只今の注目記事TOP3

ドラマ・漫画・書評

『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』第7話 第8話 第9話 最終話 名言集

更新日:

スポンサーリンク

793dec8c2cf3e917a2238b8c3d8e1152_s

婚活女子 紅子(べにこ)です。
TBS系列の金曜ドラマ『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』見てましたか?

私は夢中になって毎週見ていました。主人公のみやびが、女性側からすれば好感持てる人物なんですよね!
仕事はバリバリできるのに、恋愛は不器用。カッコいいのに、可愛い。正義感もあり、素直で。こういう女性になりたいな?と思う反面、こういう女性になってたら結婚出来なかったのか…それは嫌だな、こうなってはいけない、って言う感じがして。

また毒舌男の十倉がズバッと斬るのも好きでした。いちいち言葉がグサグサ刺さるけど、私の心の中の本音も言ってくれてる感じで、逆にスッキリしました。

今回は第7話~最終回の名言もまとめてみました。

主人公みやびの苦悩

「やっぱり都合が良いってことなのかな?。彼にとって結婚は、人生の選択とか、愛情の結晶ってことじゃなくて、ただの逃げ。」

「今までもホラ、この年までくるとパターンてあるじゃない。誰かと付き合っていい感じになって、でも深まりそうになると、何か落とし穴。相手の心変わりだったり、自分の気持ちが冷めたり。今度もそうなのかな?...。」

「やっぱり、ジェネレーションギャップを埋めるのは難しいのかな。」

「まだ全然気が抜けない。未だに素顔見せられないし、夜はむこうが寝てから化粧落として、朝は先に起きてメイク。スッピン風に。いろいろ慎重になっちゃうのよね?ダメになるのが怖くて。プロポーズは、まだ、見事にその気配無し。」

「自分からプロポーズする?しない?同棲?あたし、どうしたら良い...?」

十倉の名言

「いくら自分の賞味期限が迫ってようが、経済的に追い詰められていようが、己の都合で結婚をせまるなどもってのほかだ。」

「この仕事は魅力的で、だから私は独身でも構わない。...なんて、もし言おうものなら、そんなお前の顔面を、今流行りのハワイから上陸したふわっふわのパンケーキと生クリームがのったお皿に全力で叩きつけてやる。仕事が魅力的だからお前が売れ残ったのか?いや、お前に魅力が無いから売れ残ったんだ。

その他の人々の名言

「いついつまでに結婚とか、結婚したらこうとか、約束出来ない。逆に出来る人すごいなって。やっぱり相手の一生を背負うってことだから、そう軽々しくは...。」

「なに、贅沢言ってんの。こっちは結婚できる、相手は生活できる。Win-Winの関係でしょうが。」

「結婚の二文字を口にしてくれるだけ、幸せだって自覚しなさいよ」

「うだうだ言ってないで割り切りなさいよ、前向きに。じゃなきゃ幸せになれないよ。」

「結婚がゴールじゃないよ。結婚式挙げる日がピークじゃ駄目なのよ、あと落ちるだけなんだから。理想の結婚生活っていうのは、ピークが最後。人生のエンディング。年取って、もうすぐお別れだねって時に、あんなこともあったね、こんなこともあったね、あ?一緒にいて良かった。そう話せる為に今、頑張ってる」

「結婚て難しそうだね。一緒にいたい人と、ずーっと一緒にいる、それだけじゃダメなのかな。」

「できる時にするのが結婚よ」

スポンサーリンク

 

十倉の恋愛マニュアル伝授

理想の男と結婚する方法

その1「逆に男を感動させろ」

いざ交際が始まると、男は必ず何かしらプレゼントをくれる。その時のリアクションは重要だ。その出来次第で、男はもっと彼女を喜ばせようとどんどんプレゼントを贈るようになり、最終的には、最も高価なプレゼント「結婚」を差し出すことになる。

