婚活マニュアルZ(ぜっと!)

婚活を成功へと導く婚活情報メディア

婚活パーティー攻略法

婚活パーティー

婚活パーティー攻略法!会話術から最後のマッチングまで「カップルになれる成功ポイント14選」

更新日:

 

婚活パーティーは思い立ったらすぐに参加できる婚活サービスとしておすすめです。

  • 都心部では毎日・毎週開催
  • 結婚に意欲的な男女が参加
  • 実際に会って話せる
  • その場で連絡先交換

他の婚活サービスにはないようなメリットがたくさんありますので婚活中の人は婚活パーティーもマッチングアプリや婚活サイト、結婚相談所と合わせて利用するのがおすすめです。

しかしそんな婚活パーティーですが、話せる時間が一人あたり1~3分間という短い時間での勝負になるため、人気のの相手とカップルになるためには第一印象(ルックス)やそれなりのスペック(とくに男性の場合)、そして会話術が必要になります。

そこで今回!のべ200回以上ありとあらゆる婚活パーティーに参加してきた私が、【婚活パーティー攻略法!会話術から最後のマッチングまで「カップルになれるポイント14選」】をご紹介いたします。

婚活パーティーに参加しても結果が出てない人はぜひご覧になってくださいね。

 

柴太郎(婚活コンサルタント)
婚活パーティー200回以上参加しました。攻略のポイント押さえればカップル成功率も上がりますよ。

 

スポンサーリンク

婚活パーティー攻略ポイント 基本編

1.プロフィールカードはしっかりと全部埋める

婚活パーティー会場で配られるプロフィールカードは必ず全部埋めましょう。

それも「とりあえず埋める」ではなく一文字一文字にしっかりと熱い想いを込めて書き込みましょう。プロフィールカードに空欄があったり、どこか投げやりな書き方だと必ず相手に伝わります。

「この人…やる気がなさそう」「婚活に本気ではない」と相手に伝わった段階で指名されることはありません。相手も本気の結婚相手を探しに来ているのです。「いい加減にプロフィールカードを書いている」人は指名しませんよね。

 

婚活パーティープロフィールカード

EXEO公式サイトより出典

 

また字が汚い・下手な人はキレイな字で書けるように練習しましょう。

通信学習のペン字講習でも本屋で「字の上手くなる本」購入してでも綺麗な字を書けるようにしましょう。お金をかけてでもキレイな字を書くのは効果があります。3日練習すれば格段に字は上手になります。

柴太郎(婚活コンサルタント)
僕は本屋で字が綺麗になる本を買って練習しました。

 

男女ともに字が汚い人は「いい加減な人」「ちゃんとしてなさそう」「知識がなさそう」という印象を与えてしまいます。キレイで丁寧な字で書いてあるプロフィールカード渡されたら印象が良いですよね。それだけで「ちゃんとした人」「誠実な人」「努力している人」という印象になります。

 

おすすめ

またどうしても字が汚い人にオススメなのが婚活パーティーの「Party☆Party(パーティーパーティー)」です。Party☆Party(パーティーパーティー)では手書きのプロフィールカードではなくiPadにプロフィールを入力して婚活パーティーを行いますので字が下手な人でも安心です。

 

 

参考PARTY☆PARTY(パーティー・パーティー)ってどんな婚活パーティーなの?実際にIBJへ体験取材にいってきました

 

一文字一文字熱意をもってプロフィールカードを埋める

 

2.動作はテキパキと「ながら行動しない」

婚活パーティーが種類によりますが、はじまると順々に席を移動して一人ずつ相手と会話をします。移動の際、椅子に座る、記入したプロフィールカードを渡す、といった動作はテキパキと行いないましょう。だらだら移動したり自信がなさそうな感じだと印象がよくありません。

また会場ついた段階で、上着を脱ぐ・椅子に座る・挨拶をする、といった婚活パーティー開始前も一つ一つの行動を意識してしっかり行いましょう。上着を脱ぎながら椅子に座る、飲み物を飲みながらプロフィールカード書く、といったながら行動は初対面の人と近距離で向かい合っている状況では思っているより不誠実な印象を与えます。

 

「ながら行動」は辞めましょう。テキパキと行動

 

スポンサーリンク

 

3.挨拶は相手の目を見て

笑顔

 

活パーティーが始まったら「よろしくお願いいたします」と相手の目をみてしっかりと挨拶をしましょう。ここで下向いてたり「よろ…お願い…します」とモゴモゴもしていたら話になりません。

