婚活マニュアルZ(ぜっと!)

婚活を成功へと導く婚活情報メディア

理想の相手とは

「結婚相手に求める条件」は男女に違いがある!その違いを知って婚活をすすめましょう

投稿日:2014年10月21日 更新日:

婚活をはじめる時に「結婚相手に求める条件」を設定します。

「結婚相手に求める条件」は年齢や年収、仕事内容、学歴、身長、趣味など細かく分類すれば10項目以上あるんです。

婚活サービスを利用すれば年齢や年収、仕事内容など事前に知ることができ、検索をして条件に合った人を選んでアプローチすることも可能ですので、婚活を長く続けている人は常に「結婚相手に求める条件」が頭にあると思います。

そんな「結婚相手に求める条件」ですが、婚活を難しくしている原因でもあるんです。とくに男女で「結婚相手に求める条件」の項目が異なっているのも要因の一つです。

今回ご紹介する男女における「結婚相手に求める条件の違い」を理解して婚活をすすめましょう。

 

スポンサーリンク

結婚相手に求める条件は大きく3種類

結婚相手条件

結婚相手に求める条件は大きく3種類に分類されます。

「年齢」「年収」「勤務先」といったスペック的な条件、「優しい」「かっこいい/かわいい」「価値観」といった感覚的な条件、そして「子供が◯人欲しい」「専業主婦希望」「一戸建てに住みたい」といった将来の結婚生活に関する条件の3つです。

 

◆スペック的な条件

  • 年齢
  • 年収
  • 勤務先
  • 学歴
  • 身長/体重
  • 続柄(長男・次男など)
  • 資産(預金・不動産)
  • 婚姻歴
    …etc.

 

◆感覚的な条件

  • 優しい
  • 面白い
  • かっこいい/かわいい
  • 家庭的
  • 真面目
  • 金銭感覚
  • 価値観
    ...etc.

 

◆将来の結婚生活に関する条件

  • 住居は賃貸か持ち家 (マンション・戸建て)
  • 家事の分担について
  • 専業主婦(主夫)
  • 今後の仕事感について
  • 子供が欲しいかどうか
    ...etc.

あわせて読みたい婚活のはじめ方〜幸せな結婚をつかみとるために

 

紅子(婚活苦戦中)
こんなにたくさんあるんですね…

 

全部の条件が一致する人はいませんのでここから「これだけはゆずれない」という必須項目を確認しましょう
柴太郎(婚活コンサルタント)

 

 

たくさんあってこれを全部をきっちり設定するのは大変ですが、この中から「これだけはゆずれない」という項目を設定しましょう。そしてこのゆずれない条件というが男女で異なるのです。

 

--- 編集長おすすめの婚活EQ診断【PR】 ---

 

結婚相手に求める条件の男女の違い

男女の違い

婚活は見知らぬ男女が出会う場です。どんな婚活方法をつかってもまず優先されるのが「見た目」です。マッチングアプリならまず写真を見て、そこからプロフィール確認に入ります。たとえば「年収◯◯◯万円以上」と検索しても、表示された写真を見て好みのタイプの人から順にプロフィールを確認することになります。

婚活パーティーも2,3分しか話せないので見た目の影響が占める割合が大きくなります。結婚相談所も条件で紹介書がくるもののお見合いするかどうかは「お見合い写真」の影響が大きいのです。

次に「感覚的な条件」の性格があうかどうか、ということが重視されます。長い結婚生活、一緒にいて気が合わない人との結婚生活は考えられませんよね。

そして3つ目の条件が男女で異なります。

男性は女性の「年齢」を重視します。見た目がタイプで気も合う、でも年齢が高いと結婚相手の候補から外れてしまうことがあるのです。

むしろ婚活が長くなってくると男性の場合、まず「年齢」で検索して出てきた女性の中から「写真」みて「プロフィール」を見るという順番になってきます。

それに対して女性は男性の「経済力」が重要な項目になります。見た目かっこよく、気が合う相手でも「年収」が極端に低いと結婚相手候補から外れてしまうのです。

そして女性は年齢が上がってくるほど「男性の年収」を重視するので、ややこしくなるのです。25歳の女性より35歳の女性の方が結婚相手男性の条件に「年収」を強く求めます。ところが年収が高い男性は35歳の女性より25歳の女性を結婚相手として選んでしまうのです。