教えてやろう。基本のリアクション、それは『安物に感激・高級品にオロオロ』だ。例えば、100円ショップの造花をもらったとしよう。「可愛い~こんなの欲しかったの~」なんなら匂いを嗅いで、「ほんのり良い香りがする~」。もちろん無臭だ。はたから見たら単なるバカだか、それぐらいの勢いでいけ。男の生涯で最も高価なプレゼントの「結婚」を引き出すため、お前はその男の過去に付き合ったどの女よりも優れたリアクションを提供しろ。

シャッタートークはNGだ。
シャッタートークとは、自分の好きじゃないものを出されて、「私、日本酒ダメだから」「白いご飯ダメだから」「甘いのダメだから」「怖いのダメだから」「高いところダメだから」等、シャッターを下ろすがごとく会話を遮断すること。これ、間違いなく男は引く。リアクションとは思いやりだ。思いやりの出来る女、そういう女を男は選ぶ。

そして、高級品にオロオロ。そのうち男は、お前を喜ばせようと高価なものをくれる。当然、お前の喜ぶ顔を期待して。しかし、そこでお前は「これ...いいの?こんな高価なもの。だ、大丈夫だった?」と、相手のふところの心配だ。いわゆる、謙虚さの演出。そういう女を男は選ぶ。

そして全てに言えることだが、嘘の感動はダメだ。例え貰ったものが本当は欲しくなかったとしても、目に見えないプロセスを想像しろ。その品が、お前の手元に届くまで、様々な人の知恵と労働が積み重なってる。例えば、原材料を調達する人、デザインする人、作る人、その品を運ぶ人、店頭に並べる人、さらには閉店後その店を警備する人...。それらの人々の努力、思いがあって、その品は今、お前の手元に届けられた。そのプロセスを思い浮かべ、感動する力を養え。なぜなら、ささやかな喜びを共にできる女を男は選ぶからだ。

その2「高まっちゃった婚」

・誰でもいいから結婚したい…高まっちゃった度 0%
・あなたが好きだから結婚したい…高まっちゃった度 1
・別に結婚したくないけど、あなたと出会ったら結婚したくなった…高まっちゃった度 2
・あなたのことが好きすぎて1周回って「結婚しなくても一緒にいられたらいっか」って思ったけど、更に気持ちが高まったことで2周目に入って結婚したくなった私がいる…高まっちゃった度∞(無限大)

というぐらい、自然に結婚へと気持ちが高まった。決して自分の都合ではなく、あなたを好きになった結果として結婚したい。それが高まっちゃった婚だ。これだと男も受け入れやすい。

そこで『あれ?これ結果的に駆け引きになっちゃってます?』作戦。

待ってろ。女は基本、待ちの姿勢でいけ。電話もするな。メールもするな。恐らく向こうから来る。だが、それに返事もするな。
ちまたにある恋愛本には相手を夢中にさせる方法として、男にすぐに返信すると安い女だと思われるから、数日たってから「ごめん、忙しくてメール返せなかったけど貰って嬉しかった」などと、男の気を引けと書いてある。しかし、「駆け引き」=「嘘」だ。嘘はバレる。こいつ、わざと返信を遅らせてるんじゃないか?もしそれに男が気づいたら一気に冷める。
しかし、すぐにメールを返すのも間違ってる。「あ、この女、俺に夢中だな。」そう感じた途端、これまた男は一気に冷める。この矛盾を打破するにはどうすれば良いか。方法は一つしかない。いいかよく聞け。メールをすぐに打たなくていいよう、本当に忙しくしろ。例えば、メールを打つ時間も惜しいぐらい多くの予定をいれる。もしくはメールをくれる知り合いを沢山つくる。そうすれば、その男のことを考える時間は少なくなり、結果的に連絡をとるタイミングが自然に遅れてくる。これが俺の提唱する『あれ?これ結果的に駆け引きになっちゃってます?』だ。
男女の関係というのは「結果的にそうなった」を心がけるべきだ。結婚も。