 

そして何よりも婚活パーティーでは笑顔が大事です。最初の挨拶の段階で強張った表情や険しい表情をしていると会話が弾みません。お互いに緊張が走り普段の会話もできなくなりその後の流れも悪くなってしまいます。

 

笑顔が苦手な人は事前に練習しておきましょう。家の鏡の前で毎日毎日自分の最高の笑顔の練習をすれば1週間で素敵な笑顔が出来るようになります。相手の目を見て笑顔で挨拶するだけで相手の印象にしっかりと残ります。

 

また最初の挨拶も「ながら挨拶」は厳禁です。婚活パーティーの中盤くらいになってくると席移動が詰まってきて移動しながら挨拶する人や、椅子を引きながら挨拶する人がいますが、印象が良くありません。

しっかり着席してから相手の目を見て笑顔で挨拶をしましょう。

 

相手の目を見て笑顔で挨拶をしましょう

 

参考美人なのに結婚できない理由は「笑顔」が足りない!

 

 

婚活パーティー攻略ポイント 会話編

婚活パーティー会話

 

ここから婚活パーティーのトーク術についてです。1人あたり2,3分しか話せない婚活パーティーでいかに印象に残る会話ができるか、が婚活パーティーでカップルになる重要なポイントです。

 

4.第一印象褒める

相手との会話が始まったらまずは第一印象をすぐさま褒めましょう。

 

柴太郎(婚活コンサルタント)
時々プロフィールカードを下向いたままガン見して10秒、15秒と会話が止まっている人がいます。「まずはしっかりプロフィールカードを読み込んで」と思っているのかもしれませんが、あの無言の10秒間は相手にとって相当長く感じますのでやめましょう。

 

まずは、服・アクセサリー・小物などのファッションのポイントとして身に着けているものを見つけて褒めましょう。

 

男性
「春らしい服ですね!とてもお似合ですね!」

 

男性
「あ、この腕につけてるアクセサリー、珍しいデザインでかわいいですね!」

 

女性
「そのジャケットすっごくお似合いですね」

 

「初対面でいきなり身に着けているものを話題にしたら失礼では?」と思うかもしれませんが、大丈夫です。

相手も婚活パーティーなので、それなりのお洒落や目立つお気に入りのアクセサリーを身に着けて参加しています。お洒落して目立つアクセサリー着けて来てのにも関わらず、それを褒めないほうが失礼です。

たとえばあなたが男性だった場合、自分が婚活パーティー用に流行りのデザインのジャケットを購入して挑んたのにも関わらず、その日誰からもその事について触れられなかったら悲しいですよね。もし女性から「そのジャケット素敵ですね!初対面ですがすごくお似合いな感じがします♪」と言われたらタイプの女性じゃなくても嬉しいはずです。

私だったらそんなことを女性から言われたらまったくタイプではない女性でも思わず指名してしまいます。

 

またトーク開始当初の第一印象でファッションを素早く褒めるためには事前に準備するのがポイントです。早めに会場に入って、準備を整え、後から入ってくる人の「褒めポイント」をチェックしておくのです。(個室パーティーだと難しいですが。)

 

  • 「あの人はピンクのワンピースを褒めよう」
  • 「あの人は光っているブレスレッドを褒めよう」
  • 「あの人は個性的なシャツを褒めよう」

 

と婚活パーティー開始前にチェックをすると、婚活パーティー開始後も慌てずに落ち着いて褒めることが出来ます。

 

「褒める」場合の注意ポイント

女性を褒める場合の注意点ですが、初対面で身体的な特徴について触れるのは難易度が高いので上手にできない人はやめておきましょう。

  • 「髪の毛ツヤツヤで綺麗ですね」
  • 「小柄で可愛いですね」
  • 「色白で肌が綺麗ですね」

言われる相手によっては喜んでくれる女性もいますが、失敗すると気持ち悪がられるので気をつけましょう。

「身体的な部分」を褒めるにはお互いカップルになって、その後デートを重ねて行く中で上手に言えるとカッコイイですね。

また男性の場合はファッションで褒めるところが少なかったりしますので「背が高いですね!」とか身体的特徴褒めても全然大丈夫です。

 

アクセントとなる第一印象を褒めましょう。相手は褒められたがってます。

 

スポンサーリンク

 

