実はみんな社内恋愛がしたい!ルールを守りながらアプローチ&交際するためのポイントとは

社内恋愛と聞くとタブーのイメージがあるため、会社で恋人や結婚相手を見つけることに抵抗を感じる方は多いでしょう。

しかし結婚相談所「アニヴェルセル総研」の行った統計によると、既婚者が出会ったきっかけの中で一番多かったのは「同じ職場」で24%でした。

実は社内恋愛をしている人・したいと思っている人はとても多く、さらに社内恋愛で出会ったカップルは結婚に結び付く割合が高いと言えます。

「出会いがない」と思っているあなたの職場にも、実はあなたの交際相手となる可能性のある人、さらにはあなたに脈ありサインを送っている人がいるかもしれません。

 

今回は、

  • 同僚、上司とどうやって恋愛関係になるのかきっかけが知りたい
  • 社内恋愛をしてみたいけど、周りの反応やタブーが気になる
  • 会社に好きな人がいるけど、アプローチの方法がわからない
  • 会社にバレずに社内恋愛を続ける方法が知りたい

という社内恋愛につきものの疑問について解説したいと思います。

あなたの周りにあるチャンスを逃さないためにも、ぜひ参考にして下さいね。

 

目次

ぶっちゃけ社内恋愛ってアリ?令和社会人の恋愛新常識とは

社内恋愛の可能性について考えたときに

「うちの会社では社内恋愛したい人はいないと思う」

「自分は同僚としか思われていない」

と思う人もいるかもしれませんが、果たして本当にそうでしょうか。

Cancam」によると、社内恋愛の経験がある人は実に4割に上り、半数近くが社内恋愛の経験があるという結果が出ています。

あなたが気づいていないだけで、実は身近にも社内恋愛経験者、社内恋愛中の人がいるかもしれませんね。

さらに時代とともに恋愛観が変わる中で、「社内恋愛はアリ」「社内恋愛してみたい」と考える割合は増え続けています。

 

社内恋愛は「アリ」が多数!

PRタイムス」が独身男女を対象に行ったアンケートでは「社内恋愛はありですか?」という質問に対し、

「あり」と答えた男性:72%

「あり」と答えた女性:64%

と男女ともに過半数が「社内恋愛はあり」とする結果が出ています。

さらに年代別に見てみると、男性で「あり」と答えた人の割合が一番高いのは「35~39歳」で77%、女性で「あり」と答えた人の割合が一番高いのも同じく「35~39歳」で69%でした。

年齢が高くなるほどに社内恋愛を「あり」と考える割合が上がっていることから、結婚を考えた相手を社内に探している人も多いということができます。

社内恋愛は当たり前のものになりつつあり、むしろ積極的に考える人のほうが多くなっているようです。

あなたの職場にも、実は社内恋愛に憧れる女子や、社内結婚について真剣に考えている男子がいるかもしれません。

 

女性よりも男性の方が社内恋愛に積極的

男女で比べると、男性のほうが女性よりも社内恋愛に積極的であることがわかります。

「社内恋愛はあり」と考える男性の意見を見ると、

  • 仕事への理解があるから
  • 他に出会いがないから
  • 接する機会が長く、相手について知ることができるから
  • 生活リズムが合うから

 

など、現実的な意見が多かったです。

同じ目標を持ち努力しあう中で、恋愛感情が生まれるのは自然なことだと考える男性が多いようです。

男性の場合は「他で出会う機会がない」「職業が異なると休みを合わせづらい」といった現実的な問題も大きく関係するようです。

 

対して女性の意見には、

  • 好きな人といつも一緒にいられるから
  • 休みを合わせやすいから
  • 人間性、仕事ができるかなどがわかるから
  • 近くにいられるので安心(浮気の心配が少ない)

 