 

参考:「経済力」があるかどうかの判断は難しい

15855

 

女性が結婚相手に求める条件としてあげている「経済力」については見抜くのが難しい場合があります。

結婚相談所であれば、年収を証明する書類(過去数カ月分の給与明細・昨年の源泉徴収票など)を提出するので信ぴょう性は高いですが、「婚活サイト」「マッチングアプリ」「婚活パーティー」といった婚活手法だと本当かどうか確認しようがありません。

わたしも長年婚活をしてきましたが、中には嘘(盛っている)の年収を言っている男性もいました。

年収を見た目で判断するのは難しく、超セレブ・極貧ならわかりますが、多いゾーンの年収400万円~800万円くらいはなかなか判断難しいですよね。400万円と800万円では、「結婚相手としてはムリ」「ぜひ結婚を前提にお付き合いしたい」と判断が別れるゾーンなので重要です。

あわせて読みたい嘘のプロフィールを見抜く方法~高収入編

 

また「経済力」はいろんな性質が含まれますので注意が必要です。

たとえば昨年の年収が高くても、歩合給に依存しているような営業職などの場合は、その年収が翌年以降も維持できるかどうか分からず不安定です。個人事業主のような職業だと「年収2,000万です!」とか言いつつ、実は「年商」だったり、直近の瞬間値収入×12ヶ月だったりしますのでこれも要注意です。

逆に今の時点での年収が低くても安定の大手企業だと40代、50代と着実に年収が上がっていき生涯年収では高くなる人もいます。今の年収で判断してお断りしてしまうのはあまりにもったいないです。「経済力」はその時の数値だけではなく、将来の可能性も合わせて見抜かないければなりません。

 

スポンサーリンク

 

 

結婚相手の条件がひとつ増えるごとに候補者が大幅に減る

asufarutowoarukudansei

 

結婚相手に求める条件が一つ増えるごとに結婚相手候補者は大幅に減ります。

「普通の見た目」「普通の性格」「普通の年収」を希望したとして「普通」をそれぞれ全体の50%以上の人で計算すると

普通の見た目(50%)×普通の性格(50%)×普通の年収(50%)=全体の12.5%

が対象となります。

それぞれの項目を上位30%以上の人で望むと、途端に2.7%になります。100人いたら2,3人です。その2,3人に何十人もの同性が挑んでいるのが婚活です。

「周りが羨むような結婚相手」を強く望んでいる人で上位10%以上の人で計算すると0.1%になります。1,000人に1人になってきます。

1,000人に1人レベルの人が普通に婚活に励んでいるとは考えにくいので、実際は婚活の場にはいないでしょう。

このように追加で「身長が高い」とか「長男以外」とか項目を増やすごとに出会う確率はどんどん減っていきます。結婚相手に求める項目を増やすごとに出会える確率は格段に減っていくのです。

ちなみに私の経験上、自分の希望する条件が揃っていて、更にその人とマッチングする確率は300人~500人くらいの人と会って1人出会えるかどうか、です。

1回20人の女性が参加する婚活パーティーに、15回参加してやっと希望の女性1人とカップルになれるかどうかでした。

必須項目を増やすというのはこのくらいの確率が上がるのです。

あわせて読みたい結婚相手は妥協したくない!…安心して下さい妥協ではなく条件変更です

 

スポンサーリンク

 

結婚相手に求める条件の男女違い まとめ

婚活では「見た目」が優先され、その後「内面的な条件」がどうなのかを確認します。更に男性では「女性の年齢」を重視し、女性は「男性の経済力」を重視しているのです。また必須条件を増やす毎に理想の相手と出会える確率は大幅に減ります。