5.名前を確認して名前で呼ぶ

次に名前を確認して声に出してみましょう。

もし読めない漢字であれば「『○○さん』とお読みするのでしょうか?」と質問します。

そして「『○○さん』ですね。素敵なお名前ですね。」とココでも褒めます。別に素敵だと思わなくても褒めます。珍しい場合は褒めた後に「珍しですよね?印象に残って良いですね」や「この名字は○○さんの地元には多いんですか?」と名前トークを膨らませます。

 

なぜ名前が重要かというと、名前はその人自身を表している自分自身の存在の証明となるものだからです。自分にとって大事な名前を褒められるのは嬉しく、自分の存在をしっかり確認してもらっている事になります。

 

名前をしっかり確認し褒めた後、トークをする度に「○○さんは休日はどこに行きますか?」「○○さんは一番の趣味はなんですか?」と質問の度に名前を連呼することで相手をしっかりと認識しているという印象をあたえコチラのことも覚えてくれるようになります。

自分自身のことをしっかりと認識してくれた人に対しては、同じく自分も相手のことを認識したくなる心理が働きます。

婚活パーティーではこういった「印象を残す」という行為が重要になります。

 

名前を確認して名前で呼ぶ。相手も自分の事を承認してくれるようになります

 

6.まずは出身地トーク

名前の次は出身地トークが鉄板です。

首都圏での婚活パーティーだと、なんだかんだ言って参加者のほとんどが地方出身者です。

自分の出身地と近ければその話題で盛り上がれますし、そうでない場合も各地方に必ず有名な観光地や珍しい特産品がありますので、その話題で会話をしましょう。また相手の出身地に旅行等で行った事があればその話も出来ます。

出身地トークは鉄板の話題の一つです。

 

7.趣味には必ず触れる

趣味トーク

出身地トークで盛り上がったら、次は趣味について触れます。

たとえ自分が相手の趣味に一切興味が無くても、必ず趣味の話題には触れて「面白そうですね!」というリアクションをしましょう。

趣味とはその人が大好きなことです。時間とお金をかけて取り組んでいることです。

人は自分が大好きな事について質問されると嬉しいものです。またそれについて「面白そうですね!」と賛同してもらえると更に嬉しくなり好感を持ってもらえます。

 

趣味トークポイント1:相手の趣味を否定するのは絶対にNG

趣味トークで絶対にやってはいけないのは、その人の趣味を否定することです。

初対面の人に自分の好きなものを否定されることがコミュニケーションとして一番のマイナスです。

自分が興味ない事を相手が好きでもなんとも思いませんが、自分が好きなものが相手が嫌いだったりすると、その人とは親近感を抱くことは出来ません。

 

柴太郎(婚活コンサルタント)
たとえば私は純愛映画について全く興味がなく、相手の女性が「私は純愛映画が好きなんです」と言われてもその事について嫌悪感を抱いたり否定することはありません。逆に私は戦隊ヒーローものの映画が好きなのですが、相手の女性に「私、そういうのあまり好きじゃないんですよね。なんだか子供っぽいじゃないですか。」と初対面で言われたらカチンときてその女性とは絶対に仲良くなりません

 

初対面の相手に対してその人が好きなものを否定するのは辞めましょう。自分の趣味を否定する人とは結婚生活を送れるイメージができませんよね。そもそも初対面で相手の好きなものを否定してくる段階で『コミュニケーションが上手くない人』と思われます。

 

趣味トークポイント2:必ず肯定的なコメントをしましょう

相手が好きなものを否定しない、ということをお伝えしましたが、婚活パーティーではもう一歩踏み込んで相手が好きなものを肯定するということをします。

たとえば婚活パーティーに参加するとディズニー好きの女性が人が多いですが、正直私はディズニー関係に一切興味ありません。それでも女性の趣味の欄に「ディズニーランドが好きで月1回行っています」と書いてあったら「ディズニー良いですよね!私も行きたいんですけど恋人が長い間居いなくて全然いってないんですよ。なかなか男性同士でディスニーって行けないじゃないですか。久しぶりに行ってみたいんですよね。」と肯定的なコメントしましょう。

自分の好きな事を肯定し共感してくれただけで印象アップします。

 

柴太郎(婚活コンサルタント)
婚活パーティーに参加している女性の趣味で多いのは好きなもの「スキューバダイビング」「料理」「映画」「ディズニー」あたりです(当サイト調べ)。良く登場する趣味についてはそれぞれについてコメントが出来るよう事前に準備しおくとその場でスムーズに話ができます。

