婚活マニュアルZ(ぜっと!)

婚活を成功へと導くための婚活情報メディア

WPPのタイトル

只今の人気記事TOP3

成功テクニック

元カレ・元カノの話をする人はNG!その心理とは?

更新日:

婚活は結婚相手を探すべく出会いの場に積極的に出ていき、それまでの過去を知らない異性と出会い、そして結婚前提のお付き合いをします。

その結婚前提の交際をしていく中でいろんな過去の話、未来の話をするのですが、「元カレ・元カノ」の話をするって一体どうなんでしょうか今回はそんな「元カレ・元カノ」話をすべきなのか、またしてくる人の心理とは?に迫ってみました。

 

スポンサーリンク

元カレ・元カノの話する事はどうなのか

元カレ・元カノ話

 

婚活で知り合った交際中の異性に対して元カレ・元カノの話をすることはどうなのでしょうか?結論から言いますと、多くの人が交際相手の「元カレ・元カノ」の話をされえることについて「嫌だ!」と考えております。

 

元カノの話する男性って何!?自慢したいの?
元カノと私を比較しないでほしい!本当に失礼。
「元カレの嫌なところは・・・」って知らない人の悪口別に聞きたくないよ

 

筆者も元カノ聞きたくありませんし、特に教えたいととも思えません。

元カレ・元カノの話をされると、どこかで比較されている感じや「まだ吹っ切れてないのかな」と不安に思ってしまいます。婚活で出会った人とはできるだけ短期間で結論を出したいと思っておりますので、不安が残った状態では前に進めません。

ただ、中には「元カレ・元カノ」の話を聞きたい!という人もおります(特に若い女性)。とはいえ自分で聞いておいて正直に話すと機嫌が悪くなったりしますので要注意です。

 

「元カノの話聞きたーい♪教えて!」

 

いずれにしても婚活での交際では元カレ・元カノの話は相手から聞かれない限り言う必要はありません。また聞かれても少しだけ話しをし、全てを正直に言う必要もないです。

 

スポンサーリンク

 

 

実際に筆者が経験した「元カレ・元カノ」話びっくりエピソード

びっくりエピソード

筆者がが実際に婚活中に経験した「元カレ・元カノ」話に関するびっくりエピソードをご紹介いたします。

 

1.元カレとの交際中に書いたブログを読まされた

婚活サイトで知り合い交際していた30代女性。とにかく元カレの悪口を言う女性で、「元カレは連絡全然くれなかった」や「元カレは遅刻が多かった」など、その程度は良いんですが「元カレと2年間同棲してたけど全然家事をしてくれなかった」「元カレと一緒に住んでいる時に・・・」と同棲話まで暴露されました。

本当は聞きたくなかったのですが「私が嫌だった男のタイプは把握してほしい」という意味不明な理由で、デートのたびに毎回のように元カレの話&悪口を聞かされることに。

そんな日々が続いたある日、「 私と結婚前提に付き合うならこれを読んでほしい」と元カレと付き合ってから別れるまでの3年間を綴ったブログを読まされました。「そんなもの読みたくない」と言っても「これを読む事がこれから長く付き合うにあたって重要なことなの!」と言うその女性。

しぶしぶ読んでみたら、付き合った当初のラブラブバカップルから始まり、最後別れる1年間は連日のように元カレの悪口・批判の記事オンパレード。5,000文字級の長文で元カレの悪口・罵詈雑言・誹謗中傷が書かれているをブログを読んで、その女性とは別れることを決意しました。

 

スポンサーリンク

 

2.元カレとの修羅場エピソード

婚活パーティーでカップルになった20代の女性。物静かであまり話さないタイプの女性でした。
せっかくカップルになったのでパーティー終了後、近くのカフェで二人でお茶をすることに。婚活パーティーでは1,2分しか話してなかったので、お茶をしながらいろいろとお互いのことを話そうとしたところ、彼女が急に数日前まで付き合っていた元カレの話をし始めました。

その元カレとは、同じ婚活パーティーで知り合った30代の大企業に勤める男性。1年くらい付き合ったらしいのですが、彼の浮気が発覚して最近別れたとのこと。

その時に「仕返しをした」と嬉しそうに語っていたのがこちら。

 

・彼の職場に「○○(元カレの名前)は女を弄ぶ最低の浮気男」と書いた紙をFAXで送った。
・合鍵があるので彼の家にいって、雨の日でしたが布団を窓から捨てた(「なぜ布団なの?」と聞いたら、「浮気女と寝ていたと思われる布団だから」とのこと)

 

その後も元カレと色々と揉めたようですが、先日解決したので今日婚活パーティーに参加しました、のことでした。その後笑顔で解散してフェードアウトしました。

参考気にならないフェードアウト(FO)やカットアウト(CO)の方法

 

