成功テクニック

年上彼女の魅力まとめ!付き合うメリット・デメリットからアプローチのコツまで徹底解説

年齢というのは、恋愛をする上で気になる相手の一部分ですよね。

年上彼女と付き合うのはどうしたらいいんだろう…?」と自分より年齢が上の女性を好む男性や、「年下の彼のことが気になる!」と自分より年齢が下な男性に惹かれる女性もいることと思います。

この記事では、男性・女性の両方の為になる「年上彼女」について詳しく解説していきます!

 

「実際、世の中の年下彼氏・年上彼女カップルの年齢差って?」、年上彼女の魅力、デメリットをご紹介します。

男性は、年上の女性をゲットする参考に、女性は、気になる年下男性にアピールすべきポイントを学ぶことができます!

 

目次(Contents)

「年上彼女」何歳の年の差までOK?

年齢が上の女性に、男性は一度は憧れるものですよね。大人の余裕があり、女性として自立しているように見える年上の女性…年上彼女の存在を想像したことがある人も多いでしょう。

ですが、いったい何歳の年の差までみんなが付き合っているのか気になるところ。

年上彼女との年齢差はそれぞれのカップルによって違いはありますが、1歳~10歳くらいまでの年の差は許容範囲、中でもマイナビウーマンのアンケート結果では、5歳差程度の年齢差がまでOKという結果があります。

 

1位「5歳」……27.8%
2位「10歳」……21.8%
3位「3歳」……9.4%
4位「1歳」……9.0%
5位「6歳」……5.1%
5位「20歳以上」……5.1%

参考彼女との年の差は何歳までが許容範囲?(マイナビウーマン)

 

女性からすると「男性はみんな若い女の子が好きなのでは?」「年の差があると周りの目が気になるな…。」など不安があるようですが、男性からすると年齢というのはあまり関係ないと思っています。

女性自身が年齢に対して過敏にならないことが、年下彼氏・年上彼女カップルの長続きの秘訣です。

 

 

男性が年上彼女が欲しい!と思う5つの瞬間

男性が、「年上の女性、魅力的だなあ…」「年上の彼女が欲しい」と思って付き合いたい!と思う瞬間を5つご紹介します。

女性は、「こういうシーンに弱いんだ!」と心得て、年下の彼にアプローチするタイミングの参考にしてくださいね。

 

甘えさせてほしい・支えてほしいと思うとき

男性は仕事中、バリバリ働いて周りに気を使って、帰宅するときはヘトヘト…なんて毎日が当たり前です。そんな時、ふと考えます。「年上彼女とお付き合いしていたら、思いっきり甘えることができるのかな…」

ストレス社会で戦う男性は、オフのプライベート時間は甘えさせてくれる女性を求めるものです。

年下の女性とお付き合いしていたら、ついつい頼りがいのある男を演じる役回りになり、それが辛かった…という男性は意外にも多いもの。男性でも「誰かに支えてほしい」と当然思っています。

そんなとき、年上女性の大人の余裕や年齢差が「甘えさせてくれるのでは?」と期待になり、魅力として映ります。

 

恋愛で背伸びをするのに疲れたとき

blank

好きな人の前で、「等身大の自分を好きになって欲しい」と思うことは男女関係なくあります。

ただ、年下の彼女や同年代の彼女と付き合うと、どうしても男性がリードする場面が多くなります。「男性の方が引っ張っていくべき!」という社会のプレッシャーもあるのです。

そんな中、無理して背伸びしている自分に、ふと気が付きます。そんなときありのままの自分を受け入れてくれる包容力のある彼女が欲しいと思うもの。

年下や同年代だとなかなか甘えられない…という人でも、年上であることを言い訳に、そのままの自分をさらけ出しやすくなります。

 

恋愛に自信が持てないとき

「自分はモテないし、女性に対して自信がない…」そんな男性にとって、すべてを受け入れてくれるような寛大な年上の女性を魅力的に感じるものです。

また、女性を上手くエスコートできない・積極的にアプローチできないという恋愛下手な男性は、自分をリードして理解してくれるような年上彼女への願望を抱きます。付き合う過程で、お互いが心地よい恋愛をする方法を教えてほしいと思っているのです。