 

「スキューバダイビングは何年くらいやってるんですか?」「どの辺の海が良いんですか?」「得意な料理ってあるんですか?」「私も料理にチャレンジしてるんですが、なかなか上手く出来ないんですよ。料理ができない男性ダメですよね〜」

といったように趣味トーク質問集を事前に用意しましょう。

 

趣味トークポイント3:趣味については重ねて質問する

さらに踏み込んだ会話術になりますが、相手の趣味に触れてトークをしたら、追加で2つ、3つと重ねて質問をします。

自分が好きなものに対して今日を持ってくれて2つ、3つと質問をしてくれたら嬉しいものです。自分の好きな事なので質問されるとみなさん嬉しそうに目をキラキラさせながら一生懸命熱く語ります。私も戦隊ヒーローものについて女性から質問されたら嬉しくて話し続けます。そしてその女性に対して非常に好印象を抱きます。

逆に、質問があっさりしすぎると悪い印象を与えることが有るのです。

 

質問があっさりしすぎてマイナスイメージのケース

男性
「スキューバダイビング良いですね!僕も今度やってみたいと思ってるんですよ!どこの海によくいきますか?」

 

女性
「沖縄が多いですね♪」

 

男性
「…ところで映画も好きなんですね。」

 

女性
…(こいつ絶対にスキューバダイビングに興味ないな)

 

質問を重ねると好印象

男性
「スキューバダイビング良いですね!僕も今度やってみたいと思ってるんですよ!どこの海によくいきますか?」

 

女性
「沖縄が多いですね♪」

 

男性
「沖縄!いいなぁー。年何回くらい行くのですか?」

男性
「初心者はまずどこの海がいいんですか?」

男性
「ライセンス取るまでどのくらいかかりました?」

 

女性
…(この人、本当に興味あるんだな。今度教えてあげようかな)

 

 

このように2つ、3つと質問を重ねると本当に興味があることが相手に伝わり好印象を持ってもらえます。

 

趣味は必ず触れる。絶対に否定しない。2つ3つと質問を重ねる

 

スポンサーリンク

 

婚活パーティー攻略ポイント その他編

その他の会話

8.時間が余ったら

1人3分程度の婚活パーティーであれば今回ご紹介した「褒める」「名前に触れる」「出身地トーク」「趣味」と、それにプラスして鉄板の「お仕事内容」を追加で話せば、だいたい制限時間になるはずです。ここまでをしっかりマスターすれば「婚活パーティーで会話につまる」ということはないでしょう。

もしこれでも時間があまりそうであれば、追加の質問をして会話を盛り上げましょう。

 

「好きな芸能人」「好きな食べ物」

これも趣味同様相手の好きな事を聞いてますので、回答が自分が嫌いなものでも否定するのはNGです。

よく知らない若手アイドルやダンスグループの人の名前が出てきても「あの人、イケメンですよね。最近なんかのドラマに出てましたよね?」と肯定的な質問をしましょう。これも目をキラキラさせながら答えてくれます。

 

「休日の過ごし方」

「最近は休日どんなことされますか?」と聞いてみましょう。趣味と直結して「スキューバダイビングに行ってます」「料理教室に行ってます」と回答する人もいます。

それ以外で多い回答パターンは「買い物」です。どの辺のエリアに買い物いっているか質問して共通点を見つけましょう。

これも油断して否定的な会話をしてはいけません。

 

×ダメな例

男性
「買い物は普段どの辺に行かれるんですか?」

 

女性
「新宿が多いですかね」

 

男性
「あー、新宿は人が多いので、私は苦手ですね。ほとんど行きません。私は上野が多いです」

 

女性
・・・(チッ、こいつ感じ悪いな)

「質問されたので自分が良く行く伝えたら否定された」という最悪パターンです。印象悪いです。

 

 

○良い例

男性
「買い物は普段どの辺に行かれるんですか?」

 

女性
「新宿が多いですかね」

 

男性
「あ、私も新宿たまに行きます。私は後は上野が好きで、上野も良く行くんですよ」

 

女性
「そうなんですね!上野はどこがオススメですか?」

この様に質問が来て更に会話が進むこともありますし、もし来なかったら「新宿だと…どのお店ですか?」とさらに質問を重ねましょう。

 