といった理由がありました。

女性の場合は一緒にいる安心感をメリットと考える人が多いようですね。

ここで少し気をつけたいのは、男女ともに少数ながら「スリルを味わえるから」と回答する人がいたという点です。

秘密で付き合うことにはスリルが伴うため、「隠しながら交際をするドキドキが楽しい!」なんて考えの人もいます。

2人で秘密を共有することでスリルを楽しんでいるだけなら問題はないかもしれませんが、スリル目的で社内恋愛をする人は、他の人とも同じように恋愛をする可能性があります。

 

ごく稀ですが、

  • 実は複数の男性社員と「真剣交際」を重ねている女性社員
  • 複数の部署の女性社員と恋愛を同時進行する男性社員
  • 新入りの社員に必ず手を出す社員

など、社内恋愛のドロ沼にはまっている人もいるのです。

「他の人には秘密」という関係が、他にも相手がいることが発覚するのを遅くしてしまうようです。

相手があまりにも社内恋愛に積極的だと感じた場合には、少し様子を見てみるのも手ですね。

 

社内恋愛は結婚に繋がりやすい

すでに見たように、社内恋愛は結婚に至る可能性が非常に高いです。

その理由として、仕事を一緒にすることで以下の点を観察できるというメリットが挙げられます。

  • 責任感の強さ
  • 他の人との接し方
  • 人間性
  • トラブル対処能力
  • ストレスを感じたときにどう反応するか
  • 交友関係

これらの点は交際相手、結婚相手を探すときに非常に重要なポイントとなります。

デートを重ねるだけではわからない部分ですし、上記のポイントがわかっていれば安心して付き合うことができますよね。

すでに会社である程度その人について知っている分、交際後にはスムーズに結婚に至る可能性が高いのです。

 

社内恋愛「絶対ナシ」と考える人の理由は?

とは言え、全体の3~4割が「社内恋愛はなし」と考えているのも事実です。

社内恋愛はなしと考える人には大きく分けて2つのパターンがあり、

「会社に迷惑がかかる」

と考えるているか、

「バレたとき、終わったときに面倒」

と考えているかのどちらかと言えるでしょう。

会社での恋愛がタブーとされているのは、

 

  • 集中力、仕事量が低下する可能性がある
  • 上司と部下の関係の場合、正当な評価がされなくなる=他の社員と比べて不公平になる
  • 他部署の場合、秘密事項の情報漏洩などがあり得る

 

など会社や他の社員の利益に関わる問題が起こる可能性があるからです。

責任感の強い人や、役職についている人ほど、社内恋愛はしないと決めているかもしれませんね。

また社内恋愛を面倒だと感じる人は、バレたときに周りの人との関係がぎくしゃくすること、交際が終わったときに働き辛くなることなどを心配しているようです。

協調性を大切にする人や繊細な人は、社内恋愛の後のリスクを考えて恋愛を控えているかもしれません。

もしあなたが会社に好きな人がいる場合、このように社内恋愛に消極的な人であれば近づき方を工夫する必要があります。

反対に相手が社内恋愛に積極的だとしても、近づき方を間違えるとその後の関係が気まずくなり仕事がしづらくなるでしょう。

ここからは、実際に社内に好きな人がいる場合、どのようにアプローチすれば成功率が高まるかを考えたいと思います。

 

社内恋愛で成功する上手なアプローチ方法

会社内に好きな人がいる場合、通常の恋愛とは異なりアプローチの仕方に注意する必要があります。

近づき方によってはその後の仕事がしづらくなる可能性があり、失敗した時のリスクも高いからです。

できればその後の仕事に影響しないように、かつ成功率の高い形でアプローチしたいですよね。

社内恋愛のアプローチの鉄則は「焦りは禁物」です。

有効なアプローチ方法について詳しく見てみましょう。

社内恋愛のアプローチは時間をかけて慎重に

会社に気になる人ができた場合は、焦る気持ちを抑えて時間をかけたアプローチをおすすめします。

理由として以下の点が挙げられます。

 

・社内恋愛が成功する秘訣は「相手を知っていること」だから

 