その3「手料理は雑炊を極めよ」

手料理、それはいわゆる取り扱い危険名誉だ。今よくいるよな?、SNS。例えばブログかなんかで、「私、手料理得意です」アピールする女。得意料理に肉じゃがとか。しかしあれは、男にとっては恐怖でしかない。手の込んだ料理を並べられても、それはただの婚活プレゼンだ。

しかし、確かに衣食住は生活の基本。男の胃袋をガッツリ掴まないと。
では、手料理が苦手な男にどうやって手料理を食べさせるか。それは、男が心身共に弱りきった時。そこが勝負だ。「雑炊」を作れ。雑炊をあなどるべからず。病気の時や、酔って帰った時、胃に染み渡る美味しさを醸し出す。

中国の伝説の格闘家、李書文は弟子にこう伝えている。「全種類の技を駆使する者より、ひとつの技を極めた者の方が手強い」
料理は雑炊を極めよ。

ただし、けっして三つ葉は使うな。三つ葉は高級品だ。この女、結婚したら贅沢するぞと思われる。ネギで対応しよう。

その4小悪魔からリラックマ

多くの恋愛本には、結婚願望のない男と付き合っても時間の無駄、次を探しましょうと書いてある。しかし、俺の考えは違う。
まずは考え方を変えろ。結婚は男が申し込むものではなく、女が申し込ませるもの。つまり、男側がお客様だ。それぐらいの意識でいろ。ゆえに、お前達女は、男の不安を理解しろ。一説によると、結婚して女が住む部屋に帰る怖さは、絶叫コースター28週分にも及ぶと言う。
では何がそんなに不安なのか?
第一に、金に対する不安。結婚したら家族を養うというプレッシャー。
第二に、束縛される不安。結婚すると自由がなくなる。
第三に、儀式に対する不安。結婚式は、お前達女にとって、人生に一度の晴れ舞台かもしれない。だが、男達にとっては面倒くさいこと極まりない意味不明の行事。婚約指輪だって、は?普段つけないのになんでこんなに高いんだ?!っていう意味不明の輪っか。

じゃあその不安を取り除いたら、男は結婚に前向きになるのか?
ここで問題がある。男っていうのは勝手なもんで、服や食事に金をかけない地味な女、男を野放しにする都合の良い女、誕生日や記念日に無頓着な女は、ラクではあるが、魅力を感じないという壮大な矛盾がある。

その矛盾を解消する新発見がある。「小悪魔からリラックマ」だ。それは、男が結婚に感じる不安を、ギャップで埋めるというものだ。例えば、見た目。付き合う前は、高級志向のいい女系。でも付き合ってからは、カワイイのに実は手頃なバッグを持ったりして、意外に金のかからない女を演出する。もしくは付き合う前、「また飲み会?もし他の女に手を出そうものなら、何のためらいもなく頸動脈狙いに行くけど いーい?」と男を脅し、付き合ってからは「飲み会?息抜きって大事よね。いってらっしゃい」と男の好きにさせる。つまり、付き合う前は小悪魔を演じ、付き合ってからリラックス、そのギャップを見せる。それが小悪魔からリラックマ理論だ。

さらに
結婚というワードをあえて出して逆ギレろ。いいか、小悪魔たるもの、自分を安く見る男を許してはならない。そして、怒る時のポイントは、結婚できないからではなく、あなたの好きはその程度?という恋心モードで押す。すると、その男は無意識にすり込まれる。「彼女をあなどってはいけない。これは、心して付き合わなければならない。」これは、結婚に向けてのウォーミングアップになる。

男を燃え上がらせる方法「寸止め」

「寸止め」。それは、デート中いい雰囲気になったところでサッと身をかわし、おあずけを食らわせるという技術。

相手がドキッとした所で、サッと身をかわす。この時忘れてならないのは、笑顔。男も緊張してる。笑顔を浮かべつつ、近くで見たら思わぬチャームポイントを発見してしまったという程で、男を褒めて寸止めろ。