 

大人としての経験値が高いところが見えた瞬間

blank

向上心の高い男性にとって、「自分よりも経験値が高い」というのは相手が女性であっても魅力的に映ります。

大人としての経験値が高い女性と付き合うことで、自分自身が高められると期待する男性も多いのです。

特に、男性側が年下・同年代の女性との会話を「教養が足りない」「刺激がない」と感じていたとしたら、なおさら、経験から語られる会話ができる女性は素敵に見えます。また、そんな女性だからこそ、互いに意見し合って尊重できる関係が築けそうと感じるのです。

向上心を求め、成長にどん欲になったとき、年上の女性は男性にとって憧れになります。

 

経済的なプレッシャーを感じたとき

「男だから稼いでいないといけない」というプレッシャーも感じる男性が多いのが事実。そんな中、女性だからという理由で無条件に自分が経済的な負担を強いられるとストレスにつながります。

自分よりも社会経験の長い年上女性、経済的に自立している女性は、頼もしい年上彼女としていい関係を築けそうと思います。さらに、この人となら結婚しても大丈夫かな、と付き合うのその先まで想像してしまうのです。

 

スポンサーリンク

 

▲目次に戻る

年齢差が魅力に!年上彼女と付き合う10のメリット

続いて、年上女性と付き合うことで感じられるであろうメリットをご紹介します。

年下の彼との関係を進めたい女性にとっては、アピールポイントです!しっかりと予習して、あなたの魅力を最大限引き出せるようにしましょう。

自然体で過ごせる

blank

年上女性に対して、「背伸びをして男らしい自分を演じることなく、ありのままの姿を受け入れてくれる存在」というイメージを抱く男性は多いのではないでしょうか?

ダメな部分はしっかりと諭してくれ、良い部分は思いっきり褒めてくれる寛容な年上の女性なら、自分のカッコ悪い部分も素直に見せることができるでしょう。同年代や年下の彼女と付き合っていると、どうしても「自分がなんでもしてあげよう」「頼りになる男性にならないと」と頑張ってしまうのが男性の性。

ですが、年上の女性なら自分をしっかりと持っている女性が多いため、相手に気を使いすぎることなく自然体でいられるのです。

 

包容力があり甘えさせてくれる

経験値が高い分、ちょっとやそっとのことでガミガミ怒ったりパニックにならないのが年上彼女の良さでもあります。同年代の彼女や年下彼女とは違って、感情の起伏があまりなく穏やかなので男性としては安心感も覚えるでしょう。

喧嘩をしたとしても一方的に男性を責めるのではなく、一緒に問題を解決してくれるような包容力の高さが魅力です。

同じ空間で過ごしていて、男性が夢中になることをしていても怒らないで見守ってくれる包容力の高さがあると、「この人は自分のことを分かってくれている」と信頼も深まります。年下の男性と付き合う女性は母性が強く、男性をしっかりと甘えさせてくれる余裕がある傾向が高いのです。

 

リードしてくれる

blank

精神的に自立している年上彼女は、対等な立場で関係を続けてくれます。時にはその経験値の高さから男性をリードしてくれるでしょう

年上の女性なら一方的に自分の感情だけで男性をリードするのではなく、優しく男性を導いてくれるのです。

女性をリードするのが苦手な男性もいることと思います。そんな男性からしたら、経験が豊富な頼れる年上の彼女からリードしてもらえるのは素直に嬉しいですよね。

お互いの関係にトラブルがあったとしても落ち着いて対処してくれる年上の彼女なら、困ったときでも迷うことなく頼ることができるでしょう。結婚などもしっかり見据えた、無理ない地に足をついたお付き合いが望めます。

 