いくら同じ会社でも、あまり接したことがない人なら相手は「人柄を知っている安心感」は抱けず、社内恋愛のメリットがあまりありません。

社内恋愛でリスクがあるだけでなくあまり知らない人となると、断られる可能性が高くなります。

 

・相手が対応に困るかもしれない

相手との関係性によっては、アプローチすることで困惑・緊張させてしまい、相手の仕事に支障が出る可能性があります。

 

・周りに口出しされる

あからさまにアプローチすると、周りに感づかれてよからぬ噂を立てられたり、ひどい場合には嫌がらせを受けるかもしれません。

自分だけでなく、相手にも迷惑がかかる可能性があるということですね。

まずは「自分を知ってもらう」こと、そして「焦らずに行動すること」が大切なのです。

そのためには、最初はグループで知り合うことをおすすめします。

複数人が参加するイベントであれば相手も不信感を抱きませんし、自然な形で自分を知ってもらうことができます。

相手と個人的な関係ができたら、頃合いを見て仕事の相談などをしてみましょう。

共通の関心事である仕事の悩みを話すことで、相手との距離がぐっと近くなります。

あなたが男性であれば、相手に「責任感のある人だな」と思ってもらえるチャンスになるでしょう。

あなたが女性なら、相手は頼りにされたことを嬉しく思い、あなたを支えてあげたいと思うかもしれません。

そのように個人的な会話をしていると自然に連絡先を交換できますし、電話やラインで相談を続けることは親密さが増すきっかけともなります。

焦らずに相手の反応を見ながら少しずつ進めることで、アプローチの成功率は高くなるでしょう。

 

 

社内恋愛でアプローチが失敗した場合

では社内恋愛でアプローチが失敗した場合はどうなるのでしょうか。

万が一失敗したときに備えて、その後の対策を考えておきましょう。

さらに成功して交際がスタートした場合にも考えておくべきリスクがあるので、アプローチの前に合わせて確認しておきたいと思います。

振られた場合、気まずくなる覚悟を

相手の気持ちが100%わからない以上、勇気を振り絞った結果振られる…という可能性もあります。

そんなときはその後の仕事がしづらくなりますし、しばらくの間は気まずさが続くでしょう。

しかしあなたの側がこれまでと変わらない振る舞いを心掛けるなら、しだいに気まずさは薄れていきます。

このとき絶対に避けたいのは、

  • 自分を振った相手を避ける
  • 他の社員に相談する

といったことです。

 

そのようなことをすれば、相手との仲はますます気まずくなり、どちらかが部署を異動しなければならなくなるかもしれません。

悲しい気持ちは抑え、大人に対応しましょう。

 

上司から部下へアプローチする場合は要注意

アプローチのときに特に気をつけるべきなのは、上司が部下に好意を寄せている場合です。

部下である相手もあなたに気があるなら良いですが、そうでない場合には「パワハラ」「セクハラ」と訴えられてしまう可能性があるのです。

上司は立場上部下を評価する立場であるため、その立場を利用して関係を強要している…と相手が感じた場合には「セクハラ上司」と認定されてしまい、最悪の場合社内にその噂が知れ渡ってしまうでしょう。

あなたの立場、評判、今後の昇進などに関わる問題となるかもしれません。

加えてあなたが上司の場合、相手は媚びを売ったり機嫌を取ろうとしてくる可能性があるため、本当に気があるのかどうかを見極めにくいというデメリットもあります。

「自分にだけ態度が違う」

と感じて好意を確信して告白しても、実は相手は何とも思っていなかった…なんて事態も生じ得ます。

そんな惨事を避けるためにも、慎重な行動が必要です。

仕事が関係しない連絡でもすぐに返信があるか、プライベートの話はできるか、などから相手が仕事以外でも自分に心を開いているか探ってみましょう。

かなりの高確率であなたに気があると判断した場合、そしてリスクがあるとしても気持ちを伝えたいと思ったときのみ、行動に移すようにしましょう。

 