参考:クローズドクエスチョン・オープンクエスチョンをバランスよく

クローズドクエスチョンとは「Aですか?Bですか?」と選択肢型の質問です。

オープンクエスチョンとは「どう思いますか?」「どういう感想ですか?」と回答形式が自由な質問です。

どちらの質問形式もメリット・デメリットがあり、クローズドクエスチョンの場合は、回答しやすいのですが、「はい」「いいえ」の回答となるため会話が短時間で終わってしまうことがあります。

オープンクエスチョンは、話題が広がりやすく会話活発になることもありますが、回答するのに考えないといけませんので、初対面の人とトークでは疲れます。クローズドクエスチョンを連続すると会話がぶつ切りになり盛り上がりにかける会話に成ります。

 

クローズドクエスチョンを多発したダメな例

男性
「洋画は好きですか?」(イエスかノー)

 

女性
「はい」

 

男性
「普段は映画館で観てるんですか?」(イエスかノー)

 

女性
「いいえ。映画館はあまりいきません」

 

男性
「DVDですか?」(イエスかノー)

 

女性
「…はい」

この様にクローズドクエスチョンばかり続けるとまったく弾みません。

 

またオープンクエスチョンも考えないと答えらない質問となるため、初対面の人とのやり取りでは疲れます。また個人的なことまで踏み込んで聞かれるので相手にとってストレスにもなります。

 

オープンクエスチョンを多発したダメな例

男性
「どんな映画が好きですか」

 

女性
「恋愛ものをよく観ます。」

 

男性
「恋愛もののどういったところが好きなんですか?」

 

女性
「泣けるところでしょうか」

 

男性
「恋愛映画が好きになったきっかけってあるのですか?」

 

女性
・・・(疲れるな)」

高度なトーク術になってきますがクローズドクエスチョンとオープンクエスチョンはバランス良く使いましょう。更に高度なテクニックとしては質問しながら相手の回答に自分との共通点を見出しつつ自己紹介・自己PRも織り交ぜます。

 

○良い例

男性
「映画は好きですか?」

 

女性
「はい」

 

男性
「僕も好きなんですよ。最近は『○○』観たんです。◯◯さんは観ました?」

 

女性
「それ、私気になっているんですが、まだ観てないんですよ。」

 

男性
「僕も好きなんですよ。最近は『○○』観たんです。◯◯さんは観ました?」

 

女性
「とても面白かったですよ。とくに(映画のおすすめポイントを説明しつつ)。他に気になる映画ありますか?」

 

男性
「恋愛ものが好きですね」

 

女性
「恋愛ものだと私、先月△△観ました。あれ感動しました!観ました?」

 

男性
「私も先月観ました!あれは良かったですよね!」

 

女性
「あの映画の主人公のような男性になりたいんですよねぇ。現実はぜんぜん違うんですけど(笑)」

 

とクローズドクエスチョンとオープンクエスチョンと自己紹介を織り交ぜて会話するとポイントが高いです。共通点を見出すことでお互いに親近感が湧いてきます。

婚活パーティーでクローズドクエスチョンやオープンクエスチョン連発しすぎると圧迫面接のような尋問状態になりますので上手く使えるようにしましょう。

参考これで困らない!婚活パーティーで3分間もたせる話題7選

 

9.テストクロージングについて

婚活パーティーでお目当てな人と好印象な会話ができれば、テストクロージングをしてみましょう。

婚活パーティーにおけるテストクロージングとは、自分の気持ちを伝え相手の反応を確かめることです。

 

一人あたり1~3分間という短い婚活パーティーの場合、一通り全員と話してから最終指名を行うため、会話中に好印象だったとしてもその場では指名することが出来ません。通常は最後の指名タイムまでまたないといけないんですが、先に会話中に気持ちを伝えるのです。

 

【テストクロージング例】(一通りの会話が終わった段階で)

  • 「いろいろお話できてとても楽しかったです。実は始めてお会いしたときから○○さんのことをすごく気になってました。今日絶対指名します!」
  • 「最初に会場に入ってきたときから○○さんのこと気になってました。今回お話し出てきて楽しかったです。今日最後に指名しますので、よろしくお願いします!」

 

と言ったようにストレートに気持ちを伝えるのです。ここで相手のリアクションを見るのです。

 