現実的で無理なことを言わない

年齢が上な分、恋愛経験も男性より多い可能性が高く、恋愛での失敗も経験済み。「恋愛に生きる!」と意気込む同年代・年下の女性と違い、現実的に恋愛関係を続けられます。

2人の将来のことを話すときも、非現実的な夢物語を永遠と話すのではなく、2人の安定した将来を建設的に話し合うことができるでしょう。

年上の彼女だからと言って男性に甘えないわけではないですが、「毎日一緒にいようね。」「LINEは朝・昼・夜欠かさず!」など一方的な要求を男性にすることはあまり考えられません。女性自身のプライベートも自立している分、男性のプライベートも尊重してくれるのです。

 

内面を評価してくれる

「付き合うなら、見た目重視・ハイスペックな男性とお付き合いしたい!」という女性よりも、外見やスペックだけでモノを見ないのが年上彼女の良さです。

大人の女性になると自身の恋愛経験を経て、見た目だけで人を判断することを避けます。内面を重視してくれる年上の女性なら、男性がコンプレックスだと思っていた部分を気にすることなく、長くお付き合いを続けられるでしょう。

同年代や年下の女性の中にも、内面重視の女性はいますが、どうしても若い時は外見の良い男性に目が行きがち…。年上の彼女なら、経験を経ていることで「ただ見た目だけ良い男性」になびくことは無いのです。

年上の女性なら、価値観や考え方、一緒にいる安心感などを重視して相手を選んでくれます。

仕事で忙しいことを理解してくれる

blank

男性よりも年齢を重ねている分、仕事に就いている期間も長いです。男性の仕事が忙しくて中々連絡が取れないといった時でも、何も言わずにそっとしておいてくれる位の器の大きさが年上彼女にはあります。

また、男性が仕事に悩んだり、仕事の愚痴を吐き出したくなったりしたときも、年上の彼女なら話を聞いてくれ仕事を理解してくれるでしょう。

仕事に理解を示してくれる年上の彼女は、男性のプライベートだけではなく仕事においても強い味方なのです。

 

生活能力が高い

blank

年上彼女は年下の彼氏よりも社会経験が長いため、経済面で安定している可能性も高いです。自立ができており、生活能力も高いのが年上女性の特徴です。

金銭面で男性に依存することがないので、男性としては付き合っていても女性のことを負担と思わないでしょう。経済力がある分、一方的に男性側が支払うことも少なく、割り勘や交互に支払いをするなど対等な関係を築けるのも魅力です。

一方的な費用面の負担が減ると、デートの幅が広がったり、ふたりの時間によりお金をかけて楽しめたり…二人にとってもプラスに物事が進むことが多いでしょう。生活能力が高く自立している女性と付き合うことで彼氏である男性は社会的なプレッシャーも軽減し、安心した日々を送れます。

 

年上でしかできないアドバイスをしてくれる

blank

人生経験が豊富な年上彼女ならではのアドバイスをしてくれるのも、年上彼女と付き合うメリットです。

これまで歩んできた人生は、その人でしか味わえない喜びや悲しみを積み重ねていきます。その経験は自身を形成していく要素となるため、自分よりも年齢を重ねている年上の・女性視点でしか味わってこなかった人生の豊かさで、年下の彼氏を導いてくれるでしょう。

年下の彼氏にアドバイスや人生を前向きに生きるヒントを与えてくれることは、人生経験を重ねているからこそできる姿勢です。自分の知らなかった事柄を知っている女性に対してキュンとする男性も多いのですよね。酸いも甘いも経験してきた年上彼女のアドバイスは、あなた自身の生活も豊かに変えてくれるでしょう。

 

褒め上手で成長させてくれる

包容力のある年上の彼女は、年下の彼氏をしっかりと立ててくれる女性が多いです。年下の彼氏の良いところを見つけるのが上手で、さらに褒めて伸ばしてくれるため、付き合うと男性はどんどん魅力的に変化します。

そういった点でも年上の彼女は付き合うだけでなく結婚をしても、男性をいい方向へと導いてくれる女神のような存在に感じられます。

誰かと比べたがる男性にとって、些細なことでも褒めてくれる年上の彼女は魅力的な存在。年下の彼氏の行動や言動を自然と褒めることができる年上彼女は、心が休まる癒やしそのものなのです。

 

癒やし系女性がモテる!