交際する場合は、お互いにルールを守ることで長続きする

晴れて交際がスタートした場合でも、油断は禁物です。

社内恋愛を成功させたカップルの多くは、ルールを決めてそれを守って行動しています。

ルールを作らず無計画に社内恋愛をスタートさせてしまうと、公私混同して周りに迷惑がかかったり、周りにバレて社内の士気が下がったりと様々な弊害があります。

具体的には、お互いの対応、周りの人への配慮を考えたルールを作ると長続きする関係を築くことができます。

  • 社内ではフレンドリーに話す
  • 2人の関係は誰にも話さない
  • 休暇のタイミングはずらす

など明確なルールがあると、2人ともが様々な事態に上手に対応できるでしょう。

せっかく交際をスタートさせたなら、できるだけ長続きさせたいですよね。

 

交際がバレた場合には仕事への支障・周りからの嫌がらせがあるかも

では気をつけていたにも関わらず、交際がバレてしまった場合にはどのようなことが起こるのでしょうか。

会社が社内恋愛を厳しく禁止している場合、どちらかが責任を取る必要があるかもしれません。

社内恋愛に寛容な社風であったとしても、周りが全員応援してくれるとは限りません。

「仕事に影響が出る」とマイナスのイメージを持つ人だけでなく、嫉妬ややっかみの対象となる可能性があります。

「仕事をロクにしていない」など、根も葉もない噂を立てられることもあるでしょう。

いつもは何も言われなくても、ミスをした時に「恋愛にうつつを抜かしているから」と責められてしまうかもしれません。

さらに女性の場合、特に年上の女性社員から嫌がらせを受けるかもしれません。

事実、社内恋愛がバレてから他の女性社員からの嫌がらせに耐えられず、結局退職した…というケースは意外と多いようです。

これらのリスクを考えると、社内恋愛はできる限り隠し通すほうが賢明であると言えますね。

破局した場合、どちらかが辞めることが多い

周りからのやっかみよりも大変なのが、社内恋愛が破局した場合です。

周囲の反応は2人で立ち向かうことで乗り越えることができますが、破局後の気まずさはそれ以上に仕事を続けることを難しくするものです。

破局後には振った側も振られた側も気まずくなるため、どちらかがその部署、または職場を去ることも非常に多いです。

恋人とともに仕事も失ってしまうとしたら、破局から立ち直るためにはかなり時間がかかりそうですよね。

付き合い始めの頃には破局後のことなんて考えられないかもしれませんが、仕事を失うリスクがあることをお互いが踏まえた上で、お付き合いをスタートさせる必要があります。

 

これって脈アリ?仕事仲間があなたに気がある場合の見分け方を紹介

毎日行く会社で、あなたに気があるそぶりを見せる人がいるかもしれません。

あなたも徐々に気になってしまいますが、

「仕事仲間だから優しいだけかも」

と思うとなかなか行動に移すことができないでしょう。

しかし相手も社内恋愛ゆえにアプローチをためらっている場合、どちらかが動かなければ関係は永遠に発展しません。

ここで、社交辞令とは異なる「気があるサイン」の見分け方を伝授したいと思います。

当てはまる数が多い分だけ、あなたに気がある可能性は高くなるでしょう。

 