もちろん社交辞令のような返事が多く相手の反応を見抜くことは難しです。

テストクロージングをして相手から「私も楽しかったです♪この後よろしくお願いいたします。」とポジティブな感想を言ってもらっても、指名されないこともあります。

逆にこの時点で相手の反応が「は、はぁ…」くらい渋くても、時間とともに相手も自分のことが気になり出してくれたのか、最後に指名してくれることもあります。

 

どちらにせよ大事なのは自分の気持をしっかりと相手に伝えるということです。

誰もがせっかく費用と時間を掛けて婚活パーティーに参加したので「誰かとはカップルになりたい」という気持ちを持っています。そこに「あなたを指名します!」という人が現れると「誰ともカップルになれないまま帰宅する」という機会損失を回避する心理が働き『自分を指名してくれる人を指名しよう』となることがあります。

 

自分としても、気になった相手に気持をしっかりと伝えて、その上で最終指名してもカップルに成れないのであれば、スッキリ諦められます。更に婚活スキルを磨いて次に繋げるようと前向きになれます。

 

 

テストクロージングするタイミングですが、3分間という短時間の場合タイミングが難しく、自己紹介や趣味の話で盛り上がったりすると気がついたらタイムオーバー、という場合もあります。

スタッフの人が「それでは時間ですので席移動して下さーい」と言った時でも間に合いますので、最後の一言としてお礼とともにテストクロージングするのも良いでしょう。(できれば時間内が理想です。)

またテストクロージング時にやってはいけないことは、「相手の気持ちを直に聞いたり自分を指名してほしいとお願いすること」です。

 

【テストクロージング:ダメな例】

「いろいろお話できてとても楽しかったです。実ははじめてお会いしたときから○○さんのことをすごく気になってました。今日指名します!○○さんは僕のことどう思いますか?

「最初に会場に入ってきたときから気になってました。今回お話し出てきて楽しかったです。今日最後指名しますので○○さんも僕のこと指名してくれませんか?

 

ここで相手の気持ちを聞いたり指名をお願いするのはカッコ悪いです。ちょっと気持ち悪いです。

自分の気持を伝え、サッと席を移動しましょう。

 

ズルいテクニックですがテストクロージングは必ず一人だけにする必要はありません。男女それぞれ20人規模の婚活パーティーであれば、2,3人に対してテストクロージングをかけても良いです。その中から印象が良く可能性が高い人を選ぶのも良いでしょう。

ただ席が隣り合ってる場合は注意してくださいね。隣で「今日はあなたを指名します!」と言っておきながら次の人にも「今日はあなたを指名します!」と言ってるのを聞かれたら、ただの軽い男になってしまいますのでご注意しましょう。

 

「私はあなたのことを指名したいと思っている」と自分の気持ちをストレートに伝えましょう

 

10.席移動の注意点

時間制限が来て、移動する時ですが必ずお礼を言いましょう。たとえどんなに面白くもなく不快な思いをしたとしても、「いろいろお話できて楽しかったです。」や「短い時間でしたが有難うございました。」と言いましょう。

そして席を立って椅子を元の位置に戻します。

お礼も言わず、時間制限とともに無言でダラダラと椅子を引いて立ち上がり、椅子が乱れたまま次の席に移動するのは辞めましょう。

気になる相手には丁寧に対応して、興味ない相手には適当に対応している人もいますが、思っているより周囲の人から見られております。人によって違う対応をするのは印象が悪いです。婚活パーティー会場ではスタッフも含め全員に礼儀正しく対応しましょう。

 

必ずお礼を言って席を立つ。椅子を元の位置に戻す。

 

スポンサーリンク

 

11.婚活パーティー中は時々は休む

kazu20140601-p6010023_tp_v

 

ここまで10のポイントをご説明しましたが、これを全て婚活パーティー参加者全員に実行するのは実は大変です。20人ずつ参加の婚活パーティーの場合、10人過ぎたあたりから疲れが出てきます。肝心な本命との順番が回って来た時に、疲れ果ててるとよい印象が残せません。

その為、会場に入って第一印象で「今日はこの人!」という人を3人ほど決めましょう。その3人には全力をだします。質問や自己PRを全力で行い、最後テストクロージングを行います。

本命の3人に全力を尽くすために残りの17人はリラックスし、省エネで挑むのです。エネルギーをあまり使わない話だと「趣味」や「好きな芸能人」について長めに話します。

本命外の人と話している時に、本命の服装を横目でチェックし、『あの人のどこを褒めようかな』と事前に作戦を立てる事も大事です。

 

