということなのです。

 

今回ご紹介した結婚相談所で求めているものが全く違う、というところでなければ一度資料請求なり来店予約をして話を聞きに行ってみましょう。結婚相談所はそこまで安いものではありません。また「結婚」という人生で最も大事な相手を探す場です。本気で結婚相手を探しているなら時間をつくってでも何社か回って比較検討して下さい。

何社かまわれば比較サイトに惑わされること無く、自分に合った結婚相談所が見つけることができます。

 

柴太郎(婚活コンサルタント)
僕が結婚相談所探した時は全部で5社に資料請求して1社1社訪問して決めたのです。その時、自分に合うと思ったのがパートナーエージェントだったのです。もちろんしつこい勧誘をしてきたところはありませんでした。安心して資料請求してください。

 

 

 

今回比較した結婚相談所一覧

ここまで読んでくださってありがとうございました。ここまで読んでいただければ結婚相談所について少し語れるくらいの知識がついてます。

最短で「成婚」をつかみたいのであれば結婚相談所の利用がオススメです。今回ご紹介した比較情報と結婚相談所に関する知識をもって自分あった結婚相談所をみつけてくださいね。

 

※(★)印がとくにおすすめの結婚相談所です。

 

結婚相談所に一括資料請求もできます!

今回紹介した結婚相談所に資料請求する際「1社1社入力するのが面倒!」という方はこちらで一括で資料請求する方法もあります。

「楽天オーネット」「ツヴァイ」「パートナーエージェント」を含め最大10社に一度に資料請求ができます。
最短1分で資料請求が可能ですので、ぜひこちらもご利用下さい。

 

 

結婚相談所比較をもう一度見る

▲目次にもどる

  • この記事を書いた人
柴太郎(婚活コンサルタント)

柴太郎(婚活コンサルタント)

このサイトの管理人。見た目は柴犬ですが30代後半の男(人間)。32歳から約3年間婚活をし35歳の時に結婚。それまで婚活パーティー200回以上、婚活サイト4社登録、結婚相談所2社登録、出会った女性も1,000人以上、婚活にかかったお金は3年で200万円以上。僕のように婚活で苦労せず「一人でも多く人が幸せな結婚ができること」を願ってこのサイトを立ち上げました。 【おすすめ記事】(体験談)親に「ごめん…もう結婚できないかも」と伝えた半年後に私が婚約できたワケ

更新日:

Copyright© 婚活マニュアルZ(ぜっと!) , 2019 All Rights Reserved.