【男性向け】仕事仲間があなたに気がある場合のサイン

女性があなたに気がある場合、自分を女性として意識させるためのテクニックを利用するかもしれません。

・仕事の相談をしてくる

・飲み会で隣の席に座ってくる

・自分と同じ飲み物や料理を注文する

これらは、気を引きたい相手に対して女性が行う恋愛テクニックです。

さらに、

・目をじっと見て話を聞く

・一緒にいるといつも笑顔

・恋愛観など、個人的な質問をしてくる

などは、女性が好きな相手に自然に取ってしまう行動です。

相手の女性が、好きな人に自然に取る行動だけでなく恋愛テクニックも利用している場合には、あなたに好意がある可能性はかなり高いでしょう。

【女性向け】仕事仲間があなたに気がある場合のサイン

男性の場合は表情や態度に好意が表れることが少ないので、気があるか断定するのが難しいでしょう。

しかし次のポイントが当てはまるなら、相手があなたに好意を持っている可能性が高いと言えます。

・よく目が合う

・ミスをかばってくれる

・自分にだけ笑顔で話しかけてくる

・自分だけ呼び方が違う

・プライベートな質問をしてくる

・2人きりの食事に誘われる

他の人にはそっけなかったり冷たかったりする彼が、あなたにだけ笑顔だったり親しみを込めた呼び方をするならば、あなたを特別な存在として見ていると言えます。

さらに2人きりで会うお誘いがあれば、気がある可能性は一気に高まります。

男性は気のある女性にはとにかく優しくしたくなるものですので、休みをとった日に心配したメールがきたり、何かにつけて差し入れがあったりする場合にも、気があると考えて良いでしょう。

 

みんなはどうやって付き合った?社内恋愛のきっかけリアルエピソード

社内恋愛に憧れる人が多いとはいえ、

「自分は異性として意識されていない」

「気になる人がいるけど、距離が縮まらない」

と悩む方もいるでしょう。

ここで、実際に社内恋愛が始まったきっかけ・エピソードを見てみましょう。

・「飲み会で連絡先を交換したのがきっかけで、付き合うことになった」

他部署の人や、普段接することのない人の場合、飲み会の席で仲良くなるのが自然な展開です。

会社では見せない顔にドキッとしてしまうこともあるようです。

・「同じプロジェクトで仕事をするうちに仲良くなった」

同じ目標に向かって努力し常に一緒に行動することで仲間意識が芽生え、そこから恋愛に発展することもあります。

また同期で入った人は仲間意識が強いため、意気投合して付き合うようになるケースも多くあります。

・「仕事をする姿に惹かれた」

女性であれば、男性が仕事を手伝ってくれたり、テキパキと仕事を片付ける姿にキュンとするものです。

男性も、女性が真剣に仕事に取り組む姿を見て信頼や尊敬を抱き、やがて特別な存在になることがあります。

・「告白されて気になるようになり、付き合い始めた」

何とも思っていなかった人から告白されたものの、信頼関係はあったので付き合うことにした…という人もいます。

一緒に働いてある程度人となりがわかっているからこそ、「付き合ってみよう」と思えるのかもしれませんね。

このように社内恋愛では自然な流れで交際に至るケースがほとんどですが、勇気を出して行動した結果成功に至ったケースもあります。

あなたに合ったきっかけを見つけて、社内恋愛のチャンスを広げてみましょう。

 

これだけは守るべき!社内恋愛の4つのルール

社内恋愛は他の恋愛と異なり、会社や同僚への影響が大きいというリスクがあります。

社会人として最低限のルールを守ることで、周りに迷惑をかけずにお付き合いを続けることができ、嫌がらせを受ける可能性も少なくなるでしょう。

自分と相手、そして周りの人のために覚えておくべき4つのルールを紹介します。

 

公私混同を避ける

社内恋愛で周りから迷惑がられるのが、「個人的な問題を仕事に持ち込む」ことです。

・仕事中に2人で会話、メールしていて業務が進まない

・他の社員よりも交際相手を優遇している

・ケンカしていると周りが気まずい

など、2人の関係により業務に支障が出てしまうのは社会人として失格です。

交際相手のみを評価したり昇進させるのは、もってのほかです。

仕事とプライベートをきっちり分けることができる人でなければ、社内恋愛を長続きさせることはできないでしょう。

 