婚活パーティーは20人連続で全力を出し切るのは本当に疲れますので途中休憩も重要です。相手に失礼にならない程度に休みつつ、本命に照準を絞りましょう。

 

本命には全力。それ以外は省エネで。

 

12.フリータイムは深追いしない

一通り全員と話した後、フリータイムがある婚活パーティーがあります。自由に席移動して気になる人と会話をする時間です。

女性は席固定で男性が動いて気になる女性に前に移動する形式が多いようです。当然人気の女性の前には多くの男性が殺到します。モテる女性にとっては逆ハーレム状態ですが、そうではない女性にとっては残酷な時間帯でもあります

女性が席固定の場合、男性はタイミングが合えば気になる女性と話せますが、女性は希望しない男性としか話せない事がもあります。

中には、女性から「すいません、他の人と話したいので他に行って頂けますか」と思いっきり断る人もいたり、女性の方から積極的に動いてお目当ての男性に「一緒にお話しませか?」とアプローチしている人もいてフリータイムも様々なドラマがあります。

 

フリータイムでは本当に人気の女性は男性が4、5人と殺到しますので、そもそも会話するのが無理な場合が多いです。自分の気になる女性が人気で他の男性が殺到していたら深追いしなくてよいです。席が近くでもない限りどうすることも出来ませんから。

 

その為、本命の人はその前の段階で悔いが残らないように全力でテストクロージングをしておきましょう。意外と「フリータイムでお話出来なかったので」と連絡先を渡されたり最後逆転指名される事があったりしますのでそれを期待します。

 

13.連絡先渡せるチャンスがあれば渡しまくる

カップル成立がある婚活パーティーの場合は当然1人としかカップルに成れませんが、婚活パーティーの種類によっては途中での連絡先交換が自由だったり、またカードに連絡先を書いて何人にも渡せるタイプのものがあります。

連絡先が渡せるチャンスがあるなら渡しまくりましょう。その場では本命とカップル成れなくても後日連絡が来ることが稀にあります。本命だった女性がその日カップルに成った別の男性とお茶に行ったら実はぜんぜん合わない人、その夜「今日はありがとうございました。今度お会いしませんか?」と繰り上げ当選の連絡が来たこともありました。

同じように連絡先が聞けるチャンスがあるなら聞きまくりましょう。婚活パーティー参加している人はみなさん積極的に連絡先を教えてくれます。

参考婚活パーティーでは連絡先を渡しまくれ!複数人と連絡先交換ができる婚活パーティー

 

14.婚活に慣れてない人は指名希望欄は全枠埋める

婚活パーティーによっては複数人指名できるタイプあります。大手婚活パーティーのEXEO(エクシオ)なんかは第5希望まで指名できます。

20人ずつ参加の婚活パーティーで5番目まで埋めるのは難しい時もありますが、婚活に慣れてない人は、希望が薄くてもまずは第5希望まで埋めましょう。

これらのアドバイスを実行しながら毎回第5希望まで埋め続けていれば当然カップルに成れる確率は5上がります。まずは婚活開始当初は成功体験をつかむことが重要です。

カップルになって連絡先を交換してランチやお茶に行く、というのを続けていけば婚活スキルもどんどんあがりいつかは第一希望の相手とカップルになれるようになります。

 

一番良くないのが、毎回カップルにも成れず連絡先も交換できず自信を失う、という婚活に対する苦手意識がついてしまうことです。そうならないように多くの人を指名しましょう。

 

参考婚活パーティー「EXEO(エクシオ)」の口コミ・評判・カップル率を発表!

 

スポンサーリンク

 

 

婚活パーティー攻略法 まとめ

婚活パーティー攻略法14選をご紹介しましたが、もちろんいきなり全部はできません。1つずつ意識して少しずつ実行していけば必ず成果が出てきます。

普段全く指名をされない人でも諦めず婚活パーティーに参加し続けこれらのポイントを実行していけば、4回に1回カップル、3回に1回カップル…最後は本命とカップルに!と徐々にカップル成功率が上がっていきますよ。

それでは改めて「婚活パーティー攻略法14選」のご紹介です。

 

