婚活マニュアルZ(ぜっと!)

婚活を成功へと導く婚活情報メディア

オタク・喪女の婚活

男性への警戒心が婚期逃す!喪女が警戒心を解くために

投稿日:2017年1月23日 更新日:

今まで男性と付き合ったことがないという所謂喪女

男性と付き合ったことがないのは、付き合うのが面倒だったという人もいるでしょう。しかし、基本的には男性とうまく接することができなかったから、付き合ったことがないのではと思います。平たく言えばモテなかったから付き合ったことがない人が多いでしょう。

筆者である私も元筋金入りの喪女でした。

 

そんな男性と付き合ったことのない喪女の方も結婚をしたいと婚活を初めている人もいると思います。しかし、いくら頑張ってもうまくいかないと嘆いている方もいると思います。

 

どうして自分はモテないのか、考えたことはありますか?

容姿が整っていないからと思っている方、美女でなくてもモテモテな人、いませんか?

実は喪女の方に多いのですが、男性に異様に警戒心が高い人です。モテる女性は良い意味でスキがあるのです。

男性のほうに高い警戒心を壊そうとする気力があればいいのですが、恋愛ならともかく、婚活の場ではめんどくさいと敬遠するようになります。男性はたしかに女性を追いかけたいものですが、それは好意や可能性が合ってのことです。

せっかく男性が興味を持っていただいても喪女が興味を好意に変える前に全てを台無しにしているのです。

せっかくのチャンスをものにしたくないですか?

今回は喪女が自分の気づいていない高い警戒心について紹介し、どうすれば良いのかアドバイスをしてみました。

 

スポンサーリンク

喪女の高い警戒心とは

喪女の警戒心

男性に対して免疫がない喪女の方は自身がわからない内に男性を遠ざけています。

たとえば婚活プロフィールで自分の理想の条件を列挙しているのも警戒心の一つですね。なかなか私はなびかないぞという虚栄心があらわになっています。

好みの男性と聞かれても、どんな男性でも当てはまることを上げた方が男性もアタックしやすいのです。男性に媚びろとは言いませんが、自分の考えを絶対に曲げないと意固地になるのはやめましょう。

 

--- 編集長おすすめの婚活EQ診断【PR】 ---

 

また、こんな行動をする男性はこうだと自分の価値観で決めつけている人もいます。極端な例ですが、「犬が好きな男性は従順な女性が好きだからモラハラの傾向がある」と犬好きの男性を決めつけている人。これは極端ですが、こういった異常な決めつけをする人がいます。

少しの行動でこの人はこういう人だと決めつけるのは、ただ単に自分が傷つきたくないからかもしれません。この決めつけは、せっかくのチャンスを逃していますよ。

 

スポンサーリンク

 

 

まずは男性と会ってみる

まずは男性と会ってみる

男性のなかにはとりあえず直接あってから交流を深めたい人もいますが、喪女は多くの方が男性と会うことに抵抗がある人が多いように思います。

もう少しメールをしてから会いたいと言う方も多いでしょう。たしかにこの方法もいいと思いますが、やはり婚活は会ってからが勝負です。

あまり長くメールなどのメッセージ好感を続けていると相手のイメージが固まってきます。特に喪女直接男性と接することは少ないため、芸能人だったり、二次元のキャラクターが男性の基準になります。そうなるとがっかりすることが多くなり上手くいきません。

 

会うのは抵抗があるのはわかります。しかし、怖いならば昼の繁華街で最初はお茶を1時間ほどと決めておいて、しんどくなったら帰ってやろうという思いで一度会ってみましょう。

タイミングが合わないと男性もこの人は会う気がないのかな?と自然消滅してしまう可能性があります。

 

 

男性と気軽に接してみる

最初は敬語で話すのは大切です。しかし、ずっと堅苦しい言葉を使っていると男性はこちらに気がないと思ってしまいます。

1回目のデート前のメールで少し敬語を崩してみましょう。全部をいきなりタメ語にするのではなく、たまに「ごめん。」「ありがとう!」といった感じで敬語とタメ語を混ぜるのです。

デートでもたまに敬語を崩すと段々と気安い関係が出来てきます。

 

 

 

 

また男性にすみませんとよく謝っていませんか?自分に自信がないということもあるのですが、相手に心を許していないからこその行動だと思います。

謝られるとせっかくした行動が押し付けがましいものだったのかと思ってしまい、相手もいい気持ちはしません。謝るのではなく、感謝の言葉を口にしましょう。

 