基本は秘密!公表するなら慎重に

社内恋愛を公表するかどうかは人それぞれです。

しかし、多くのカップルは結婚の話がでるまでは秘密にするという選択肢を選んでいます。

その理由は、

・万が一別れたときに気まずいから

・周りに気を遣わせたくないから

・人間関係が複雑になるのを避けたいから

・彼(彼女)を狙っている人からの嫌がらせを避けるため

・周囲からのやっかみを避けるため

などがあります。

公表する場合には、上記のリスクがあることを充分に考え、最低限の人への報告だけにとどめておきましょう。

 

嫉妬は厳禁

社内恋愛でトラブルとなるのが、どちらかが嫉妬を抱くゆえに仕事がやりづらくなる場合です。

「あの人と残業しないでほしい」

「あの人と出張に行くのはやめてほしい」

など、嫉妬ゆえに業務内容にまで口出ししてしまうと、相手や仕事仲間にとって大きなストレスになります。

同じ職場だからこそ気になることがあると思いますが、相手を信頼して広い心を持つことが大切です。

社内恋愛を繰り返す人に注意

最後に社内恋愛を始める前に注意するべきポイントです。

あなたの好きな人、またはあなたに気がある人は、社内恋愛の常連ではないでしょうか?

社内恋愛のお悩み相談を見ていると、必ずと言っていいほど

「相手が社内恋愛を繰り返す男(女)だった」

という話があります。

特に新入社員、新しく部署が変わった人、転職で入ってきた人などは社内恋愛常習犯の獲物になりやすく、

「付き合ってから、相手の元カレ(彼女)が社内に複数いると知った」

となってしまう可能性もあります。

新しく入ってくる何も知らない人を狙う人もいれば、巧妙に社内恋愛を隠して複数の人と同時交際している場合もあります。

社内恋愛を繰り返す人はほとんどの場合、恋愛のスリルを楽しんでいるだけで真剣に交際をしていないものです。

もし交際を始めるなら周りからは好奇の目で見られ、社内にいる元恋人とは気まずい関係になり、とても仕事がしづらくなるでしょう。

社内恋愛から交際がスタートしそうなら、さりげなく周りに相手の人となりについて聞いてみると良いでしょう。

もしすでに交際をスタートしているなら、相手が真剣に交際していないとわかった時点で早めに関係を終わらせるのが賢明です。

社内恋愛がバレる瞬間は?バレないために気をつけるポイント

最後に、社内恋愛の成功に深く関わる「バレずに付き合う方法」について考えたいと思います。

なぜバレると大変なことになってしまうのか、どんなときにバレてしまうものなのかを簡単にまとめてみました。

社内恋愛がバレるとこんなリスクが

すでに解説しましたが、社内恋愛には

・グループの士気の低下

・情報漏洩の恐れ

などのリスクがあるため、会社に社内恋愛がバレると部署を異動させられたり、グループ・担当を外されたりする可能性があります。

どちらかが、あるいは両方の仕事内容に影響が出るわけですね。

さらに周りからは好奇の目で見られるか、あるいは「迷惑な人」「非常識な人」というレッテルを貼られて嫌がらせを受けるかもしれません。

よほど社内恋愛に寛容な会社でない限り、理解者は少ないと考えたほうが良いでしょう。

社内恋愛がバレると、将来的にも大きな影響があります。

まずどちらかが上司の場合は「部下に手を出した上司」というレッテルが貼られ、周りからもそのような目で見られます。

それだけでなくもし別れたときには、相手と会うだけでも気まずいのに周りがみんな腫れ物に触るような扱いをしてくるかもしれません。

いたたまれなくなり退職してしまう人もいるほどです。

自分、相手、仕事内容、そして将来にも影響する可能性があるので、極力バレないように努力しましょう。

社内恋愛がバレてしまう瞬間

「必死に隠していたのにバレてしまった」

というカップルは、何が原因で周りにバレてしまったのでしょうか。

ここで、社内恋愛がバレる代表的な原因をご紹介します。

・目撃される