  1. プロフィールカードはしっかりと書く
  2. 行動はテキパキと
  3. 相手の目を見て笑顔で挨拶をする
  4. 第一印象褒める
  5. 名前を確認して褒める
  6. 出身地トークをする
  7. 趣味は必ず触れる
  8. 時間が余ったときの会話を用意
  9. テストクロージングが重要
  10. 席移動の注意点
  11. 時々は休む
  12. フリータイムは深追いしない
  13. 連絡先渡せるチャンスは渡しまくる
  14. 婚活に慣れてない人は指名希望欄は全枠埋める

 

婚活パーティーは諦めずに続けて参加していれば必ず成果が出ますので、このポイントを繰り返し練習し、本命とカップルになれるよう頑張りましょう。

 

 

【必見】「私って結婚できるの?」自分の本当の【婚活力】を調べましょう

悩める紅子
「婚活サイトにも登録して婚活パーティーにも参加しましたが全然カップルになれません!いろいろなアドバイス記事を読んでも自分は結婚できるのかどうか、とても不安です…」

婚活アドバイザー柴太郎
「自分の問題点って自分ではわかりませんからね。でも大丈夫です。安心してください。そんな人に「自分が結婚できるのかどうか」を調べる診断があります。多くの人がこの診断を受けて、驚いたことに中には半年で結婚できた人もいます。

紅子
「え!?そんな診断があるんですか!私も受けてみたいです!」

柴太郎
「これは無料の診断で、実は私も受けたことがありますが、たったこれだけでも今後の婚活が劇的に変わり、これのおかげで私も無事に成婚できました。 こちらで詳細をまとめてありますので、「結婚できないのでは」と婚活に悩んでいる人は一度ご覧になって下さい。」

 

婚活EQ診断 婚活EQ診断

>>自分の本当の【婚活力】知ってますか?無料婚活力診断テスト<<

 

  • この記事を書いた人
柴太郎(婚活コンサルタント)

柴太郎(婚活コンサルタント)

このサイトの管理人。見た目は柴犬ですが30代後半の男(人間)。32歳から約3年間婚活をし35歳の時に結婚。それまで婚活パーティー200回以上、婚活サイト4社登録、結婚相談所2社登録、出会った女性も1,000人以上で婚活にかかったお金は3年で200万円以上。僕のように婚活で苦労せず「一人でも多く人が幸せな結婚ができること」を願ってこのサイトを立ち上げました。 【おすすめ記事】(体験談)親に「ごめん…もう結婚できないかも」と伝えた半年後に私が婚約できたワケ

【厳選おすすめ記事7本】

婚活の始め方 1

  紅子(婚活苦戦中) いよいよ本格的に婚活をはじめようと思うんです!で…婚活って一体何から始めたらいいんですか?   柴太郎(婚活コンサルタント)いよいよ婚活はじめるんですね!楽 ...

結婚できない女 2

  「結婚できる女」と「結婚できない女」この違いって何でしょうか?「やっぱり見た目でしょ?」って思った方、いいえ違います。   この両者には明確な違いが有るんです。   ...

婚活パーティー 3

最新2018年おすすめの婚活パーティーをご紹介! 婚活ブームの昨今、婚活パーティーの種類も増えてきましたよね。「婚活パーティーに参加しよう!」思って検索しても「…たくさんあって一体どの婚活パーティーが ...

「結婚したい」結婚できなかった人が半年以内に結婚できた3つの方法 4

  紅子(婚活苦戦中) 私、結婚したいんです!でも…長年婚活してるのに結婚できないんです。   柴太郎(婚活コンサルタント)僕も長年婚活していたので、その気持よくわかりますよ…今回 ...

結婚相談所を利用して成婚 5

  先にランキングを見たい方はこちら  結婚相談所おすすめランキングをみる 結婚相談所ってたくさんあって一体どれを選んでよいか迷ってしまいますよね。結婚相談所と一言にいってもさまざまな種類が ...

婚活パーティー攻略法 6

  婚活パーティーは思い立ったらすぐに参加できる婚活サービスとしておすすめです。 都心部では毎日・毎週開催 結婚に意欲的な男女が参加 実際に会って話せる その場で連絡先交換 他の婚活サービス ...

20代VS30代婚活戦争勃発 7

以前は婚活といえば結婚適齢期を逃した30代後半・アラフォー世代が多いイメージでしたが、最近婚活女性の年齢層が大きく変わってきています。 婚活の場に20代女性が多数参入していきているのです。 とくに20 ...

-婚活パーティー
-, , , , ,

Copyright© 婚活マニュアルZ(ぜっと!) , 2018 All Rights Reserved.