条件についてご紹介してきましたがあまり条件にこだわらず婚活がんばりましょうね。

【必見】「私って結婚できるの?」自分の本当の【婚活力】を調べましょう

悩める紅子
「婚活サイトにも登録して婚活パーティーにも参加しましたが全然カップルになれません!いろいろなアドバイス記事を読んでも自分は結婚できるのかどうか、とても不安です…」

婚活アドバイザー柴太郎
「自分の問題点って自分ではわかりませんからね。でも大丈夫です。安心してください。そんな人に「自分が結婚できるのかどうか」を調べる診断があります。多くの人がこの診断を受けて、驚いたことに中には半年で結婚できた人もいます。

紅子
「え!?そんな診断があるんですか!私も受けてみたいです!」

柴太郎
「これは無料の診断で、実は私も受けたことがありますが、たったこれだけでも今後の婚活が劇的に変わり、これのおかげで私も無事に成婚できました。 こちらで詳細をまとめてありますので、「結婚できないのでは」と婚活に悩んでいる人は一度ご覧になって下さい。」

 

婚活EQ診断 婚活EQ診断

>>自分の本当の【婚活力】知ってますか?無料婚活力診断テスト<<

 

  • この記事を書いた人
柴太郎(婚活コンサルタント)

柴太郎(婚活コンサルタント)

このサイトの管理人。見た目は柴犬ですが30代後半の男(人間)。32歳から約3年間婚活をし35歳の時に結婚。それまで婚活パーティー200回以上、婚活サイト4社登録、結婚相談所2社登録、出会った女性も1,000人以上で婚活にかかったお金は3年で200万円以上。僕のように婚活で苦労せず「一人でも多く人が幸せな結婚ができること」を願ってこのサイトを立ち上げました。 【おすすめ記事】(体験談)親に「ごめん…もう結婚できないかも」と伝えた半年後に私が婚約できたワケ

【厳選おすすめ記事7本】

婚活の始め方 1

  紅子(婚活苦戦中) いよいよ本格的に婚活をはじめようと思うんです!で…婚活って一体何から始めたらいいんですか?   柴太郎(婚活コンサルタント)いよいよ婚活はじめるんですね!楽 ...

結婚できない女 2

  「結婚できる女」と「結婚できない女」この違いって何でしょうか?「やっぱり見た目でしょ?」って思った方、いいえ違います。   この両者には明確な違いが有るんです。   ...

婚活パーティー 3

最新2018年おすすめの婚活パーティーをご紹介! 婚活ブームの昨今、婚活パーティーの種類も増えてきましたよね。「婚活パーティーに参加しよう!」思って検索しても「…たくさんあって一体どの婚活パーティーが ...

「結婚したい」結婚できなかった人が半年以内に結婚できた3つの方法 4

  紅子(婚活苦戦中) 私、結婚したいんです!でも長年婚活してるんですが結婚できないんです   柴太郎(婚活コンサルタント)僕も長年婚活していたので、その気持よくわかりますよ…今回 ...

結婚相談所を利用して成婚 5

  先にランキングを見たい方はこちら  結婚相談所おすすめランキングをみる 結婚相談所ってたくさんあって一体どれを選んでよいか迷ってしまいますよね。結婚相談所と一言にいってもさまざまな種類が ...

婚活パーティー攻略法 6

  婚活パーティーは思い立ったらすぐに参加できる婚活サービスとしておすすめです。 都心部では毎日・毎週開催 結婚に意欲的な男女が参加 実際に会って話せる その場で連絡先交換 他の婚活サービス ...

20代VS30代婚活戦争勃発 7

以前は婚活といえば結婚適齢期を逃した30代後半・アラフォー世代が多いイメージでしたが、最近婚活女性の年齢層が大きく変わってきています。 婚活の場に20代女性が多数参入していきているのです。 とくに20 ...

-理想の相手とは
-, , , , ,

Copyright© 婚活マニュアルZ(ぜっと!) , 2018 All Rights Reserved.