休みの日、会社帰りなどに2人でいるところを目撃されることがあります。

目撃されてしまうとその後言い逃れをするのが難しくなるので、極力見られないように工夫するのが大切です。

・感づかれる

2人で話している雰囲気、会話の内容、行動範囲などから「あの二人あやしい」と思われるパターンです。

社内には必ず「勘のするどい人」がいるもので、そのような人は一度あやしいと思うとずっと2人を観察するものです。

感づかれてしまう原因を作らないよう、最低限の接触のみにとどめるのが最善でしょう。

・自分で墓穴を掘ってしまう

意外とありがちなのが、自分から証拠となる発言をしてしまうパターンです。

休みの日に同じ場所にいたことを話してしまったり、親しい人しか知らない情報を口走ってしまうこともあります。

さらに冗談半分で「2人ってつきあってるの?」と聞かれたときに、決定的な証拠をつかまれたと勘違いして

「うん、実は…」

と打ち明けてしまう人もいます。

焦らずにとりあえず知らないふりをしてみると、相手も意外とすんなりと諦めるものですよ。

バレずに社内恋愛を続けるためのポイント

以上の点を踏まえて、社内恋愛を隠し通すために必要なポイントをまとめました。

・会社の行き帰りは別にする

・会社の近くでは会わない

・休暇は別々に取る

・社内では必要最低限の会話しかしない(よそよそしすぎてもNGなのでほどほどに)

・相手の私生活の話題については基本ノーコメント

・2人の関係を聞かれても、焦らずに対応する

これらのポイントに気をつけていれば、社内恋愛がバレて気まずい思いをすることも少ないでしょう。

まとめ

社内恋愛は結婚に繋がりやすいだけでなく、全体の6割ほどの男女が「社内恋愛はアリ」と考えています。

あなたには、ちょっと気になる同僚・「もしかして自分に気があるのかな」と感じる先輩や後輩がいるでしょうか。

もしかしたらそのお相手も、社内恋愛に積極的な方かもしれません。

社内恋愛のアプローチを成功させるためには、焦らずじっくりと自分を知ってもらいながら距離を縮める必要があります。

飲み会などの社交的な場を利用したり、仕事を手伝うなどの気遣いを示して相手に自分の存在をアピールしましょう。

社内恋愛のチャンスを逃さないために、あなたへ向けられた「気があるサイン」を見逃さないようにしましょう。

相手が女性の場合、仕事の相談や個人的な話をしてきたり、飲み会や休憩時間にいつもあなたの近くにいるならば、あなたに気がある可能性が高いです。

相手が男性の場合、あなたの仕事を手伝ってくれたり、あなただけに特別な呼び方、特別な対応をしているならば好意がある可能性が高いでしょう。

あなたも相手のことを良く思っているなら、早めに行動しましょう。

しかし社内恋愛には以下のようなリスクもあります。

・業務内容に影響が出る

・周りから嫌がらせされる

・破局後にはどちらかが辞める場合が多い

そのため、社内恋愛をする際には次の4つのルールを守りましょう。

1.公私混同しない

2.基本は秘密

3.嫉妬は厳禁

4.社内恋愛の常習犯に気をつける

さらに周りにバレないためのポイントを抑えて交際することで、自分と相手、また周りの人にとっても良い結果が得られるでしょう。

好きな人とずっと一緒にいられる社内恋愛は、男性にとっても女性にとってもハッピーな恋愛と言えます。

ぜひ社内恋愛を上手に楽しんで、仕事も恋も成功させましょう。

【必見】「私って結婚できるの?」自分の本当の【婚活力】を調べましょう

>>自分の本当の【婚活力】知ってますか?無料婚活力診断テスト<<

最新情報をチェックしよう!
>【無料】婚活力・恋愛傾向診断

【無料】婚活力・恋愛傾向診断

「結婚できない」と悩んでいる人は婚活の進め方に問題があるのかも。無料の婚活力診断を受けて自分の恋愛力を調べてみましょう。

CTR IMG
婚活・恋愛に悩んでいる人は今すぐ無料チェック ⇒
恋愛傾向EQ診断