「顔、小さいね?」「唇の厚い人、好き」「ホクロの位置が、オリオン座になってるね?」「この喉仏、マジ仏だね」等。
これで燃え上らない男はいない。

NGな寸止めは、
・「あたし、そんな軽い女じゃないから?」→じゃあなんでついてきたんだ?
・「すぐにそういう関係になると後悔するから」→じゃあ後悔したってことがあったってことか
・「あたし、身体に自信ないから」→萎えるわ

男からプロポーズを引き出す方法

「エージェント理論」

彼氏と自分の家族を面会させること。
理由はなんでもいい。お母さんがアンチエイジングの一環として若い男に会いたがってるでも、親子で相撲とりたいんだけど行司がいなくて でも、お母さんがカラオケでglobe歌うからマークパンサーの部分担当してもらえない?でも何でも良い。会って一緒に食事をすれば良い。
いざ食事する日、彼に会った母には最初ムスっとしてもらう。母は彼に対して腹わたが煮えくりかえっているという設定。自分の愛しい娘にプロポーズをしない、煮え切らない男ということで。そして彼に「あなた、この子のことどう思ってるの?責任とる気あるの?」。(ここで大事なのは、あくまで娘側は、別に結婚は今すぐじゃなくて良い、彼を困らせたくないというスタンスを保つこと。「お母さん、やめて?そんな結婚だなんて。今、彼、仕事で忙しいの。」)

そこで母親は机を叩いて怒る。「そんなの関係ない!海の男はね?、夜通しマグロとってきて、それ持ってプロポーズしたかと思ったら、またすぐ漁に行ったもんだよ!」少々意味が分からないほうが迫力が出る。

ロスタイム理論

俺にモテない暗黒時代もあった。その暗黒時代、勇気を出して告白してはフラれ、またフラれ。だが、ある日気がついた。フラれた後の方が付き合ってほしいという言葉を会話に投げ入れやすい。まるでサッカーの試合に怒涛のシュートを放つかのごとく、「俺、この1週間でかなり成長したと思うんだけど、付き合わない?」とか、「じゃ、もし俺が勝ったら付き合ってもらうってことで」とか。あくまで冗談っぽく。そういうキャラになれば、半永久的に相手を口説くことができる。これを今回でも活かしてほしい。
例えば、鼻歌で急に結婚ソングを歌う、もしくはデートの待ち合わせをウェディングドレスのショーウィンドウの前にする、もしくはデートの最中、「どっか行きたいとこある?」と言われたら「じゃ、ちょっと区役所でも寄ってく?」と言い、「だって反応が面白いんだもん?」と結婚をギャグにする。男は、本音を冗談でうまくコーティングできる女をすごく可愛いと思うし、さらに、「こんなこと言う女に本当にプロポーズをしたらきっと喜んぶだろうな」と想像をし始める。
通常ならNGワードとさせる「結婚」をあえて会話に放り込む。粘り強く男を結婚へと導く。

これで以上です!

しかし・・・婚活女子としては、最後の最後「別に結婚しなくても良い、一緒にいたいと思う人と一緒にいれば良い」っていうドラマの結末には納得できませんでした...そんな事言ってないで結婚しましょうよ!

ドラマの原作になったスパルタ婚活塾も今、読んでいるところです。ドラマよりさらに激しくズバズバ突き刺さして来ますが面白いです。
こちらも是非オススメです。みなさんも婚活頑張りましょうね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

The following two tabs change content below.
紅子 (ライター)
埼玉在住の28歳。婚活パーティーで出会った素敵な男性と無事結婚♪平穏な日々をくっております。恋愛ドラマやアニメが大好きで、恋愛ドラマ・アニメに影響された婚活成功のノウハウをご紹介

編集長オススメ婚活パーティーランキング

婚活マニュアルZ(ぜっと)の編集長が実際に参加した体験を元に、また読者の方からの口コミ・申込数をベースに婚活パーティーをランキング!