3.元彼と自分の両親が仲良かった話

婚活パーティーで知り合った20代の女性。その後交際に向け何度かデートをしていたのですが、たびたび元カレとの思い出話をする女性でした。

「元カレと私の両親が仲良くて、よく家に食事にきたり泊りに来ていた。」「私の親が元カレの事、相当気にいっていたから別れたとき親が悲しんでいた」や「元カレとは結婚を前提に家族ぐるみだったから別れて辛い」とのこと。

よくよく聞いてみると別れた彼を忘れるために婚活パーティーに参加したものの彼のことが忘れられれない、ということでした。結局その女性は数週間後に元カレとヨリを戻しました。

 

スポンサーリンク

 

 

元カレ・元カノの話をする人の心理とは?

その心理とは

それでは元カレ・元カノの話を自分からする人の心理は一体どのようなものなのでしょうか?

 

元カレ・元カノを忘れられない

先の「実際にあった話」でもご紹介しましたが、なんだかんだ言って 「元カレ・元カノ」の事を忘れられてないケースです。デートしている最中にもに元カレ・元カノのことを思い出してしまい「あー、ここ、元カレと一緒に行ったことある」と思わず言ってしまうのです。

心の何処かでは元カレ・元カノが忘れられてませんので、このことを解決しなければ先に進めないです。

 

参考別れた人とよりを戻すべきではない理由

 

別れた原因の正当化

元カレ・元カノとケンカ別れをしたケースで多いのが「私は悪くない!」と主張したい一心で元カレ・元カノの悪口を言うパターンです。「元カレが付き合っている時に○○って言われたんだけど、酷いと思わない!」と言ったように「元カレ悪い=私悪くない」と同意を求めてきます。

よくよく聞いてみるとその元カレは別に悪くなかったりします。

場合によっては、自分を正当化するために別れた元カレ・元カノの悪口を言う人は、非常に自己主張が強く、自分は間違ってない!という考えで常に迫ってきますので、その辺理解してお付き合いしたほうが良いでしょう。

参考「結婚できない女」を調べていたら理由は3つに集約されました

 

今カレ・今カノへの要求

要求

元カレ・元カノの良かったところ・自慢話をしてくる人は、今カレ・今カノへ同水準以上の要求をしている可能性があります。例えば「元カレは、デート代全部出してくれた」「元カノはよく手料理作ってくれる人だった」などと言う人は明らかに今カレ・今カノに対して同じようにして欲しいと要求をしております。

こんな要求されたらあまり良い気分はしませんね。

 

ヤキモチを焼かせたい

元カレ・元カノの話をしてヤキモチを焼かせようとしている可能性もあります。今カレ・今カノが愛情表現少ない人の場合など、元カレ・元カノの話をすることで拗ねるところを見てみたいのです。それによって自分への愛情を確かめているのです。

ヤキモチを焼かせたい、と思っている時点で愛情表現が上手ではありませんね。まだまだ子供なのでしょう。

 

単純に無神経

男性に多いのが単純に無神経なだけの場合もあります。無神経なので部屋に元カノが忘れていった化粧品や小物をそのまま置いていたりします。悪気はないのでしょうが、気遣いがちょっとできない人ですね。

 

--- 編集長おすすめの婚活EQ診断【PR】 ---

 

 

知りたいのは元カレ・元カノとの思い出ではなく「別れた原因」

13062

 

元カレ・元カノの話を積極的にしてくる人は、このように心に問題を抱えている可能性があります。そもそも人が聞きたくない話を積極的に話してくる、という時点で配慮に乏しい人ですよね。

ただ、婚活において元カレ・元カノのことを全く話題にしないということでもなく、知ったほうが良い部分もあります。それは元カレ・元カノと「別れた原因」です。

 

  • 元カレがギャンブルにはまっていた
  • 元カレが浮気した
  • 元カノが浪費家だった
  • 元カノは束縛が酷かった
  • 元カレが暴力的だった

 

など、元カレ・元カノとの別れた原因を知ることで、「自分も気をつけなければ」となります。「元カレがギャンブルにはまっていた」のが原因で別れた女性と付き合う場合は、自分をギャンブル関係には気をつけなければなりません。「元カノの浪費癖が嫌だった」という男性と付き合う場合は、少なくとも彼の前では財布の紐をしっかり結ばないといけません。

またどうしても自分が改善できない内容であれば、その人と付き合うことは難しい場合位もありますので、その点は早めに話し合う必要があります。

このように元カレ・元カノの話で知っておく必要があるのは「別れた原因」なのです。

 

スポンサーリンク

 

 

元カレ・元カノの話をする人はNG!その心理とは?