男性から根強い人気の「癒やし系女性」になるための記事です。

参考婚活女子は必見!癒し系女性の特徴と理由、いまからできる実践法まで

 

年齢を重ねたからこその色気を感じる

blank

同年代の彼女や年下の彼女と違う、年齢を重ねたからこそ感じる大人の色気を兼ね備えているのが年上彼女。年上の彼女と付き合いたいと思っている男性のほとんどは、年上の女性の大人の色気を求めているでしょう。

若い女性では醸し出せない大人の余裕や色気は、年齢を重ねた女性なら自然と身についているのです。若い女性は露出の多い服装やセクシーなメイクで色気を演出していますが、大人の年上の彼女なら露出が多い服やセクシーなメイクで演出することなく自然と色気を感じさせてくれます。そんな年上の彼女に年下の男性はメロメロになってしまうでしょう。

 

 

▲目次に戻る

年上彼女と付き合う5のデメリット

年上彼女の存在は、男性にとって人生を好転させるようなもの。ですが、他人同士が付き合うからこそ、乗り越えなければいけない困難もあります。ここからは、年下彼氏が「デメリットだな…」と感じる部分について触れていきます。

逆に、年下の彼と付き合いたい女性にとっては、注意すべきポイントというわけです。5つのデメリットを事前に意識しておくことで、驚くほど関係はスムーズに進むかもしれません。耳に痛いかもしれませんが、しっかりと頭に入れてくださいね。

結婚へのプレッシャーを感じる

blank

相手は、自分よりも年齢を重ねた女性。正直、「結婚へのプレッシャー」は感じるという男性の意見はとても多いのです。

女性は、男性よりも結婚に意識が向くのが早いと言われています。年上の彼女なら尚のこと、好きな男性と結婚をして子どもを授かって…と現実的に考えているならば、お付き合いの先に結婚も見据えているはず。

仮に、年下彼氏が25歳で年上の彼女が30歳だった場合、彼女は結婚適齢期で結婚を意識していても、彼氏は仕事が面白くて仕方ない時期でこれからのことは後回し…と気持ちにズレが生じてしまっていることは少なくありません。

「このまま何も起きずにずるずる付き合った先に、別れたら…?」そこからの婚活を想像したとき、年上彼女は年下であろうと、彼へ結婚のプレッシャーを高める可能性があります。いくら好きでも、そこでの話し合いがうまくいかないと関係は破綻します。

年下彼氏・年上彼女という組み合わせで自分が付き合うことになったときには、最初のうちにお互いの結婚観について共有しておくと、後々の争いを回避、建設的な話し合いができるでしょう。

 

年の差婚について

 

 

年上彼女との収入の差がありすぎる

男性としてはやっぱり気になるのが収入の格差ではないでしょうか?社会人経験が長い年上彼女であれば、自分よりも収入や役職が上…という可能性も低くありません。経済的に自立している、という安心があるのと表裏一体で、過剰にそこが気になる…というのも無理はないですよね。

 

特に、将来を真剣に考えれば考えるほど、自分の収入の方が低い場合、相手を養っていけるかが心配になるものです。また、年上の彼女と収入の差がありすぎると、「生活水準が合わないかも」「対等に話し合いができなそう」などと男性側が卑屈になってしまうことも考えられます。「好き」ということだけでは埋められないプライドを持つ男性は多いのです。

 

母親のような対応をしてくる

時には魅力に映る大人の余裕や、助言が、「なんだか毎日説教臭いな…」と彼女なのに母親のように感じて疎ましくなる…なんて可能性もあります。

すこし自分の心に余裕がないと、最初は有難かった優しさが、「常に上から目線で世話を焼いてくる」と感じてしまうかもしれません。さすがに、毎日のようにダメだしされると男性の気持ちも滅入ってしまいますよね。「年上の彼女」だったのがそのうち、恋愛対象から外れてしまうかもしれません。

 

ジェネレーションギャップがある

4つ以上の年の差があると、中学校・高校時代がかぶっていないので、学生の頃に流行った文化の話をしているときに、盛り上がれないかもしれません。昔の思い出話はふたりの仲を深めるひとつの材料ですが、それが使えないのは年上彼女のデメリット。