 

男性に甘えてみる

男性に甘えてみる

こちらが気を使っていると思っていることも相手にとっては甘えない可愛くない女だと思われる原因になります。

よく議論になるのが、デートのお会計です。最近では割り勘派の男性も多くなってきましたし、払ってもらって当たり前と思う女性は嫌われます。

しかし、向こうが払うと言ってくれたら、あまり頑なに払うというのは辞めましょう。男性の中には女性にお金を払わせるよりも、可愛くお礼を言われたい人もいるのです。その場合はお礼をいって笑うと印象が良くなりますよ。

 

気になった男性にこちらからアプローチしてみる

こちらから男性にアプローチ

喪女の多くは自分から恋愛のアプローチをしたことがない人だと思います。もちろん恋愛で傷ついて行動が起こせない人もいると思います。

自分に極端に自信がない人も多いでしょうが、傷つきたくないと戦う前に逃げている人も多いでしょう。

早めに結婚している人って自分から行動を起こしている人だと思います。そんな人達も傷ついたことがない人はいません。それでも戦ってきた人が成果を得ていると思います。

 

気になる人は自分からアプローチしないとタイミングを逃します。恋愛経験が豊富な人だったら駆け引きをうまくできるかもしれません。ですが、恋愛経験がない人だとそんなことは難しいと思います。だからこそ気になったら押していきましょう。待っているだけではチャンスもつかめません。

 

 

スポンサーリンク

 

 

喪女が警戒心を解くために まとめ

喪女の男性への警戒心を少しでも無くせれば、と元喪女の私がご紹介いたしましたが、どうでしたか?

 

喪女が男性への警戒心を解くための6ヶ条

理想の条件を見直してみる

男性のタイプを決めつけない

まずは男性と直接会ってみる

男性と気軽に接してみる

男性に甘えてみる

こちらからも男性にアプローチする

 

警戒心が強すぎると婚活もなかなか成功しません。当てはまるところがある人は一度自分の行動を考え直してみてください。

 

あわせてこちらの記事もどうぞ

 

 

 

 

  • この記事を書いた人
tsubasa

20代元喪女(彼氏いない歴=年齢)&オタクライター。アニメ・漫画好で彼氏もいたことない状態から婚活を開始。主にオタク系婚活(婚活サイトや、婚活パーティー)をメインに活動。喪女&オタク女性の婚活について実際の経験談とともに紹介いたします。

【厳選おすすめ記事7本】

婚活の始め方 1

  紅子(婚活苦戦中) いよいよ本格的に婚活をはじめようと思うんです!で…婚活って一体何から始めたらいいんですか?   柴太郎(婚活コンサルタント)いよいよ婚活はじめるんですね!楽 ...

結婚できない女 2

  「結婚できる女」と「結婚できない女」この違いって何でしょうか?「やっぱり見た目でしょ?」って思った方、いいえ違います。   この両者には明確な違いが有るんです。   ...

婚活パーティー 3

最新2018年おすすめの婚活パーティーをご紹介! 婚活ブームの昨今、婚活パーティーの種類も増えてきましたよね。「婚活パーティーに参加しよう!」思って検索しても「…たくさんあって一体どの婚活パーティーが ...

「結婚したい」結婚できなかった人が半年以内に結婚できた3つの方法 4

  紅子(婚活苦戦中) 私、結婚したいんです!でも長年婚活してるんですが結婚できないんです   柴太郎(婚活コンサルタント)僕も長年婚活していたので、その気持よくわかりますよ…今回 ...

結婚相談所を利用して成婚 5

  先にランキングを見たい方はこちら  結婚相談所おすすめランキングをみる 結婚相談所ってたくさんあって一体どれを選んでよいか迷ってしまいますよね。結婚相談所と一言にいってもさまざまな種類が ...

婚活パーティー攻略法 6

  婚活パーティーは思い立ったらすぐに参加できる婚活サービスとしておすすめです。 都心部では毎日・毎週開催 結婚に意欲的な男女が参加 実際に会って話せる その場で連絡先交換 他の婚活サービス ...

20代VS30代婚活戦争勃発 7

以前は婚活といえば結婚適齢期を逃した30代後半・アラフォー世代が多いイメージでしたが、最近婚活女性の年齢層が大きく変わってきています。 婚活の場に20代女性が多数参入していきているのです。 とくに20 ...

-オタク・喪女の婚活
-, , ,

Copyright© 婚活マニュアルZ(ぜっと!) , 2018 All Rights Reserved.