これからご紹介する3つはどれもオススメですのでまだ参加したこと無い婚活パーティーがあれば要チェックです。

No.1 PARTY★PARTY(パーティーパーティー)


わたくし編集長も最も多く参加していたのがこの「PARTY☆PARTY」です。またユーザー読者様からの申込数・口コミ・評価でもNo.1でした。

No.1の理由はスタッフのフォローの良さや婚活パーティーの種類の多さ、またカップル成立率の高さが評価されております。
文句なしの一番オススメ婚活パーティー「PARTY☆PARTY」ですが、様々な種類のパーティーやキャンペーンも実施しておりますので是非チェックしてみてください。

料金改定(定価down)で、もっと参加しやすくなりました♪
4月27日(木)以降に開催される全てのパーティーについて 料金改定(定価down)しました!
詳細:PARTY☆PARTY公式サイトでご確認ください。

No.2 婚活パーティー【YUCO.(ユーコ).】

当日参加OKの婚活パーティー | YUCO.(ユーコ)


今、一番勢いのある婚活パーティーといえばYUCO.(ユーコ)です。mixiグループが主催しており当サイトからの申込も急激に伸びております。
有名IT関連と出会える婚活パーティーやラグジュアリーなレストランでの合コン形式のパーティー、また猫好きが集まる「ねこんかつ」など他社とは一線を画した婚活パーティーを多く開催。

早期の申込で割引もありますので、是非チェックしてみてください。

早割キャンペーン実施中
10日前までパーティー予約すると最大30%OFFのキャンペーン実施しております。
詳細:YUCO.(ユーコ)公式サイトでご確認ください。

No.3 OTOCON(おとコン)


編集長おすすめ結婚相談所「パートナーエージェント」が主催する「おとなの婚活パーティーOTOCON(おとコン)」。
その名の通りおとな向けで少人数&時間長めでじっくり話すタイプの婚活パーティーが多く開催されております。

こちらも各種キャンペーン実施しておりますので、参加したこと無い方はこの機会にチェックしてみて下さい。

各種キャンペーン実施中
「早割」・「友割」・「誕生月割」などWEB申込限定キャンペーンを実施しております。
詳細:OTOCON(おとコン)公式サイトでご確認ください。

【今月の厳選おすすめ記事5本】

婚活パーティー 1

婚活ブームの昨今、婚活パーティーに参加してみようかな、と思っても「たくさんあって一体どの婚活パーティーが良いのわらかないよ」って人、多いと思います。 婚活パーティー運営会社は大規模で運営しているところ ...

婚活パーティーで人気の男 2

婚活パーティーは戦場です。 磨き上げた第一印象、短時間でのトーク術、少ないプロフィールカードでの表現力、婚活パーティーでカップルになるにはこれらの力が求められます。特に女性が「待ち」で男性が「攻める」 ...

結婚相談所を利用して成婚 3

今回は、当サイトがおすすめする結婚相談所をランキング形式でご紹介いたします。 結婚相談所への登録を悩んでいる方も多いと思います。かくゆう私も結婚相談所に登録するのに悩みました。   &nbs ...

4

  婚活パーティーは最も効率の良い婚活手法ではありますが、婚活パーティーで成果を出すためには第一印象(ルックス)とそれなりのスペック、そして高度なトークスキルが要求されます。 一人あたり1~ ...

全額返金 5

最近、婚活パーティーを開催する運営会社が続々と増えております。 各社参加者を増やそうと様々なプランや企画、そして割引制度・期間限定のキャンペーンを実施しております。今回はそんな主要婚活パーティーの割引 ...

-ドラマ・漫画・書評
-, , ,

Copyright© 婚活マニュアルZ(ぜっと!) , 2017 AllRights Reserved.