ただ、お互いが昔好きだったもの・流行りに興味を示し、教え合って新しい発見があると、デメリットがメリットに転じることも考えられます。

 

喧嘩をしても言い負かされてしまう

blank

年上彼女は、経験値の高さから、言葉が上手いかもしれません。そんな彼女と喧嘩になるといつも言い負かされてしまう、と不満を抱える年上男性って結構いるんです。

もともと女性は男性よりも口が達者な人が多いため、知恵と経験を兼ね備えた年上の彼女なら尚更です。意見が割れたときやお互いに衝突したとき、いつも論破されると自信喪失しますよね。最悪の場合、相手と対等に向き合うことを避けるという事態も考えられます。

そのうちお互いの関係にストレスを感じて関係が冷めてしまう…ということも少なくありません。

 

▲目次に戻る

【男性必見】年上彼女の作り方の5つのコツ

デメリットが想像できても…やはり年上の女性は魅力的!年上彼女になってほしい!という男性はここから必読です。年上彼女を作るための5つのコツをご紹介していきます。

女性の方が年齢差を気にする傾向にあるので、もしかしたらすでに気になる年上女性がいても、相手はあなたを好意的に見ていても恋愛対象としては考えていないかもしれません…。

そこで、きっちりコツを抑えて、年齢差を気にさせないくらい意識させましょう!

 

年上彼女を作るコツ1:礼儀正しく

blank

年上の女性と接するときに欠かせないのが、礼儀正しさです。

なによりも言葉遣いに関して意識することが大切になります。男女としての関係がしっかりとしていない内は、ほかの目上の方と接するのと同じように、丁寧な敬語で会話することを守りましょう。

まずは、経験値が高い年上女性から「年下なのに、しっかりしているな。」と思われ、一目置かれつことが男性として意識してもらう第一歩。粗暴な態度の男性は年下の可愛さでカバーできるものではありません。敬語と丁寧な言葉遣いで、真面目な印象を与えましょう。

 

年上彼女を作るコツ2:アタックはストレートに

blank

真剣さや誠実さを感じさせることも年上の女性と付き合うには必要なこと。

年上女性の周りには、同じく自分より年上の男性がいます。その人たちはあなたよりも経験が豊富で、技巧を凝らしてアプローチをしているかもしれません…。「対抗しなきゃ!」と焦るかもしれませんが、逆にそんな中、年下だからこそのピュアさを盾に真っすぐにぶつかった方が差別化できます。

また、そのストレートさは年上の女性の母性本能がくすぐるでしょう。

間違っても、軽い気持ちで誘ったりノリで押し切ったりするようなアプローチのやり方はNG。年上の女性がそのような誘われ方をしたら「この子、からかっているのね」と不愉快な気持ちにさせてしまいます。真摯に、誠実に、ストレートに。これは徹底しましょう。

 

年上彼女を作るコツ3:年齢を意識させない

繰り返しになりますが、女性は年齢のことに関して敏感。

年下の彼よりも少しでも年齢が上だと「なんで私なんだろう?若い子の方が好きなのでは?」と不安がるのは自然なことです。

そんなとき男性は「年齢は関係ない、あなただからお付き合いしたいと思う」ということをしっかりと相手に伝えられると良いですね。年齢に関してはそれ以上のことは言わず、普段の話題にはあがらないようにしましょう。

例えば「めちゃくちゃ若いですよね」「〇〇歳には全然見えないですよ!」というのは一見して褒め言葉に聞こえますが、お付き合いを意識している女性からするとあまり触れてほしくない話題です。内面や、外見への気配りなど、年齢という数値にとらわれない部分で素敵なところを伝えてあげてください。

 

年上彼女を作るコツ4:女性としてしっかりと扱う

「年上の女性だから甘えまくりたい!」と思っている男性は要注意。年齢は上でも女性は女性、年上の彼女だって男性に女性として扱われたいと思っています。一緒に過ごしているときは、優しく年上の女性をエスコートし、大事に扱うのが大切。

誰しも優しく大事に扱ってもらえば相手に好感を抱きます。年齢を重ねるごとに女性は男性から優しく大切にされるということがなくなってくるのが悲しい現状です。強く凛としている大人の女性だからこそ、好きな男性には優しくされて甘えたいと思っているのです。

そんな年上彼女を年下の男性が受け止めてくれたら、年齢差を忘れてより一層関係を深めることができるでしょう。

 

年上彼女を作るコツ5:無邪気さを利用して素直を褒める

blank

せっかくなので、年下という武器を最大限に使いましょう!