いかがでしたでしょうか。

婚活において元カレ・元カノの話を積極的にする必要はありません。また相手が積極的に話してくる人の場合、いろいろと問題を抱えている可能性がありますので、その心理を見抜いて解決させましょう。

元カレ・元カノと「別れた原因」は抑えつつ、過去の話ではなく二人の将来に向けての話をしてきましょう。

 

あわせてこちらの記事もどうぞ

 

 

 

【必見】「私って結婚できるの?」自分の本当の【婚活力】を調べましょう

悩める紅子
「婚活サイトにも登録して婚活パーティーにも参加しましたが全然カップルになれません!いろいろなアドバイス記事を読んでも自分は結婚できるのかどうか、とても不安です…」

婚活アドバイザー柴太郎
「自分の問題点って自分ではわかりませんからね。でも大丈夫です。安心してください。そんな人に「自分が結婚できるのかどうか」を調べる診断があります。多くの人がこの診断を受けて、驚いたことに中には半年で結婚できた人もいます。

紅子
「え!?そんな診断があるんですか!私も受けてみたいです!」

柴太郎
「これは無料の診断で、実は私も受けたことがありますが、たったこれだけでも今後の婚活が劇的に変わり、これのおかげで私も無事に成婚できました。 こちらで詳細をまとめてありますので、「結婚できないのでは」と婚活に悩んでいる人は一度ご覧になって下さい。」

 

婚活EQ診断

>>自分の本当の【婚活力】知ってますか?無料婚活力診断テスト<<

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • この記事を書いた人
柴太郎(婚活コンサルタント)

柴太郎(婚活コンサルタント)

このサイトの管理人。見た目は柴犬ですが30代後半の男(人間)。32歳から約3年間婚活をし35歳の時に結婚。それまで婚活パーティー200回以上、婚活サイト4社登録、結婚相談所2社登録、出会った女性も1,000人以上で婚活にかかったお金は3年で200万円以上。僕のように婚活で苦労せず「一人でも多く人が幸せな結婚ができること」を願ってこのサイトを立ち上げました。 【おすすめ記事】(体験談)親に「ごめん…もう結婚できないかも」と伝えた半年後に私が婚約できたワケ

https://kekkon.biz/profile/

2017年度No.1婚活サービス口コミ・評判ランキング大発表!

「婚活サイト」「婚活パーティー」「結婚相談所」各ジャンルのそれぞれの口コミ・評判ランキングを一挙ご紹介。各ジャンルのNo.1サービスを利用して幸せな成婚を目指しましょう!
実際に運営会社にも突撃取材も行っておりますので合わせてご覧になってください。

No.1婚活サイト「ブライダルネット」

婚活サイトNo.1はブライダルネット!婚活業界最大手企業のIBJが運営しており、毎月15,000人以上ものカップルが成立する日本最大級の婚活サイトです。業界トップクラスの婚活パーティーや結婚相談所なども運営しておりそのノウハウをもった専任スタッフ「婚シェル」がサポート。マッチング率が高くなっております。

 

無料会員登録からはじめられます
簡単1分登録可能!無料でプロフィール検索・あいさつ・日記投稿などの機能が利用可能です。
詳細:ブライダルネット公式サイトでご確認ください。

No.1婚活パーティー「PARTY★PARTY」

婚活パーティーNo.1はわたくし編集長も最も多く参加していたのがこの「PARTY☆PARTY」です。またユーザー読者様からの申込数・口コミ・評価でもNo.1でした。No.1の理由はスタッフのフォローの良さや婚活パーティーの種類の多さ、またカップル成立率の高さが評価されております。
文句なしの一番オススメ婚活パーティー「PARTY☆PARTY」ですが、様々な種類のパーティーやキャンペーンも実施しておりますので是非チェックしてみてください。

 

料金改定(定価down)で、もっと参加しやすくなりました♪
4月27日(木)以降に開催される全てのパーティーについて 料金改定(定価down)しました!
詳細:PARTY☆PARTY公式サイトでご確認ください。

No.1結婚相談所「楽天オーネット」

結婚相談所No.1は楽天オーネット(O-net)!No.1に輝いた理由は自社会員数が48,436人(2017年)と結婚相談所業界最大級の会員数と高い成婚率が人気の理由でした。「データマッチング」「WEB・会員誌」「写真検索」「婚活パーティー・イベント」「コーディネートサービス」といった5つの出会いのスタイルがあり、幅広く異性との出会いのチャンスがあります。

結婚チャンステスト実施中!
無料で結婚お相手候補のプロフィールが分かります。
詳細:無料“結婚力”診断テストでご確認ください。

-成功テクニック
-, , , , , ,

Copyright© 婚活マニュアルZ(ぜっと!) , 2017 All Rights Reserved.