年上の女性の母性本能をくすぐり、無邪気さを利用して素直に褒めてみてください。「本当に素敵です」「一緒にいて癒される」など、相手と一緒にいると楽しい、ずっと一緒にいたいという気持ちを素直に伝えることで、年上の彼女も「この子といると癒されるな」と思うでしょう。

カッコよさを演出して年上女性にアピールするのもいいですが、素直に「ありがとう」が言える方が好感を持たれます。年上の女性は経験値も高いので、「カッコつけてるな!」というのはすぐに見抜かれるでしょう。

年下らしい素直さで年上の女性に接することで、「この人と一緒にいると自分も素直になれる」と思ってもらえるように努めましょう。

 

彼女作り方

彼女作り方を4つのステップでまとめています。

参考【彼女の作り方】恋人ができない原因を知り4つのステップで彼女を作ろう!

 

 

▲目次に戻る

【女性必見】年上彼女になるために男性への5つのアプローチ法

「年下の彼には、年上のわたしは恋愛対象外かな…」と不安になっていませんか?あなたが年齢差を感じていても、彼は案外気にしていないかもしれません。

それなのに、年齢差に過剰になってしまって、この恋を逃すのはもったいない!

ここまで年上彼女の魅力をたくさん紹介してきました。あなたも彼にとって魅力的な女性になれるチャンスがあります。ここからアプローチをする際のコツを伝えるので、恋に積極的になってみてくださいね。

 

年下男性へのアプローチのコツ1:「甘えるのは彼の前だけ」特別さを演出

blank

普段の生活だと、なかなか甘える場面がないことと思います。そこを利用しましょう。恋愛を進展させるのに欠かせないサプライズは「ギャップ」です。

普段、頼れる女性・年上の女性として見られているあなたに、自分だけが甘えられると、彼は間違いなくギャップを感じどきっとします。

大事なのは「特別さ」。なので、なるべくほかの男性には甘えず、彼にだけ見せる特別な表情としてタイミングとシーンを狙って使いましょう!

 

年下男性へのアプローチのコツ2:仕事のサポートをさりげなくする

blank

彼よりも社会人経験が豊富なところもあなたの魅力です。彼が仕事で悩んでいるときは、積極的に話を聞いてあげて、受け入れてあげましょう。「なにか悩んでいる?わたしでよければ話を聞くよ」と、自分のことに真剣に耳を傾けてもらえるだけでも十分嬉しいものです。

女性だとしても年上だからこそ、彼も頼り、教えを乞うことが自然とできます。

さらに、おすすめの本や会ったらいい人などをさらっと紹介してあげるといいですね。ここで大事なのはあくまで押し付けずに、「もし興味あったら」くらいのプッシュに留めること。

あまり説教じみてしまったり、余計なおせっかいまでやいてしまうと、「なんだか上司みたいだな…」と、会社の目上の人のようなポジションに追い込まれ、恋愛対象からは一気に遠ざかってしまいます。

 

年下男性へのアプローチのコツ3:年齢のことを気にしない

何度も言いますが、男性の方はあまり年齢という数字にとらわれていないかもしれません。

なので、気になっていたとしても決して「わたしなんかおばさんだし…」とか「年下の女の子のほうが好きでしょう?」など、あなたのほうから敢えて聞くことは避けるべきです。気にしていないと言ってもそのような態度をとられると「めんどくさいな」「僕のこと信じられないの?」とマイナスに転じる可能性も。

年齢はただの記号です。気にしたっていいことはひとつもありません!あなたが持つ素敵な部分にフォーカスしてくださいね。

 

年下男性へのアプローチのコツ4:ちょっとだけ色気を加える

blank

男性は小さい頃から「年上のお姉さん」という存在に憧れのような感情を抱いています。それは色気によるところが大きいです。

若い女の子がするように、過剰に露出を増やしたり、派手でキラキラしたメイクで飾り立てる必要はありません。大人の余裕こそが色気として映ります。

なのであくまで自然体でいましょう。そのうえで、すこしだけ香水をつける、肌の露出は少ないがボディラインが際立つ服を纏う、華奢なアクセサリーで女性らしさを演出する…などちょっとしたポイントを日々のファッションに取り込んでみてください。

 

年下男性へのアプローチのコツ5:対等に扱う、時々思いっきり甘えさせる

blank

彼はあなたと付き合うことを意識したとき、収入の差など社会的な立ち位置を気にするかもしれません。男は見栄をはりたいもの。なので普段は対等に扱うようにしましょう。

たとえば、仕事に関しての意見を欲しいと伝える、会計は割り勘(相手がおごりたがったら、むしろ甘えましょう)など、相手のことをリスペクトする友人のように接してみてください。

年上であるあなたから対等に扱われることは、彼自身の自己肯定感の向上にもつながり、あなたとの関係を心地よく思うでしょう。

ただ、それとは裏腹に「甘えたい…」という欲求も持っています。仕事で失敗をした、疲れている、失恋した…そんな彼の場面に出会ったらチャンス。思いっきり甘えさせてあげて「年上彼女だったら、こんな包容力があるんだ…」と自然と想像させましょう。一度イメージができれば、あとは勝手に膨らませてしまうものです。

 

 

▲目次に戻る

まとめ 年上彼女といると癒され自分の経験値も上がる!

blank

年上彼女には包容力があり、その経験値の高さから年下男性を公私ともにサポートしてくれる存在です。しっかり者の年上彼女とお付き合いできれば、男性は自分自身の経験値が上がり、毎日を上向きに過ごせるでしょう。

年下の彼に想いを寄せる女性は、あまり年齢にとらわれず、彼にあなた自身の魅力を伝えましょう。年上、というのは彼にとっていくらでもプラスになります。頑張ってください。

 

関連記事
癒し系女性
婚活女子は必見!癒し系女性の特徴と理由、いまからできる実践法まで

男性から根強い人気を得ているのが「癒し系女性」。 びっくりするほどの美人でなくても、顔が整っているわけでなくても男性から人気があるのには、ちゃんとした理由があるのです。 今回は、癒し系女性の10の特徴 ...

続きを見る

関連記事
年の差婚について
【年の差婚】年齢差はいくつまで?後悔エピソードやメリット・デメリットも紹介!

芸能人でも大幅な年齢差で結婚している人は多く、10歳くらいの「年の差婚」と言っても、そんなに珍しさを感じなくなりました。 晩婚化が進む中、婚活市場の年齢幅は広がり、年の差婚が生まれやすい土壌になってい ...

続きを見る

関連記事
彼女の作り方
【彼女の作り方】恋人ができない原因を知り4つのステップで彼女を作ろう!

「社会人で忙しいうちに彼女の作り方が分からなくなった」や「何年も彼女がいない人」、「今まで彼女がいたことがない人」「彼女の作り方がわからなず悩んでいる男性」という方にぜひ読んでもらいたいのがこの記事で ...

続きを見る

関連記事
20代VS30代婚活戦争勃発
20代婚活女 vs 30代婚活女の婚活戦争勃発中〜20代・30代女性が婚活で勝利するには

以前は婚活といえば結婚適齢期を逃した30代後半・アラフォー世代が多いイメージでしたが、最近婚活女性の年齢層が大きく変わってきています。 婚活の場に20代女性が多数参入していきているのです。 とくに20 ...

続きを見る

関連記事
女の価値が「年齢」で男の価値が「年収」はなぜ
女の価値が「年齢」で男の価値が「年収」はなぜなのか?その理由を知ることが婚活成功への道

女性は若い方がモテ、男性は年収が高いほうが人気。 結婚相手を探す婚活やマッチングアプリなどの見知らぬ男女が出会う場ではとくにその傾向がよく現れます。 婚活パーティーでは大学出たばかりの「結婚」の意識が ...

続きを見る

【実話】「もう結婚できないかも・・・」こんな私でも半年で結婚できたワケ

blank
悩める紅子
「婚活始めてもう2年…。婚活パーティーに参加して流行りの婚活アプリも登録しました。でも、出会っては別れを繰り返し…最近では出会いすら減ってしまい、もう結婚できる気がしません」
blank
婚活アドバイザー柴太郎
「婚活うまく行かないと辛いですよね。実は私もいろんな婚活を3年間行ったんですがうまくいかない日々が続き、もう『結婚は諦めよう』そんな風に思っていた時期もありました。しかし、こちらの記事で紹介している方法を行ったら僅か半年で結婚することが出来ました。
blank
紅子
「え!それってどんな方法なんですか??」
blank
柴太郎
「詳細はこちらの記事『【実話】親に「ごめん…もう結婚できないかも」と伝えた半年後に私が婚約できたワケ』で紹介していますが、婚活にはそれぞれ人に合った正しい方法があるんです。まずは婚活を成功させるために自分自身を知る、ということが重要なんです。」
blank
紅子
「確かに自分自身のことを知らないと今の婚活方法が自分に合ってるのか分かりませんよね」
blank
柴太郎
「婚活がうまくいってないのは自分だけのせいではありません。一度この記事を読んでみて下さい」

>>実話】親に「ごめん…もう結婚できないかも」と伝えた半年後に私が婚約できたワケ<<

私が結婚できた理由

blank

  • この記事を書いた人
Piko

Piko

20代の頃バックパッカーで世界旅行をした後、現在恋愛コラムの連載を持つライターとして活躍中。恋愛相談(特に出会いのテクニック)衣食住、海外旅行を専門としてライティング活動を行ってます。グローバル視点の恋愛事情のなどもお届けしたいと思ってます。

【厳選おすすめ記事7本】

婚活デートの違い 1

いよいよ本格的に婚活をはじめようと思うんです!で…婚活って一体何からはじめたらいいんですか?紅子(婚活苦戦中)   柴太郎(婚活コンサルタント)いよいよ婚活はじめるんですね!楽しんで婚活をし ...

blank 2

「結婚できる女」と「結婚できない女」この違いって何でしょうか?「やっぱり見た目でしょ?」って思った方、いいえ違います。   この両者には明確な違いが有るんです。   柴太郎(婚活コ ...

結婚相談所おすすめ 3

今すぐ結婚相談所おすすめランキングを見る   「結婚相談所ってたくさんあってどれを選べば迷ってしまう。」 「料金も仕組みも結婚相談所によってバラバラでわかりにくい。」 「結婚相談所に登録して ...

blank 4

今やスマホで手軽にはじめる婚活と言えば「婚活サイト」。 しかし…   手軽にできる婚活サイトって安全面は大丈夫? 登録している人は結婚に本気の人なの? 恋活のマッチングアプリとは何が違うの? ...

マッチングアプリおすすめランキング 5

今や手軽にはじめる婚活と言えばマッチングアプリですよね。 近年利用者も急激に増え、マッチングアプリ経由で結婚した人の割合も増えているんです。 このデータは「婚活サービス(婚活サイト・婚活パーティー・結 ...

20代VS30代婚活戦争勃発 6

以前は婚活といえば結婚適齢期を逃した30代後半・アラフォー世代が多いイメージでしたが、最近婚活女性の年齢層が大きく変わってきています。 婚活の場に20代女性が多数参入していきているのです。 とくに20 ...

「結婚したい」結婚できなかった人が半年以内に結婚できた3つの方法 7

  紅子(婚活苦戦中) 私、結婚したいんです!でも…長年婚活してるのに結婚できないんです。   柴太郎(婚活コンサルタント)僕も長年婚活していたので、その気持よくわかりますよ…今回 ...

-成功テクニック
-

© 2020 婚活マニュアルZ(ぜっと!)